Facebook Twitter Instagram
【保存版】キッチン食材でトリートメント!髪つやさら!

Beauty

【保存版】キッチン食材でトリートメント!髪つやさら!

傷んだ髪の救世主が、キッチン食材だった!


空気が乾燥すると、髪の毛がパサパサしがち。冬だから当たり前と思って、ケアを怠っていませんか? でも美容室でトリートメントをすると値段がはるし、なかなか頻繁にお手入れできないのも現状。
そこでおススメなのが、自宅でお手軽に作れる“手作りトリートメント”です! 今回は、安く簡単に手に入り、体に優しく、効果が期待できる方法をピックアップ。これなら目指すイベントに向けて、毎日ヘアケアができるはずです。

 

卵黄・卵白を使い分けたい万能卵トリートメント


■卵


卵ヘアトリートメントは、どんな髪質にも使える優秀テクニック。卵黄は、脂質とタンパク質が豊富で天然保湿に優れています。それに対して卵白は、抗菌作用のある「リゾチーム」という酵素が老廃物を溶かし、余分な油を取り除いてくれます。標準ヘアの方は全卵、オイリーヘアの方は卵白、ドライヘアの方は卵黄をお使いください。

洗髪後の湿った髪の毛に頭皮をマッサージしながら髪全体に揉みこみます。次にサランラップで巻き、2、30分ほど置きます。ぬるま湯で洗い流してからシャンプーをしましょう。熱いお湯で洗い流すと、頭の上で卵料理ができるので気をつけて!

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

実は、あらゆるキッチン食材にトリートメント効果が!


■ヨーグルト


ヨーグルトに含まれる乳脂肪が髪に潤いを与えると同時に、乳酸が汚れを落とします。また、乳酸は髪の毛の成長を促進する働きもあります。

■アボカド


アボカドに含まれるビタミンEやオレイン酸が、髪に栄養を与え、広がりを抑えます。乾燥が激しいこの季節は、ペースト状にしたアボカドに卵黄を一個プラスするのがオススメ。

■オリーブオイル


オリーブオイルは活性酵素を除去するビタミンE、オレイン酸、ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富。髪のパサつきにアプローチし、ダメージを修復します。レモンをプラスすれば洗い上がりもさっぱり。

 

20160229-cy-15564

 

オリーブオイルは、人気セレブのミランダ・カーが実際にトライしているレシピ。彼女のキレイな髪には秘訣があったんですね!食用を使うのはちょっと……という方は、ドラッグストアに販売されている薬用オリーブ油でも代用できます。サラッとしたテクスチャーで、洗い上がりのベタつきも食用より抑えられますよ。まずは一度試してみませんか?

chico

エディター
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp