Facebook Twitter Instagram
ベッキー以外の女性もハマった!?ゲス乙女・川谷絵音はなぜモテるのか

News

ベッキー以外の女性もハマった!?ゲス乙女・川谷絵音はなぜモテるのか

ゲス乙女の川谷絵音には、女性にモテるだけの理由があった



ここ一番の芸能界のニュースと言えばベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫疑惑。川谷さんをよく知らない人にとっては失礼ながら“なぜよりにもよってあの人?”って疑問に思ったかもしれません。特にイケメンという顔立ちでもなく……というよりむしろ、芸能界ではおとなしめの顔。一方、ベッキーといえば芸能界でもトップクラスの地位を確立し、CM契約の多さでも高額を稼ぎだすといわれた存在。それがまだ売れ始めたばかりのバンドマンと危険な恋をするなんて“あのベッキーが?信じられない!理解できない!”という女子の声は多かったハズ。

さらにいくつかの雑誌やスポーツ紙によると、川谷さんと恋に落ちた女性タレントはベッキーだけじゃなかった!なんて噂もあるというし。



なぜ、川谷絵音がモテるのか?その理由は、川谷さんが常人を超えた“女性を惹きつける感性”の持ち主だったからなのです。



 

女性に止められないほど愛させてしまう男性版・小悪魔?



既婚者であるのを知ったのがつき合った後であったとしても、そこで歯止めをきかせることもできたでしょうが、知った後もまだ交際を続けていたベッキー。責任感が強そうなベッキーがリスクを知ってでも続けた理由はただひとつ。「止められないほど狂おしく川谷さんを愛してしまったから」。



“やっぱりミュージシャンはモテる”ということを証明したかのような今回の騒動。

ただ、メロディーにのせて、メッセージ性がある歌詞を歌うという行為は、イケメンならずともかっこよくみせてしまう魔力があるのです。かつて有名なミュージシャンが亡くなったときにファンたちの自殺が続いたように、ミュージャンが妖艶な雰囲気の中ギターをかきならす“音楽”という行為は、人の人生観さえも変えてしまう――。

音楽を聞いている間、人間は無になれるのです。いやなこともすべて忘れられる“現実逃避”の手段としてもベスト。よって、ミュージシャンがモテるのは必然なのです。



 

ベッキーのなかでいつの間にか恋が神様化した可能性?



ベッキーについてまわっていたイメージは“明るくて清純な女の子”。ただ、だれもがいつも清純で明るくいられるはずなんてなく、黒っぽい一面が顔を出すこともあるのです。世間のイメージと、本当の自分とのギャップに葛藤することも多々あったのではないでしょうか。周囲の想像以上に“自分のイメージを守り通す”というのはストレスなのです。



そんななか、ベッキーさんの無になれる瞬間が音楽だったとしたらどうでしょうか。

前からファンだったというゲスの極み乙女。の曲を聞く、つまり川谷さんの世界観に没頭すること。“音楽とはある種の宗教である”と言ったミュージシャンもいますが、ベッキーにとって川谷さんが“神様みたいな存在”にまでなっていたとしたら?その神様みたいな存在の人が“自分に好意を持っていてくれる”とわかったら、その状態で正常な判断ができる女性はいるのでしょうか?つまり、ベッキーもどこにでもいるような普通の女性であったということです。



離婚届を“卒論”と言った言葉遊びに見られるように、ミュージシャンという人の感性は常人の感性とは違うもの。同じものを見たときに他人と違う切り取り方ができてこそ、0から人を感動させるミュージシャンであり、アーティスト。いつも周囲の視線を気にして生きていかなければいけないベッキーにとっては、川谷さんの感性に触れることが最高の癒しだったのではないでしょうか。



 







 

ゲスの極み乙女。の音楽は、繊細で純粋な人ほどハマる!?



2人が交わしたLINEの流失元が奥さんでは?などといった噂も流れているけど、もしもそうだとしたら、川谷さんは女性を狂気に走らせるほど愛される男性ともいえるでしょう。女性をそこまで復讐にかき立たせる魅力、彼以上の男を愛せないと思わせてしまう魅力を持っているのが川谷さんということになります。



今となればバンド名が裏目に出てしまい“ゲス”が悪い意味で使われていますが、この騒動前はバンドが売れるにつれ“ゲスって言葉もなんだかかっこいい”的な風潮にまでなってきてさえいました。 ベッキーはもう川谷さんとは二度と会わないという大人の選択をしたとかしなかったとか。どちらにしても、川谷さんを愛し続けるにはベッキーが失うものがあまりにも多すぎたのではないでしょうか。



ただ、きっと川谷さんはこれからも女性を愛に狂わせ続けていくのでしょう。ゲスの極み乙女。の音楽は、別れや喪失感をテーマにした曲が多く、そしてそういった曲は、繊細で純な人ほどハマる傾向にあるのです。

あなたの周りにもいませんか?破天荒で感性が豊かな男性。女性の皆さん、ご注意を。

とも

心理カウンセラーの2児の母。webでライター業もしています。
今は休業中ですが主に恋愛に関してのセッションをやっています。
人間観察が趣味のため芸能ネタは欠かさずチェック。
2年間のアメリカ在住経験もあるので、セレブのゴシップも得意です。
4歳差姉妹の娘達の美意識の高さにむしろ母が刺激をもらっている毎日であります。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp