リビングがおもちゃの海!になる前に知っておくべきこと

Lifestyle

リビングがおもちゃの海!になる前に知っておくべきこと

ママの困った!あるある。爆発的に増え続けるおもちゃを、スムーズに片づける方法。実践編。

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

おもちゃはママひとりで片づけるもんじゃない

おもちゃのお片付けは近い将来子どもにやって欲しですよね。赤ちゃんでも、おもちゃがしっかり握れるようになったらお片づけ出来ると言われています。小さなころから、片付けと遊ぶことが1つのセットとしてインプットされれば、まだ片づけが面倒でイヤダ!という印象がないからこそ、スムーズに片づけ上手な子どもになります。

外ではできるのにうちではできないのは?

うちの子、保育園や児童館では片づけ出来るんです。この言葉にうなずいたあなた、どうしてなのか考えたことがありますか?保育士さんが優秀だから?ではありません。それは戻すための仕組み作りを子ども目線で考えているからです。子どもにとって置きやすい位置かどうか、戻す時のアクションは多くないか、どこに仕舞うのか目印になるラベリングはしてあるか。単純明確な収納システムだと子どもでも楽にお片づけ出来ます。

モノを管理できる量はどれくらい?

未就学児の子どもがモノを管理できる量というのはどれくらいか想像したことがありますか?目安としてお子様が立ってすーーと見渡せるほどの量が管理できる範囲だと言われています。沢山の頂きもの、使ってないけれど高価で捨てられないおもちゃなど、いつも遊ぶおもちゃと一緒にしていませんか。お子様が使いやすいように、時に大人が間引いてあげるのも親の役目なのです。

おもちゃのお片づけのコツとまとめ

  • 遊びと片づけは1つの流れ
  • 必要な量だけおもちゃを与える
  • 収納は単純アクションとラベリングが重要
ここを考えておもちゃの収納を作ってあげて下さい。 そして頑張るママへもう一つ。 「片づけて」ではなくて「元に戻そうね」と声掛けすると理解が早いかもしれませんよ。

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!