Facebook Twitter Instagram
収納の死角を生かす一工夫で使い勝手のいいキッチンに!

Lifestyle

収納の死角を生かす一工夫で使い勝手のいいキッチンに!

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/)

 

L字型キッチン使い辛い角の部分と向き合う


キッチンには大きく分けて、I字型、L字型、コの字型タイプがあります。
L字とコの字型はコーナー下収納部分にどうしても死角が出来てしまいがちです。
最近では、メーカー側もコーナー自体がワゴンになっていたり、回転板をとりつけたりと仕様に工夫を凝らしたものも作ってるようです。しかし、我が家は何の工夫もない従来タイプ。そこで、私が考えたのが「棚仕様」にすること。浅いバスケット式のトレーを用意して引き出しにして使用しています。スパイスなどもバスケットごとキッチントップに置いてつかっています。

 



 
さらに奥の見えない部分は容器に入り切らない調味料のストックと防災備蓄の「水」が並べて置いてあります。見えてないと忘れがちになりますので扉の裏側にマスキングテープで何が入っているか明記し、防災用の水は消費期限の日付も一緒に表示しています。

 



 

最新式の引出し式でないシンク下の工夫


シンク下の収納はどうでしょうか。我が家は、こちらも従来型の大きな空間があいているタイプ。このタイプこそ、なんでも詰め込めばいいわけではなく収納の工夫が必要になります。
そこで私がやっていることは、?市販されている棚を設置して、大物の鍋などを並べる。棚を設置する事で上部の空間まで無駄なく使えます。?別端にはプラスティックケースの引出しを設置し、スポンジのストック、日用備品等の細々したものを入れる。引き出しを使うことで、物が奥の方でめちゃくちゃになってしまう事を防いでいます。
?背の高い洗剤類のストックはファイルボックスに入れる。
これらで、ものがすっと取り出せる仕組みにしています。

 



 

「水の鍋」「火の鍋」ってご存じですか?


水の鍋・火の鍋という言葉聞いたことがありますか?水の鍋とは、深型の水を入れて使うパスタやカレーの鍋のようなもの、火の鍋とはコンロに直接かけて使うフライパンなどがあたります。
そう考えると作業動線の観点から必然的に水の鍋はシンクの近く、火の鍋はコンロ近くがベストポジションだと言えます。
つまり、キッチン収納の極意は一緒に使うものでまとめて、使う場所の近くで収納をするということになります。これは時短にも繋がりますね。

 

私のキッチン道具へのこだわり


元々、片付けらえない女の私、実は家事全般も好きではありません。毎日疲れて帰宅して急いで作る夕食・・・考えただけで苦しい。でも家族の健康のためにと奮い立ちます。
キッチンに立っていることが好きになるように、道具にはこだわり厳選しています。フライパンや圧力鍋は熱伝導率がピカイチでデザインもスタイリッシュなフィスラー、日本の技術を集約した重ねられるステンレス鍋の十得鍋、お手入れが楽なグローバル社の包丁、使いやすさはもちろん良いアクセントにもなる相沢工芸のお玉などなど。
高いモノではなく、デザインと用途を兼ね備えて自分のテンションが上がる「こだわりのツール」を選ぶように心がけています。
大好きな調理ツールが苦手な家事をこなす原動力になっています。自分しか知り得ない小さなことでテンションが上がる・・・ここちよい暮らしをしたいと思っています。

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp