Facebook Twitter Instagram
赤ちゃんは一体全体、何をどこまでわかっているの!?

Baby&Kids

赤ちゃんは一体全体、何をどこまでわかっているの!?

インディアンにはコロンブスの船が見えなかった


アメリカのドキュメンタリー番組『What the Bleep Do We Know?(私たちは一体全体何を知ってるっていうの?)』によると、アメリカの先住民であるインディアンは水平線に映るコロンブスの船に気づけなかったそうです。その理由は、彼らの視覚に問題があったからではありません。それまで彼らが目にしてきた物と水平線に映る船とがあまりにもかけ離れていたからです。

これは、赤ちゃんの状況にも少し似ています。大人に見えている物事でも、それを認識するための脳のシナプスがまだつながっていなければ、赤ちゃんにとっては存在しない物なのです。もちろん、船を認識できなかったというインディアンと赤ちゃんとではそもそも大きな違いがありますが、物事の認識に対する基本的な発想は同じです。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

赤ちゃんの認識力の発達過程とは?


長年の研究によって、赤ちゃんには知能が飛躍的に発達する現象 =メンタルリープが、生後20ヵ月の間に10回起こり、そのたびに、まるで世界が変わったかのように赤ちゃんの物事の捉え方が一変することがわかっています。ただ、悩ましいことに、その急激な成長が赤ちゃんを戸惑わせ、ぐずりやすくさせてしまうのです。

この期間の特徴がいわゆる3大オノマトペ「エンエン、ベッタリ、イライラ」で、赤ちゃんにとってもママにとってもつらい時期。

とはいえ、メンタルリープが始まると赤ちゃんが認識できるようになる物事は増え、新たなメンタルリープに入ることでさらに色々なことを理解できるようになるのです。

赤ちゃんがすでに持っていた知能の上に、より高次元の知能が積み上がっていくようなイメージで、それが10段階に渡って行われていきます。赤ちゃんの知能が5段階目までしか到達していなければ、それより高いレベルのことは理解できません。また、私たち大人にとっては当たり前の物事が、赤ちゃんにとって自己実現をもたらす至高体験になるのです。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

赤ちゃんの視点に立てれば自然と対処法は見えてくる


メンタルリープは出産予定日を基に算出され、メンタルリープが起こる週齢をワンダーウィークスといいます。赤ちゃんは、この時期に入るたびに一歩ずつ大人に近づき、私たちのような物事の認識の仕方ができるようになっていきます。逆に言うと、私たち親にとっては幼い赤ちゃんであればあるほど、我が子にとってこの世界がどう見えているのかを理解するのが難しくなります。とはいえ、その努力をするのは非常に重要で、上手く行けば次のような問題の原因や対処法が見つかります。

●睡眠に関する問題
●エンエン、ベッタリ、イライラ
●ママと離れた途端にぐずり出す現象
●ヒステリー  など

上記の問題すべてを解決するための最善策が、赤ちゃんの物事の認識の仕方を理解して気持ちを察してあげること、つまり「赤ちゃんは一体全体何をどこまでわかっているのか!?」を把握することなのです。

 

写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages

 

【赤ちゃんがゴキゲンななめの理由、これで解決!】


◆2歳までに10回ある「メンタルリープ」 (ぐずり期&知能の成長期) についてわかりやすくまとめたミリオンセラー育児アプリのダウンロードはこちら! iPhone版  Android版
◆0歳児の8つのメンタルリープについて掘り下げ、赤ちゃんの負荷を最大限に和らげて発達を促す、あらゆるケアを網羅したベストセラー育児書の購入はコチラ!



 

F. プローイュ博士

赤ちゃんに関する正しい知識を身につけて、育児の悩みを軽くし、自分の育て方に自信を持ってもらうために書かれた世界No.1ベストセラーの赤ちゃんの発育本「不思議な週齢ワンダーウィークス」の著者&翻訳者:
http://wonderweeksjpn.com
https://www.facebook.com/WonderWeeksJPN
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp