【育児悩みに小児科医がアンサー!】癖がつくというけれど、できるだけ抱っこしてあげたい

Baby&Kids

【育児悩みに小児科医がアンサー!】癖がつくというけれど、できるだけ抱っこしてあげたい

赤ちゃんを泣かせたくないから抱っこしたいんです



<ママ36歳、娘生後1カ月>



私の母世代(50代後半?60代)は、抱き癖がつくから、と泣いてもしばらく放っておくように言ってきます。でも私はできるだけ泣かせたくないし、できる限り抱きたいと思っています。

子どもの将来を考えたら、どちらがいいのでしょうか?



 

赤ちゃんが泣くことはおしゃべりしているのと同じ



泣かせたくないとありますが、赤ちゃんは泣いてお話します。まだ生後1カ月、この時期は泣いてお話しているんですね。泣かせたくないお母さんの親心もわかりますが、泣かせない=黙らせるということ。泣く行為にはネガティブなイメージがつきまといますが、泣くことで腸の動きを助けるし、運動にもなっています。5~10分泣かせたくらいで、赤ちゃんに悪い影響はありません。



今は抱き癖は気にせず、抱っこしてくださいという風潮が一般的ですが、抱っこをしなければいけないということではありません。生後2カ月くらいまでは抱っこから降ろすと泣くものです。抱っこをしなければいけないと思うと、それだけで育児がつらくなります。だから泣いている時でも抱っこをせず、声をかけたり、胎教として聴いていた音楽を流したりすることで赤ちゃんと会話をしながら泣きやませるのも手段の一つです。



 

教えてくれた先生/細部小児科クリニック院長 細部千晴先生



細部小児科クリニック院長、日本小児科学会小児科専門医、子どもの心相談医。

地域医療と子育て支援に力を入れ、乳児健診・予防接種・育児相談以外に思春期外来を設けている。著書に『イラスト・マンガで育児の悩みをラクにするBOOK』(成美堂出版)、監修本に『この1冊で安心 はじめての育児辞典』(朝日新聞出版)がある。



細部小児科クリニック



住所/東京都文京区根津2の14の11 Tツインビル2F 電話/03・6303・3162

http://www.hosobe-kodomo.com/



 

<赤ちゃんに関する疑問・質問を大募集!>



赤ちゃんを育てていると、毎日わからないことだらけ。

調べてみるけれど、育児書には載っていないし、ネットの情報はどこまで信用できるのか迷っているママは多いはず。ならば、小児科の先生に育児の疑問を尋ねてみませんか。

お悩みの内容と、ママの年齢とお子さまの年齢(月齢)・性別を明記の上、info@mamagirl.jp までお寄せください。お悩みの内容は、先生が回答しやすいよう、できるだけ具体的に詳しく教えてください。メールの件名には「育児悩みQ&A希望」とお書き添えください。

津島 千佳

フリーランスのライター・エディターとして女性誌を中心に活動中。2015年8月に第一子を出産。絶賛育児中の経験からリアルなママ目線に立った情報をお届けします!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!