Facebook Twitter Instagram
赤ちゃんが本当に喜んでくれるお出かけスポット! 「ふれあい動物園」で学べること

Baby&Kids

赤ちゃんが本当に喜んでくれるお出かけスポット! 「ふれあい動物園」で学べること

ふれあい動物園の楽しさ


たまのお出かけは何よりも楽しいものです。お出かけして赤ちゃんを本当に楽しませたいなら、遊園地でも大きな商業イベントでもなく、ふれあい動物園やこども動物園に行きましょう。

赤ちゃんは分類のリープ (生後8ヶ月半頃に起こる6回目のメンタルリープ) から「豚とは何か?」「牛とは何か?」といった物事の概念を学習できるようになります。特に、この頃の赤ちゃんは身の回りのあらゆる物事をカテゴリー分けしている時期です。つまり絵本やテレビなどを見て色々な動物についてお勉強した後に、ふれあい動物園に連れて行ってあげるのは理にかなっているわけです。

ふれあい動物園は子どもに親しみやすい形で自然を体験させる絶好の場です。長靴を履いて、泥の上に立って、動物の匂いを嗅ぎ、何かの風変わりな音を聞く……そんな体験を赤ちゃんは大いに楽しんでくれるでしょう。

ふれあい動物園での楽しみ方は子どもの年によって変わってくる


小さい赤ちゃんにとっての楽しいポイントは動物園の雰囲気自体です。それより少し大きい赤ちゃんが楽しでくれるか、少なくとも何らかの衝撃を受けるのが、動物たちが出す様々な音です。

小さな幼児は動物たちを触っては柵を次から次へと移動して、ありとあらゆる動物たちに「会いに」行きたがります。また、もっと大きな幼児も卵を拾ったり、動物のお世話をしたりなど、係員さんの作業を心良くお手伝いしてくれるでしょう。
つまり、ふれあい動物園はあらゆる年頃の子どもにとって楽しい場所なのです。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

ふれあい動物園でカテゴリーや概念を形作る


ママがすでに牛や豚などの動物園にいる動物をテーマにした本をたくさん読んであげていれば、赤ちゃんはそれらが紙の上でどういう見た目なのかもう知っているかもしれません。でも、それと本物をじかに見るのは全く違います。

実物を見せることで、牛の絵と本物の牛を頭の中で結びつけられる子もいるでしょう (ただしドライブ中に車の後部座席からちらっと牛が見える程度ではダメです)。牛が「モー」と言うのを聞いて、ママが言う「モー」と本物の「モー」を頭の中で結びつけられるかもしれません。

そうやっているうちに牛はどういう見た目でどういう音を出すのか、つまり牛というものを正確に理解することができます。いわゆる牛というカテゴリーに含まれる物とそうでない物を知るわけです。
つまり、それらが何なのかを見極めようとしているわけですが、大人のように簡単には行きません。なぜなら「大きなシミがまだらにある豚が、牛じゃないのは何で?」という疑問を解決できなければ上手くカテゴリー分けできないからです。

赤ちゃんが動物の分類を学ぶには、それらを見て、触って、それらが出す音を聞いて、色々な実験をしてみる他にありません。だからこそ、お出かけにはこども動物園やふれあい動物園がオススメなのです!

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

F. プローイュ博士

赤ちゃんに関する正しい知識を身につけて、育児の悩みを軽くし、自分の育て方に自信を持ってもらうために書かれた世界No.1ベストセラーの赤ちゃんの発育本「不思議な週齢ワンダーウィークス」の著者&翻訳者:
http://wonderweeksjpn.com
https://www.facebook.com/WonderWeeksJPN
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp