ハーフの娘ちゃんが「可愛い!」と評判の大桑マイミ、国際結婚までのなれそめは?

News

ハーフの娘ちゃんが「可愛い!」と評判の大桑マイミ、国際結婚までのなれそめは?

大桑マイミさん、国際結婚までの道のりを語った!


人気ママモデルの大桑マイミさん。『mamagirl』2016年春号の撮影中、国際結婚までのなれそめを教えてくれました。

「今から4年半前、仕事の打ち合せ中に、共通の友達からクリエイティブディレクターの彼を紹介されました。日本語がたどたどしかったせいもあると思うけれど、いい意味で『ふわふわしている人だなぁ、おおらかで優しそう』という印象。その日は特になにもなくて、半年後、トルコ旅行中に突然『僕もトルコにいるんだ』と彼から連絡があったんです!結局トルコでは会えなかったんですが、帰国してから連絡がきて、食事をしたのが最初のデートだったかな。そこからは、彼からストレートな『会いたい』のアプローチを何度ももらって、デートを重ねていきました」

 


ハプニングもふたりなら楽しく乗り越えられると感じた温泉旅行


「自然な流れで毎日会うようになっていましたが、『私たち、これからどうなるのかな?』って、心のどこかで不安に思っていました。でも、彼の家族が来日したときに『ガールフレンドだよ』と紹介されて、『あーよかった』って(笑)」

マイミさんにとって“結婚”を本格的に意識した思い出のエピソードは?

「思い立って行った温泉旅行!宿はネットの写真と全然違ってお化け屋敷みたいだし、道は間違えるし、『あらら…』なハプニングが起こったけど、その間たくさん話したり笑ったり、『この人なら何があっても楽しく乗り切れるなぁ』と感じました」

 

結婚直後にマリッジブルー!?と思ったらおめでたでした?


「結婚式はまだ挙げていないですが、彼の実家に挨拶に行き、ハワイで友人たちとささやかなセレモニーをしました。ハワイの海辺での“愛の誓い”は私の大切な思い出です。住まいを決めて「さーて新婚生活?」という時に、マリッジブルーというか心が不安定になっちゃって…。どうやらそれが、妊娠からくるホルモンの乱れだったみたいです(笑)。妊娠中はふたりの時間を思いっきり楽しんで、いろんな所へ行ったりしました。子どもが産まれてからは、彼は思った以上に良いパパ!ドイツのお義母さんも日本に長期滞在してくれたりと、とっても協力的なんです。国は違っても“愛”は世界共通!『この人と一緒にいたい』という自分の気持ちに正直に行動した結果、今とても幸せです?」

 


「彼からのストレートなアプローチがとても嬉しかった」というマイミさん。国際結婚では特に、言葉が正確に伝わりにくいからこそ、「言いたいことをストレートに言う」のが円満の秘訣だそうです。

くりくりした目がマイミさんそっくりなエーデン樹菜ちゃんはスクスクと成長中!今後もどんどん登場してもらう予定なので、お楽しみに!

ライター/住中理美

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!