エコ活動にも!「美冷蔵庫」の作り方とキープ法とは?

Lifestyle

エコ活動にも!「美冷蔵庫」の作り方とキープ法とは?

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

腐らせない、使いきるところから始めてみよう


冷蔵庫の整理整頓には、冷凍作り置きおかずをたくさん作れるようなスペシャルなテクニックは要りません。先ずは買ったものを把握して使いきるところから始めてみましょう。
毎日のように食材が入れ替わる冷蔵庫はなんとなくポイポイ放り込みがちですが、しっかり所定の位置を決める「定位置化」が大事。例えば「朝ごはん・洋」「朝ごはん・和」「製菓食材」などとざっくりグルーピングしてトレーやカゴでまとめて陣地を作り、そこに該当の食材を入れていきます。忙しい朝など我が家のこの朝ごはんセットをトレイごと引き出してダイニングテーブルへ、バラバラ運ぶことなくトレーの上で完結するのでおすすめです。

冷蔵庫は詰め過ぎず真ん中へ空間をつくろう


食材がぎっしり詰まった冷蔵庫ほど食材を無駄にしやすいって知っていますか?冷蔵庫とは仕舞い込むところではなく、食材の一時保管する場所と考え8割収納を目指し、「見える化」をはかることが肝心です。なぜなら冷蔵庫は奥行きが深いため、詰め込み過ぎた冷蔵庫だと奥まで把握できず、奥の食材を忘れがちです。我が家では、突発的に増える食材やお鍋の一時置きになるように、真ん中の広い空間を常に空けるようにしています。少しズボラですが気温が上がる時期、帰宅の遅い夫の夕食を器に盛ってトレーに箸まで置いてそのまま入れることも!冷蔵庫内に広いスペースが確保されているから出来るワザです(笑)。

 

出展(http://www.gettyimages.co.jp/) 出展(http://www.gettyimages.co.jp/

野菜庫や冷凍庫などの引出しタイプは食材を立てて入れる


引出し収納の基本は引出しを真上から覗き込んで一度に何がどこにあるのか見渡せる俯瞰(ふかん)収納です。
野菜庫にプラスティック容器を入れて食材を立てていれたり、冷凍庫はジッパー付袋に入れて立たせます。自立できないような食材ならばブックエンドやファイルケースで自立を助けます。下敷きになって忘れてしまうことを防ぐにはやはり立てて収納する事が基本になります。

最後に美収納にこだわるなら


食材を上手に管理出来るようになったら、見栄えがする冷蔵庫収納へ変化させてはいかがでしょう。収納のテクニックは実は簡単。なるべく同じ色の収納用品や容器で揃えると一気に見た目がよくなります。見た目が良くなると、その状態を継続したくなるという感情が働き食材管理整頓の維持にも繋がります。
そのほか、1週間に1度冷蔵庫を大掃除するつもりで食材をフルに活用できるテッパン料理レシピを押さえておくのも美冷蔵庫をキープ出来る秘策かもしれませんね。
できるだけ、食材を捨てず、使いきることで、今日から出来る環境エコ活動取り組んでみてはいかがでしょうか。

新倉暁子

ライフオーガナイザー 出産を機に自宅で過ごす時間が増え暮らしについて深く考える。収納本等を渡り歩くうちに「ライフオーガナイズ」に出会う。元片付けられない女の経験を活かした片付け講座、個人向け片付けサポート、クローゼット診断は定評がある。
http://ameblo.jp/dear0412
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]