Facebook Twitter Instagram
妊娠中・産後に悩む人多数!「大人のヘアトラブル」を解決するデイリーケア

Beauty

妊娠中・産後に悩む人多数!「大人のヘアトラブル」を解決するデイリーケア

写真元:http://www.photo-ac.com/main/detail/232841 写真元:http://www.photo-ac.com/main/detail/232841

 

妊娠や出産を機に「え?私の髪、こんな風じゃなかったのに…」と愕然


 

髪は年齢とともに、ゆるやかに変化するもの。しかし、女性には、突然襲い掛かってくる、髪のターニングポイントがあります。それが、妊娠や出産といったイベント。今までと同じケアなのに、「シャンプー変えた?」と思われるほど、ダメージが目立ち始める…。お風呂に入るたびに「え!こんなに!?」と、驚くほど髪が抜ける…。私も、妊娠発覚後、つわり以外で一番目立ったのが、“髪の変化”でした。女性の体にとって一大イベントである妊娠や出産は、今までの常識をガラリと変えてしまうパワーをもっているのです。
仕方ないこと…だと、割り切れたらいいかもしれませんが、やっぱり髪は女の命!髪がキマらないと気分も下がりますよね。そこで、忙しいプレママ&ママでもできる、ちょっとしたヘアケアをご紹介します。

 

短時間でフケや古い角質をオフできる!ママにうれしい「シャンプーブラシ」


 

写真元:https://www.flickr.com/photos/yto/4748940542/ 写真元:https://www.flickr.com/photos/yto/4748940542/

 

頭皮を清潔に保つのはヘアケアの基本ということは、みんな知っている話。しかし、問題なのが、毛穴に詰まるフケや古い角質はチャチャッとシャンプーをしただけでは簡単にオフできないということ。かといって、忙しいママにとって2回シャンプーしたり、頭皮マッサージする時間なんてありませんよね。そこで、活躍してくれるのが「シャンプーブラシ」。
細かいブラシが指では洗いにくい部分までしっかりと汚れを掻き出してくれるので、毛穴ケアはもちろん、マッサージ効果も期待できます。また、やわらかい髪質の方は、指では絡まってダメージの原因となるところを、絡まらずにしっかりと洗うことができます。ちなみに、私はつわりでお風呂に入るのがとても辛い時期、シャンプーブラシでしっかりと洗っておくことで「今日はどうしてもお風呂入れない!」という日も、不快感なく過ごすことができました。ただし、むやみに大きく動かすとキューティクルを傷つけるリスクがあるので、小刻みに頭皮を動かすようにブラッシングすることをオススメします。

 

トリートメントする時間なんてない!だから「アウトバスケア」に力を


 

妊娠すると、赤ちゃんに栄養が分けられるため、髪が乾燥しやすくなると言われています。「パサつきすぎて、髪がおろせなくなった!」と、私も妊娠初期からずっと悩み続けています。でも、お風呂場でのんびり集中トリートメントをするなんて難しいママたちにとって、どうにかしたいけど、どうにもできない問題ですよね。そういうときは、放置時間ゼロ、塗るだけの「アウトバストリートメント」を重視するのが吉!
乾燥しやすい状態なので、コーティングすることが大切な時期です。さらにドライヤーの熱から守ってくれたり、乾かした後のまとまりを良くしたりと、アウトバストリートメントがもたらす効果は絶大。今までは「べたつくからイヤ」と思っていた人も、思い切ってタオルドライ後にすぐ髪全体につけてみてください。全体にまんべんなく塗るために、塗布したあとはブラッシングして。すぐにドライヤーできないという人にとっても、放置時間にダメージを受けないよう、保護する効果も高いですよ。

これらを今まで試していた人も、たとえば「サラサラタイプ」のアウトバストリートメントを「しっとりタイプ」に変えてみるなど、種類を変えることでも効果の違いを感じるはず。ちょっとしたことだけど、ほんのちょっと助けてくれるデイリーヘアケアをぜひお試しください!

梅野 利奈

1児のママライター。女性誌等で主に美容を中心とした記事を執筆する傍ら、セミナーや商品開発など幅広く活動。著書に「ブスデトックス」、「人気婚活セミナーで教えられている最短魅力アップ法」ほか。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp