プラレールと木製線路を連結できる!3Dプリンターの線路がスゴイ

Baby&Kids

プラレールと木製線路を連結できる!3Dプリンターの線路がスゴイ

「メーカーが違うと、線路がつなげない」を解決



電車好きの子どもがいるなら、おもちゃの電車&線路は必ず家にありますよね。

なかでもプラレールが巨大勢力を誇っていますが、もうひとつ大きな派閥は木製レール。こちらはきかんしゃトーマスの木製シリーズやブリオ、IKEA、イマジナリウムなどが挙げられます。どちらのレールもとても人気で楽しいのですが、互換性がなく一緒につなげて遊べないのが少しガッカリなポイントでした。電車の車輪の幅はほぼ同じなだけに、「プラレールと木製がつながったらいいなあ……」と考えていた人は多いのではないでしょうか?

そんな夢を叶える線路が新発売されているのを発見!



 



http://www.last-ones.com http://www.last-ones.com 

3Dプリンターの線路「ワンレール」を使ってみた



3Dプリンターは樹脂で立体物を作るというもので、少し前に話題になりましたよね。そのプリンターを使って、片方はプラレール、もう片方は木製レールとつなげる線路が作られていました!素材が違うし、がたつきや高さは大丈夫かな?と少し心配だったのですが、電車は何の問題もなくスムーズに走行。気になる価格は、2つセットで税抜¥1,500でプラレールよりはお高め。でもお下がりなどで中途半端にいろいろなメーカーの線路があるという家は、この2本さえあればミックスして使えるので新たに何かを買い揃えるよりリーズナブルかも?



 







 







 

立体のアーチ線路や十字交差もある!



トンネルが作れる立体のアーチ線路も作っているようで、色がかわいかったのでこちらも購入!こうした特殊な線路はプラレールも木製もセット売りでしかゲットできない場合が多いため、バラで購入できるのは利点ですね。十字で交差する線路もあって、子どもが線路を組み立てるのがさらに楽しくなりそう。3Dプリンターという特性を生かして、線路の種類や色のリクエストも受け付けているようで、もっと便利な線路がどんどん増えていくかもしれません。楽しみです!



 







 



最先端技術は、子どもの遊びも進化させてくれるなぁと改めて実感。ハンパな線路をムダにせずに済むので、ママとしても大助かりですね。

近いうちに子鉄&ママ鉄の間で3D線路が大ブームになりそうな予感です!

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!