【育児悩みに小児科医がアンサー!】太めの息子が、就寝前のミルクを止めたら夜中にギャン泣き!

Baby&Kids

【育児悩みに小児科医がアンサー!】太めの息子が、就寝前のミルクを止めたら夜中にギャン泣き!

息子は太め。体重増加を緩やかにするため、就寝前のミルクを止めたら夜泣きするように



<ママ29歳、息子6カ月>



生後6カ月で9.8kgのビッグベイビーです。



現在、離乳食は1回食で、

午前:離乳食、授乳1回

午後:授乳3~4回、就寝前にミルク200ml

就寝中:授乳2回



という感じです。



先日の健診で、太り気味なことを注意されて就寝前の200mlのミルクは余計だから止めるように指導されました。現在は添い乳だけで寝かしつけています。

就寝前にミルクを飲ませていた頃は、夜中にぐずぐず泣いてもおっぱいをくわえれば、すぐに眠っていました。しかしミルクを止めてからはぐずぐず泣き続け、おっぱいをくわえてくれず、しまいにはギャン泣き。抱っこやおむつ替えをしても落ち着かず、ミルクを飲ませたところ、120mlをあっという間に飲みきりました。以降、夜中にギャン泣きした時はミルクを120ml程度与えています。



ミルクを飲ませずに空腹で起きるくらいなら、寝かしつけの時にミルクを飲ませれば母子ともにぐっすり眠れるからいいように思います。ミルクの量を減らせば、急激な体重増加はしないような気がしますが、そんな問題ではないのでしょうか?

また、生後6カ月に太り気味だと将来どんな影響があるのでしょうか?

量を見直して就寝前のミルクは継続して



6カ月で9.8kgはやや太めちゃんです。だからとミルクを止めたのでは、リズムが乱れて眠れず、子も親も辛いでしょう。寝る前のミルクは、入眠儀式として与えていいと思います。

これ以上増えないようにするために、ミルクの量を見直しましょう。200mlではなく120mlをゆっくり時間をかけて、一気飲みにならないようにして満腹感と満足感を与えて寝かせるのはどうでしょう。

夜間の追加ミルクは必要がないので、止めましょう。ぐずるのであれば、添い乳程度の授乳で寝かせてみてはいかがでしょうか?



0歳の肥満はあまり心配いりません。一人歩きするようになるとスリムになっていきます。

とはいえ、子どもが飲みたいだけ、泣き止まらせるため、と深く考えずにミルクを与えると体重が増えすぎ、心臓への負担が心配です。



 

教えてくれた先生/細部小児科クリニック院長 細部千晴先生



細部小児科クリニック院長、日本小児科学会小児科専門医、子どもの心相談医。

地域医療と子育て支援に力を入れ、乳児健診・予防接種・育児相談以外に思春期外来を設けている。著書に『イラスト・マンガで育児の悩みをラクにするBOOK』(成美堂出版)、監修本に『この1冊で安心 はじめての育児辞典』(朝日新聞出版)がある。



 





 

細部小児科クリニック



住所/東京都文京区根津2の14の11 Tツインビル2F 電話/03・6303・3162

http://www.hosobe-kodomo.com/



 

<赤ちゃんに関する疑問・質問を大募集!>



赤ちゃんを育てていると、毎日わからないことだらけ。

調べてみるけれど、育児書には載っていないし、ネットの情報はどこまで信用できるのか迷っているママは多いはず。ならば、小児科の先生に育児の疑問を尋ねてみませんか。

お悩みの内容と、ママの年齢とお子さまの年齢(月齢)・性別を明記の上、info@mamagirl.jp までお寄せください。お悩みの内容は、先生が回答しやすいよう、できるだけ具体的に詳しく教えてください。メールの件名には「育児悩みQ&A希望」とお書き添えください。

津島 千佳

フリーランスのライター・エディターとして女性誌を中心に活動中。2015年8月に第一子を出産。絶賛育児中の経験からリアルなママ目線に立った情報をお届けします!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!