便利そうに飛びついていない?便利グッズで不便利なキッチンに!?

Lifestyle

便利そうに飛びついていない?便利グッズで不便利なキッチンに!?

キッチンは毎日使う場所、だからこそ使いやすく整えてストレスがないようにしたい。便利グッズを買う前に知って欲しいこと


 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

キッチンに置けるモノの持ち方・考え方


キッチンが一番モノの種類が多い場所ってご存知でしたか?調理に関する道具や家電、食器やカトラリー、洗剤やラップなどの消耗品、タオルやふきんなどのリネン類、食材・・・大まかに書きだしても多数です。
機能的で使いやすいキッチンとは、これらが取り出したい時にパッと取れてすぐ使えることなのです。いざ使おうとしてもたまにしか使わない便利グッズに阻まれてなかなか目的までたどり着けない、年に数回しか使わない製菓用品がなぜか特等席へ鎮座する、ただでさえ洗うのが面倒なフードプロセッサーやミキサーが取り出すことをためらう奥まった場所に収納されていては日の目を見ることはないです。このような状態になってはいませんか?
便利グッズを買いそろえるその前に今あるモノで代用できないか、いつも使うツールの収納場所はここが特等席なのか、お手入れが面倒な調理家電は本当に使いこなせているのかなど自分のライフスタイルと力量(お料理の腕前)も合わせて考える必要があります。使いこなせないツールほど厄介なモノはありません。使わなければ意味がない。
もっとシンプルに考えて本当に必要な道具を選び取りましょう。

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

そもそもキッチンは何する所?


私はキッチンで子どもの母子手帳を見ながら次の予防接種の予定を立てたり、ささっとメモをとったり、ある時はメニューが決まらずレシピ本を読みふけったりします。
忙しい現代社会を生き抜く主婦のキッチンは、調理や配膳準備、後片付けや食器洗いに留まる事はありません。
だからこそ、より一層に家事動線を考えた収納と厳選されたツール選びが必要になってきます。
一見整っているように見えて、何だか使いづらいですと言われる方の大半はこの家事動線がバラバラなことがよくあります。狭いキッチン空間なのに右往左往するのは非効率的ですよね。使う場所を考えて用途でまとめめて収納する事は大前提。これができていれば効率よく動け、キッチンが主婦のコックピットへと変化します。

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

ワークスペースの確保が大優先


お客様のお宅に片付け作業へ伺うと、キッチンのワークスペースが確保されていない方に出くわします。引き出しに入り切らないツールが出しっぱなしになっている方、毎日使うものだからとあえて出す収納にしていますと言う方、大きな家電に占領されてしまっている方など、など…。
キッチントップのワークスペースが広く空いていると、洗ったり切ったり食材を準備し、皿を並べたり、お鍋やフライパンを一時置きしたり、とっても気持ち良く作業が出来ます。
キッチントップは使うためのワークスペース、モノの置き場所ではありません。出すものは必要最小限に留めて作業優先の空間作りを心がけて下さい。またキッチントップにモノが多く出ていないと掃除の手間も省けますよね。
キッチンは知らずのうちに油と埃にまみれ頑固な汚れになりやすい場所です。調理作業楽ちん、掃除も楽ちん清潔で使いやすいキッチンを目指して気分いい家事を目指したいものですね。

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]