時短でおトクなネットスーパーのメリット3つ

News

時短でおトクなネットスーパーのメリット3つ

子育てに仕事に忙しいママの味方ネットスーパーを上手に利用して、時間も家計も節約


写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

ネットスーパーはママの味方


ネットスーパーを活用していますか。
動きまわる子どもを連れての買い物は、かなりの重労働で時間も掛かってしまいますよね。たくさん買い込んでしまった時に限って、子どもがウトウトし始め、重い荷物と子どもを抱っこして、半泣き状態で家路へ着いた経験のあるママも多いのではないでしょうか。

ネットスーパーなら、外出が難しい乳幼児期や病気の時も、お米やドリンクなどの重たい商品も、お買い物がクリックだけで完了してしまいます。

ひと昔前までは、ネットスーパーは割高だったり、ポイントが付かなかったりと不便な点もありましたが、使い勝手が改善された今では、ネットスーパーを利用した方が節約できてしまうほど。今回は、便利になったネットスーパーのメリットと活用法をご紹介していきます。

ネットスーパーのメリット3つ


1. 時短
ネットスーパーを活用する最大のメリットは、時短。30分程度で1週間分のまとめ買いも完了します。子どものお昼寝中、通勤中、煮込み料理中などの隙間時間にお買い物ができてしまいます。

2. 予算が立てやすい
注文金額を確認しながら買い物ができるので、買い過ぎる心配がありません。1週間や10日など管理しやすいペースで注文すると、1回の注文金額の目安を決めるだけで、食費を目標金額以下に抑えるのが楽になります。

3. 家計簿が簡単
支払いをクレジットカードまたは電子マネーにし、「マネーフォワード」という家計簿アプリと連携すれば、自動で家計簿を作ってくれます。食費や日用品を分類してグラフ化するので、ひと目で家計の状況が判断できるようになります。
電子マネーの残高もいつでも確認できるので、支払い時に慌てることもありません。お買い物の時間だけでなく、家計簿をつける時間も節約できちゃいます。

お得なネットスーパーを選ぶポイント




住んでいる場所や生活スタイルによって、どのネットスーパーがお得になるかは人それぞれですが、一番利用する近くのネットスーパーを選ぶと間違いありません。
提携クレジットカードや電子マネーを利用すると、さらにポイントが倍になるスーパーが多いので、メインスーパーを1つに絞るとポイントが貯まりやすくなります。

イトーヨーカドー
8のつく日お買い物すると5%オフになります。8日、18日、28日と10日おきにまとめ買いしましょう。

イオン
5のつく日を配送日指定すると、イオンときめきカードポイントが2倍になります。さらに、株主優待のイオンオーナーズカードを利用すれば、いつでも3%OFFになります。5日、15日、25日おきにまとめ買いがオススメです。残念ながら、20日30日のお客様感謝デーは、イオンネットスーパーは対象外となっています。

ダイエー
イオン系列になったので、イオンと同様に株主優待のイオンオーナーズカードを利用すれば、いつでも3%OFFになります。ダイエーネットスーパーなら、お客様感謝デーの20日、30日はイオンカード利用で5%割引が併用できます。
イオンカードでおトクになるので、お買い物をする日が5のつく日ならイオンネットスーパー、20日30日ならダイエーと使い分けてもいいですね。

SEIYU
ウォルマートカードを利用すれば、いつでも3%オフなので、メインスーパーにするなら持っておきたいクレジットカードです。

東急ストア
東急線沿線に住んでいるなら、電車もお買い物も東急でまとめて、ポイントをためちゃいましょう。

楽天マート
まだ関東を中心とした一部地域のみ対応ですが、楽天カードユーザーならポイントが貯まりやすく、特売や訳ありセール、お取り寄せも魅力です。

時間もお金も節約できるネットスーパーをフル活用して、ママのごほうび時間を確保しちゃいましょう。

<参考リンク>


マネーフォワード
https://moneyforward.com/

木村 由香里

ファイナンシャルプランナー
SE歴10年、FP歴2年のお金とITオタク。相談・執筆をメインに活動中。得意分野はプチ起業や副業をスタートさせるお手伝いと節税対策。起業に必要なことがまるごと学べる「もぐスク」開講中。趣味はアウトドアとスノーボードとアニメ。
http://office-fitplus.com
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!