畳む派?吊るす派?そもそも収納に正解はあるの?

Lifestyle

畳む派?吊るす派?そもそも収納に正解はあるの?

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

吊るす・畳む双方のメリットデメリットとは


クローゼットの収納方法というとシンプルに考えれば2つです。
?ハンガーに掛ける吊るす収納方法
?引出しに畳んで収納する方法
?のクローゼットの大きさと物量によってその収納方法の割合は変わってきます。
ハンガーに掛ける収納方法はメリットh見た目にわかり易く戻したり取り出したりも容易なこと。デメリットはある程度場所の確保が必要なことです。
?の畳んで引出しに入れる収納方法のメリットは、何と言っても収納力。吊るす収納の3倍収納量がアップします。逆にデメリットは引出しに戻し入れる時、畳んで収めるという手間がかかること。また畳シワにもなりますので衣類の素材によっては注意が必要なこともあげられます。

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

 

片付けプロのクローゼット収納と洗濯時の事例


吊るすのか、畳むのかマニュアル的な回答はありません。ポイントは自分が元に戻しやすいか維持しやすいかです。
片付けを熟知している収納プロでも畳むのが面倒で維持できないから下着以外はオール吊るす収納にしていますと言う方や、自分は洋服の量も多く畳むことも好きだから、コートやジャケット以外はなるべく引出しに収めて収納量アップを考えていますなど様々です。
また洗濯物を取り込んでハンガーから外すことが面倒なので、クローゼットで使うハンガーと洗濯を干すハンガーを同一のモノ洗濯物を取り込んだらハンガーごとそのままクローゼットへ移動して時短を図っていますというツワモノも実際にいらっしゃいます。

 

ハンガーの大事さ


どちらの収納方法をメインにしても、少なからず吊るして収納するものはあるはずです。私がお客様から依頼を受けてクローゼットの片付け収納を提案する時必ずいうことがあります。
それはハンガーを揃えることです。
クリーニング店で頂ける色とりどり様々な形の針金ハンガーやプラスティックハンガーに吊るされている方が圧倒的に多いのが実情です。
ハンガーを揃えると、デッドスペースが縮小し空間を有効に使えます。何より肩のラインが揃うことで視覚的にも一気に美しく整って見える効果があります。
また、針金のハンガーでは長期にわたり吊るした状態では型崩れの原因になりますし、襟元が大きく開いた洋服などはスルッと滑り落ちてクローゼットの闇へ消えてしますなんてことにもなりかねません。
我が家では、スリムで起毛している素材のハンガーを使用してスペースの確保とずり落ち防止のストレスを軽減しています。

あなたは吊るす、畳む、どっち派?!クローゼットを整えたいならば手っ取り早くハンガーから一気に揃えて変えてみること!簡単ですのでお勧めします。

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]