【育児悩みに小児科医がアンサー!】子どものおっぱい拒否をどうにかしたい

Baby&Kids

【育児悩みに小児科医がアンサー!】子どものおっぱい拒否をどうにかしたい

息子がおっぱいを嫌がって飲んでくれません



<ママ29歳、息子生後4カ月>



出産直後はおっぱいを飲ませる方も飲む方も下手で十分に母乳も出ず、ミルクを足していました。1カ月経った頃、おっぱいを飲むのを嫌がるように。完全母乳を目指していたのですが、1カ月健診で体重があまり増えてないので以降ずっと混合栄養。

完母希望だったのですごく落ち込みましたが、やっと割り切れるようになってきた矢先、1分も乳首をくわえないようになり、ほぼ完全ミルク状態です。母乳外来で量はそれなりに出ていると言われ、必ず哺乳瓶の前におっぱいをあげています。

完母は無理にしても息子に拒否されないようにしたいです。嫌がって泣かれると、すごく落ち込みます。授乳タイムが苦痛です。



 

母乳が出ないときはしかたがない、と気楽に考えて



授乳の時、赤ちゃんはお腹が空いていますか? お腹がいっぱいだったら、飲むものも飲みません。生後3カ月になれば、1日3~7回程度になっていると思います。だらだらと1日10回以上飲ませていたのであったら飲みませんよ。赤ちゃんの欲求って、プロから見てもよくわからないことがあります。飲んでくれない場合は第三者である小児科医や保健師に尋ねるのも手。



完全母乳にこだわる理由が、ご自身で明確になっていますか? 完母にこだわる理由があるならともかく、周囲の空気に流されて完母を希望しているだけであれば、母乳にこだわりすぎる必要はありません。母乳に勝るものはないと言うけれど、出ない時はしょうがない。それに完母でも体重の増えが思わしくなければ、ミルクを加えなければならないこともあります。日本のミルクは安全だし、体にいい成分も入っていますよ。



とはいえ、そう頭では理解できても心が納得できないこともあります。私が気になっているのは「すごく落ち込みます」、「授乳タイムが苦痛です」の部分。もしかしたら産後うつ状態になっているのかもしれません。

他人に言われたことに右往左往しているのがうつ状態の原因であれば、あなたの理解者である別の人、例えばご主人や実母、お姑さんと話し合うだけで「まぁ、いっか。ミルクを足せば」って肩の荷が下りるかもしれません。今は母乳にこだわるよりも、不安を取り除く方が先決です。



 

教えてくれた先生/細部小児科クリニック院長 細部千晴先生



細部小児科クリニック院長、日本小児科学会小児科専門医、子どもの心相談医。

地域医療と子育て支援に力を入れ、乳児健診・予防接種・育児相談以外に思春期外来を設けている。著書に『イラスト・マンガで育児の悩みをラクにするBOOK』(成美堂出版)、監修本に『この1冊で安心 はじめての育児辞典』(朝日新聞出版)がある。







 



細部小児科クリニック



住所/東京都文京区根津2の14の11 Tツインビル2F 電話/03・6303・3162

http://www.hosobe-kodomo.com/



 

<赤ちゃんに関する疑問・質問を大募集!>



赤ちゃんを育てていると、毎日わからないことだらけ。

調べてみるけれど、育児書には載っていないし、ネットの情報はどこまで信用できるのか迷っているママは多いはず。ならば、小児科の先生に育児の疑問を尋ねてみませんか。

お悩みの内容と、ママの年齢とお子さまの年齢(月齢)・性別を明記の上、info@mamagirl.jp までお寄せください。お悩みの内容は、先生が回答しやすいよう、できるだけ具体的に詳しく教えてください。メールの件名には「育児悩みQ&A希望」とお書き添えください。

津島 千佳

フリーランスのライター・エディターとして女性誌を中心に活動中。2015年8月に第一子を出産。絶賛育児中の経験からリアルなママ目線に立った情報をお届けします!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!