スーパーモデル、ジゼルが実践する「食べちゃダメなものリスト」がすごい

News

スーパーモデル、ジゼルが実践する「食べちゃダメなものリスト」がすごい

スーパーモデルから、ライフスタイル・モデルに転身!



スーパーモデルのジゼル・ブンチェンといえば、「世界一の美貌の持ち主」とか「世界一の高額モデル」とかいわれてきたけれど、昨年ついに34歳でランウェイから突然の引退。これからは2児の母として家庭を大切にしていく……と語った彼女は、レオナルド・ディカプリオの元カノで、現在はアメフト選手のトム・ブレイディの妻。

最近はライフスタイル・モデルとでも呼べるほどの、素敵なママタレぶりで世界を魅了中。



そんな彼女がふだん何を食べているかはだれもが気になるところ。あのパーフェクト・ボディを手に入れるには、何を食べればいいのか。そんな折、夫婦のお抱えシェフであるアレン・キャンベル氏が彼女らの食生活を公表したところ、あちこちから驚愕の声が上が……いろんな意味でほんとにビックリです。



 



写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages 

「食べちゃダメ」リストの内容がすごい!



アレン・キャンベル氏がboston.comに語ったところによると、まず日頃から食べている食材の約8割は野菜とのこと。これにはやっぱりねえ~という声も挙がっていますが、もちろんオーガニックなものだけ。あとは、玄米、キヌア、キビ、豆などの穀物類が中心。残りの2割はなにかといえば、牧草飼育による牛のステーキや、鴨肉など脂肪分の少ない肉と、ときどきチキンもOKとか。魚なら主に天然のサーモン。と、ここまでなら、まあ、なんとかマネできそうな気もするけれど、だれもが仰天したのが食べてはいけないものリストの方。



・白砂糖

・精白小麦粉

・化学調味料

・トマト、ピーマン、ナスなどのナス科の野菜(とくにトマトには気をつけているのだそう)

・コーヒー

・カフェイン

・きのこ類全般

・乳製品



以上すべてがNG。ってことは、ピザやバーガー、パスタはもちろん、市販のお菓子やデザートもダメ。外食などしようものなら、なにを食べればいいのやら迷ってしまいそう。



 







前日の残り物で作った野菜スープを公表。ヘルシー!



 

子どもたちも大好き、日本の太巻き!



じゃ、子どもたちはなにを食べているのか?ということも気になるところ。キャンベル氏は「ジゼルたちとほぼ同じ食事」と答えているそうだけれど、前日には子どもたちが大好きなアボカドロールを作ってあげたと紹介。アボカド、にんじん、きゅうりをご飯と海苔で巻いた、いわゆる太巻き。それをポン酢で食べるそう。うまく日本食も取り入れてるってことですね。



 



写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages 

かけるのはオリーブオイル、調理にはココナッツオイルのみ!



もうひとつポイントとしてシェフが挙げているのが、油に関して。オリーブオイルはそのままかけて使うけれど、調理する際には、ココナッツオイルしか使わないそうです。何かとブームを呼んだココナッツオイルだけれど、調理のときだけと割り切ればすぐに実践できそう。



ジゼルはココナッツウォーターも以前から愛用していたので、ココナッツの恩恵にはたっぷりあずかっているようです!



 









 



すべてを実践するとまでいかなくても、少しは参考になりそうなジゼルの食生活。あっ、でも彼女のインスタグラムを覗くと、食べてる写真より、エクササイズやスポーツしている写真の方が圧倒的。やっぱりそちらも大切なようです。



 



村上ひさし

エンタメ・ライター。海外の音楽・映画などのエンタメ系情報を、音楽誌、女性ファッション誌、ウェブなどを中心に執筆。
音楽レビュー、インタビュー、セレブ関連ネタが得意分野。長年住んだニューヨークに思いを馳せながら、東京ライフを満喫中。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp