本物のオシャレ上手はクローゼットも美しい?

Lifestyle

本物のオシャレ上手はクローゼットも美しい?

出展(http://www.gettyimages.co.jp/)
出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

整ったクローゼットをイメージしてみよう


クローゼットは女性にとって特別な場所。
洋服コーディネートがばっちり決まれば1日ご機嫌でいられる!という方も多いのではないでしょうか。
ズラッと乱れることなくハンギングされたクローゼット、引出しを開ければいつでもスタンバイ状態で出番を待つ美しく整えられたTシャツ、カットソー。毎日のコーディネートに迷うことがない合理的なクローゼット?はたまた視覚的にも美しいグラデーションで並べられた美収納?
自分の理想のクローゼットとはどんなものですか?
私はお気に入りの1軍たちがグラデーションでハンギングされて並び取り出しやすく元に戻しやすいビジュアルと用途を兼ね備えたクローゼットが理想です。
クローゼット美人への近道はどんなクローゼットが良いのか、整ったクローゼットからどんな服を着てどこへ行きたいのか、なるべく具体的に紙に書きだすことから始めます。

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/)

 

今の自分にとって必要なもの、1軍のみを揃えよう


ここで使う一軍とは?ズバリ自分が大好きでよく使っている洋服です。感情軸×使用頻度共に高く頻繁に使うものが該当します。思い出が深く詰まって手放せない洋服や、ダイエットに成功してスタイルアップしたら着る、流行がまためぐって来たら使う、などといつか着るかも?な洋服は含まれません。
手持ちの洋服から1軍をずらっと並べてみましょう。どれくらいの分量がありますか?2軍はどれくらい?2軍がうんと多いようならば洋服を購入する時もっとシビアな目でモノを選ぶ必要があるかもしれません。
いつでも着たいと思えるスタメン1軍が増えるとファッションもグッと楽しめるようになります。

 

どうでもいい中からまあまあ良いモノを選んでいませんか?


箪笥の肥やしという言葉があるように、まあこれくらいならいいっかと妥協をしながら洋服を選んでいませんか?
これを繰り返すと、季節の変わり目に「着る洋服がない・・去年は何を着ていたっけ?」なんてことに。今の自分の価値観のフィルターを通して選んだ洋服ならばコーディネートを考えるのも楽しいですし、なにより手持ちのアイテムを忘れなくなり、同じようなモノを買うという失敗を重ねなくてすみます。

クローゼットがスタメン1軍で揃ったら・・朝起きて洋服を選ぶのもワクワクしませんか?!
クローゼットが整えば着ましの幅が広くなりコーディネートも楽しくなります。本物の職人の道具箱がビッシリ美しいように、本物のオシャレな人のクローゼットは同じように美しいモノです。本物志向へマインドをチェンジし良き時代の思い出を断ち切り衣服の持ち方の見直しを真剣にしてみませんか?!

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]