今ママが乗りたい電動アシスト自転車って?

News

今ママが乗りたい電動アシスト自転車って?

パワフル・長時間走れるのにこんなにコンパクト


電動アシスト自転車って、大きいしデザインも可愛くないし……と躊躇していた私ですが、最近の電動自転車ってデザインもお洒落。機能も進化してとても便利です。

まず電動アシスト自転車と一般自転車の1番大きな違いって、バッテリーの有無ですよね。バッテリーが大きいと目立ってしまいますし、そもそもバッテリーの充電が面倒……。しかしこちらの商品は、Panasonicの最先端技術を駆使したNEWリチウムイオンバッテリー。従来品よりもサイズがコンパクトなのに、走行距離がアップ。なのでバッテリーの充電の手間も省けますし、コンパクトなのでバッテリーの持ち運びも楽ちん。これは荷物が多いママにとっては大助かりですね。4.5時間の充電をすれば、最大で60km走行出来ます。

充電だってスタンド式の充電器に置くだけですので、全く手間にならないですよね。


 



 

子どもの乗せ降ろしは!?チャイルドシートは!?




 

子ども乗せ自転車で困ったことあるあるが、チャイルドシートのこと。
チャイルドシートが高くて、子どもの乗せ降ろしが大変!!急いでいるのにシートベルトが付けにくくて焦ってしまう!

こちらの商品はそんなよくある悩みを軽くしてくれます。

まず乗せ降ろしについてご説明します。従来商品と比べて前の座面の高さが約150mmも下がるため、子どもの乗せ降ろしがとても楽にできるようになったようです。更に低重心となるので安定感もUPします。

お次はチャイルドシートについてです。片手で簡単に付け外しができる「巻取り式シートベルト」。そして子どもの状態をしっかりと快適にホールドしてくれる「まめぴたパッド」が付いているチャイルドシート。

急いでいてもすぐに付けることができますし、しっかりとホールドしてくれるのに不快感はないようです。

そして背もたれが改良され、ぐらつきが軽減。まだ1歳半の筆者の子どもは、チャイルドシートに乗せられると自分でシートベルトを付けようとし、更に運転中はぐっすりと眠ることもしばしば。とても快適なんだと思います。

お子様が快適に・安全に乗ってくれるのが1番大切。こういった細かい工夫、とても有り難いですね。

 



 

ママにとっての乗り心地も抜群?


最後になりましたが、ママにとっての乗り心地についてもご紹介します。

まず走行モードは「パワーモード」「オートマチックモード」「ロングモード」の3段階。

ロングモードを使用すれば、一度フルに充電することで、60kmも走ることが出来るのです。更に手元のディスプレイでは、バッテリーの残量・残りの走行可能距離・走行可能時間の3パターンで確認することが可能。これは分かりやすくてありがたいですね?

パワーモードを使えば坂道も楽々!何度も充電するのが手間という方は、ロングモードを使用して長距離走行するのが良いですね。

 



 

 



 



 

こちらの自転車はお子様を前乗せする仕様になっており、1歳~3歳(身長100cm以下・体重15kg以下)が対象。小さいお子様が目の届く場所に座っているとやはり安心ですよね。

大きくなったら、別売りの後付チャイルドシートを設置可能です。長く使うことができるのがうれしいですね。

カラーは「ハッピーピンク」「パールクリアレッド」「エンドレスブルー」など、可愛くておしゃれな全8色です。

決して安い買い物ではない電動自転車だからこそ、お子様の年齢、ご自身のライフスタイル、そしてせっかくですので好みにぴったりのものをゲットしましょう?

今回ご紹介したギュット・ミニ・DXの公式ホームページはこちら♪
http://cycle.panasonic.jp/products/elmdmini/

ふうちゃん

2014年12月に女の子を出産。おでかけ・旅行・食べることが大好きな新米ママです。関西出身ですので関東・関西のおでかけ情報や移動テクニックなどもお届けしていきます。 
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

TODAY’S BOARD

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD

SPECIAL!