Facebook Twitter Instagram
赤ちゃんの手の発見を促そう!新生児から3歳の手の発達過程と利き手について

Baby&Kids

赤ちゃんの手の発見を促そう!新生児から3歳の手の発達過程と利き手について

まだ自分に手がついてることすら知らない新生児


私たち人間は一日中手を使っています。しかし、大人の場合はほとんど手を使っているという意識はなく、作業をしているという認識しかありません。

一方で赤ちゃんの場合、いつも私たちのようにいくわけではありません。赤ちゃんの手の使い方を観察していると、だんだんと使い方を学んでいっている道具のようにさえ見えます。
生まれたばかりの赤ちゃんというのは自分に手がついていることすら理解していないので、それで何ができる (ようになる) かなんて知る由もありません。月日が経ち成長するにつれて、徐々にそれらを「発見」し、夢中で訓練を始めるのです。
ママがその進歩に気づいてあげられるように、下記に赤ちゃんの手の発達過程をまとめました。それを読んで、お子さんが「体の端っこについている物体」を探求するのを手伝ってあげてくださいね。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

2カ月: 手を発見する!


出産予定日から数えて8週頃に、赤ちゃんは自分に手と足がついていることを発見し、それらに強い興味を抱きます。そのため引っ切り無しに手足をあちこち動かしたり、またママの手にも興味を示します。中には片手でおもちゃをしっかりと握っていられるようになる子もいますが、この週齢で握れるのはとても軽くて手にうまくフィットする物だけなのでママの補助が必要です。そこで握りやすい物を探して手渡してあげましょう。

 

3カ月: 何でもかんでもつかみたがる!


出産予定日から数えて12週が経つと、つかむのが随分と上手になります。実際、この頃になると物に直に手を伸ばしてつかむコツを覚え、何でもかんでもつかもうとします (そのため注意が必要です)。ただし、本当の意味で「つかむ行為」をマスターするには、まだ乗り越えなければならない成長ステップがあります。このステップでは「受け取る行為」を学ぶのを手伝ってあげましょう。つかむのが難しくも簡単すぎもしない物を選んで渡してあげてください。そして上手くできたら目一杯ほめてあげましょう。

 

4カ月半: 引っかき回す!


身の回りの物を引っかき回しては面白そうな物を見つけて拾うようになります。多くのママたちは赤ちゃんのこういった行動にちょっとだけうんざりしてきて、強引に取るのではなく拾うことを教えようとします。ただ、そうやって辺りを引っかき回すのも、赤ちゃんなりのこの世界の探索行動なのです。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

6カ月: 自分の手が「本物」だと気づく!


6カ月になると、手の「真価」に気づき、手の使い方がだいぶ上達します。例えば、そろそろ物をしっかりと素早くつかめるようになったり、(赤ちゃんに本を読んであげる時などに) 本を自分で開いたり閉じたりできるようになったり、新たに覚えた「内側」「外側」「下」「上」という概念を手を使って夢中で探求するようになります。この週齢で赤ちゃんは「関係のリープ (5回目のメンタルリープ=知能の成長ステップ)」に入るため、物同士の距離 (空間的関係) や大きさの違いに興味を持ちます。そのため物を動かして他の場所に置いたり、他の物の横に並べたりするようになるでしょう。そして、その他にも様々な応用をします! また自分の手はママがやっているのと同じことをできるのだと気づきます。つまり手の用途を理解するわけです。

 

11カ月: 危険を冒してでも楽しい冒険へ?


11カ月に入ると「順序のリープ (7回目のメンタルリープ=知能の成長ステップ)」が起こる影響で「幸せなら手をたたこう」などのいわゆる手遊び歌に強い興味を示すようになるでしょう。ただし、そうやって手を使って楽しく遊べるようになった一方で、危険な目に会う可能性が高まっていることにも注意しましょう。この頃は手の様々な使い方を覚えた上に筋肉が発達して握力も強くなっていることを念頭に置いてください。11カ月の赤ちゃんは周りのあらゆる物事に興味津々な上に、あちこち動き回れるようになります。そのため赤ちゃんはどんな危険を引き起こす可能性があるのか知らずに、また危険性を (何となく) 理解していたとしても、何でもかんでも取ろうとします。赤ちゃんの怪我を防ぐためには色々な施策が必要ですが、まず第一にコンセントにカバーをつけるのが重要です。

 

1歳半: こぼさなくなり、アートをするように!


この週齢の子には様々なことをさせ、色々な物を作らせましょう。それが手の動かし方の訓練になります。そろそろ、こぼさずにお菓子を拾ったりコップで飲み物を飲めるようになる頃です。もう本のページは自分でめくれます。この頃になるとママに絵を描いてあげるのが好きになります。そのため鉛筆、絵筆、または (普通より少し細くてつかみやすい)子ども用のペンを渡して絵を描かせてみましょう。また子どもが衣服や部屋を汚してしまっても、子ども向けの消えるお絵かきグッズなども重宝します。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

2歳: 小さな手で大きな塔を作ることも!


この頃になると手を使ってできる作業にもだいぶ慣れてきて、手の筋力を鍛えるのが重要になってきます。これにはレゴなどのブロックが最適です。この遊びではブロックを正しく組み合わせて、押し込んでくっつける作業が繰り返されるからです。特に後者の動きは、その小さな手の筋肉を鍛える訓練になります。少し訓練するだけで、子どもがブロックで作る塔はどんどん大きくなっていくでしょう。この遊びの醍醐味は「褒めてもらうこと」と「塔を壊すこと」です。

 

3歳: 結び目とチョキチョキ!


子どもの手の使い方が私たち大人にどんどん近づいていき、私たち大人と同じ用途で使うようになります。ここまでくると少し練習すれば、服のボタンができるようになったり、ひもの解き方を覚えます。ただし何事もできるだけ子どもが自分から挑戦したくなるように促すのがポイントです。それが結果的に子どもの自信につながります。この頃は子どもの手の筋肉も飛躍的に発達しています。そこで子ども用のハサミを渡して物を切らせてみましょう。これは子どもにとって楽しいのはもちろん、手の筋肉も鍛えられます。

 


写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

右利き?左利き?


昔は左利きより右利きの方が良いとされてきました。学校では文字は右手で書くのが正しい、ともすると、それが義務だとされていました。でも今は昔と違い色々な事実がわかっています。実は、親は (少なくとも自分の)子どもの利き手に干渉しない方が良いのです。ママとパパが左利きだと、子どもも左利きになる可能性が3倍になります。また赤ちゃんは手について学んでいくうちに、(ある時は左利き、またある時は右利きといった形で)利き手が入れ替わることもよくあります。お子さんが好きで、その後も一生好きであり続ける方の手は、時が経てば分かってきます。
強制的に直そうとするのは好ましくありません。

F. プローイュ博士

赤ちゃんに関する正しい知識を身につけて、育児の悩みを軽くし、自分の育て方に自信を持ってもらうために書かれた世界No.1ベストセラーの赤ちゃんの発育本「不思議な週齢ワンダーウィークス」の著者&翻訳者:
http://wonderweeksjpn.com
https://www.facebook.com/WonderWeeksJPN
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp