Facebook Twitter Instagram
「ママでも作れる!人気の手作りランプシェード(ボールライト)」

Lifestyle

「ママでも作れる!人気の手作りランプシェード(ボールライト)」



 

☆用意するもの☆


いずれも100円ショップで購入できます。
・水風船
・木工用ボンド
・細い糸(写真のものはダイソーで購入したレース糸)
・使い捨てコップ
・筆
・使い捨て手袋
(・あればワセリンやハンドクリーム)
《注意》ボンドで汚れますので作業するスペースには新聞紙か何かを敷いてください!

 



■作り方1:水風船を準備しましょう♪


水風船を水ではなく空気で膨らませます。
口で膨らましにくい場合には、100円ショップでも販売されているバルーンポンプなどを使ってください。
水風船は丸型には膨らまない為、あまり膨らまし過ぎない程度にし、割れない程度の力で手でコロコロと全体を押していくと多少丸くなりますよ。

 



 

■作り方2:糸を巻きつける前の下準備!


LEDランプが入るサイズ分は印を付けておき、この部分には糸を巻きつけないようにします。
水風船の表面にワセリンやハンドクリームなどを塗ります。この工程は必ずでなくても大丈夫です。
次に、使い捨てコップにボンドと少量の水を入れて混ぜ、”ボンド水”を作ります。水が多くならないように注意してください!ボンド:水=3:2程度です。

 


■作り方3:いよいよ糸をグルグル、グルグル♪


 

まず水風船に糸を少しグルグル巻いていきます。
それから筆を■作り方2で作った”ボンド水”に付け、糸にたっぷり塗っていきます。このとき、水風船に塗るのではなく、糸に染み込ませるようにして塗って下さい。
その後また少し糸をグルグル巻いて、またボンド水をつけてと、この糸グルグル→ボンド水の作業を繰り返していきましょう。

 



 



 



 

■作り方4:よく乾かします!


 

乾燥方法は2パターンあります。
ぶら下げるか、使い捨てコップの上に置いてしっかり乾くのを待ちます。
ボンド水が垂れてくることがありますので、ぶら下げる場合にはその下に新聞紙など敷いて置いてください。

 



 



■作り方5:水風船を取り出したら完成!!


 

糸が完全に乾いたら、水風船を割って取り出します。
水風船によっては、乾かしている途中で萎んでしまうこともありますが、乾いて水風船を取り出してから、いびつになった糸の形を押したりして整えれば大丈夫です。
たまに、形が整わなかったり、ボンド水の具合で水風船が糸にへばりついていて綺麗に取り外れなったり失敗してしまうこともありますので、ご注意下さい。

 



 

これで、丸い糸の中にライトを入れれば完成です!
LEDライトも、今や100均で売っているので、お好みのモノを選んでみてください。
ライトを入れると、仄かな光がとっても素敵です。
ランプシェードのインテリアとして以外にも、繋げてガーランドにしたり、パーティーデコレーションとして置いたり吊るしたりと、楽しみ方自由自在ですよ♪

 

pachi pachi pachi

アニヴァーサリー・プランナー。「パーティーを身近に♪」 子どもが手を叩いて喜ぶパーティーシーンを作っていきたい。そんな想いで付けた「pachi pachi pachi キッズパーティー」では出張パーティ、レッスン、パーティーアイデアの発信をしています。
【Facebook】https://www.facebook.com/pachi3kids
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp