Facebook Twitter Instagram
フランスで1月のお菓子といえば、ガレットデロワ!小さなフェーヴを見つけて王様になる、子どもがよろこぶお菓子です。

Lifestyle

フランスで1月のお菓子といえば、ガレットデロワ!小さなフェーヴを見つけて王様になる、子どもがよろこぶお菓子です。

キリスト教の祭日である「エピファニー」にちなんだケーキ



フランスで1月末まで街のブランジュリー(パン屋さん)やパティスリーのお店いっぱいに並ぶのが「ガレットデロワ」と呼ばれるお菓子!フランス語でGalette (ガレット)はお菓子、Rois (ロワ)は王様という意味で「王様のお菓子」という意味です。



これはキリスト教の祭日である「エピファニー」にちなんだ焼き菓子で、12月25日のノエルに馬小屋で誕生したイエス・キリストのことを聞きつけた東方を旅する3人の聖人が、1月6日にキリストに贈り物を贈って誕生を祝った日に由来する、つまりご公現をお祝いする日が「公現祭=エピファニー」です。現在は、1月6日前後の日曜日にお祝いすることが多く、我が家は家族で集って食事をするのが恒例になっています。



 







写真は、パリのラ・メゾン・デュ・ショコラ。この時期チョコレート屋さんでもガレットデロワを販売するところがあります。



 

ガレットデロワになくてはならないのは、王冠と「フェーヴ」!



とくにクリスチャンではない限り、食べる日にちにこだわっているわけではなく、この時期は何かにつけて「ガレットデロワを買ったからお茶しない?」とフェット(パーティ)好きなフランス人は家族や友人で気軽に集まり新しい年をお祝いします。フランスでは1月に欠かせない、伝統的な季節のお菓子といったところです。



ガレットデロワの楽しみは、中に隠れているフェーヴという陶器でできた飾りを当てること!テーブルの中で一番若い人が(子供)がどの部分をどの人に分けるか決めます。フェーヴを当てた人は、王冠をかぶり、その日一日、王様や女王様になって、周りの人に命令できるなんて言われていますが、その幸運が一年続くとも言われ、日本でいう「縁起物」みたいな感覚でしょうか? 小さな子供がいる家庭では、お菓子を切り分けながら「誰があたるかな?」とゲーム感覚で盛り上がります。パパやママとしては,子供に当たって喜んで欲しいのが本音ですが、なぜか不思議と子供が当たることが多いのです!



 







 





最近はこんな小さなサイズも人気。ちょっとしたおやつ代わりに食べています。



 

ガレットデロワの種類も色々…!



ガレットデロワはパイ生地の中にクレームダマンドと呼ばれるアーモンドクリームが入ったお菓子ですが、地方によっても違いがあり、以前アルザスで頂いたものは、ブリオッシュ生地でできていました。最近は中にチョコレートのクリームが入っているものもあり、お店によっても味が違うので「ここのはクリームにラム酒が効き過ぎている!」「ここのはパイ生地がイマイチ」など、口うるさいフランス人は批評しながら食べています。



1月もあとわずか!お子さんと一緒にもうひとイベント楽しみたいママ、ガレットデロワをぜひお試しあれ!

岩波知子

フランス・ディジョン在住。2006年にワインの勉強を目的に渡仏。現在3歳の男児のママ。コーディネーター、ヴィンテージオブジェを販売。趣味はワイン、ブロカント(蚤の市)巡り。今後フランスから育児に関する楽しい情報を発信していく予定。
ブログ「ディジョンでの優しい時間」 http://tomopomoko.blogspot.fr
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp