Facebook Twitter Instagram
ハイハイや立っち、あんよが早くできるようになる子とそうでない子の違い

Baby&Kids

ハイハイや立っち、あんよが早くできるようになる子とそうでない子の違い

運動に興味のある赤ちゃんと興味のない赤ちゃんがいる理由



赤ちゃんの中には、単純に、ハイハイやあんよに特に興味を持たない子がいて、(その子の人生にとっても) それ以上の意味はありません。具体的に言うと、その場でできる積み木やテーブルの上でする穏やかな作業にもっと興味があって (それが大好きで)、歩き方を学ぶことにあまり熱心ではないのです。つまり、もっと他のことに夢中になっているのです。ではそういう子はいつハイハイやあんよを始めるのでしょうか? それはズバリ、赤ちゃんがそこに「目的意識」を持ったときです。例えば、どうしても取りたい積み木に手が届かないときです。これは積み木を取るためにハイハイを始めるということです。つまり、この場合の一番の目的は、ハイハイすることではなく、積み木にたどり着くことです。ハイハイは目的を達成するための手段に過ぎません。



これを車の購入に例えると、ドライブが好きで優れた高級車を買いたがる人がいる一方で、ちゃんと目的地まで送り届けてくれる車なら十分で、特に車種にはこだわらない人もいるということです。



運動に興味のある赤ちゃんは、運動に興味のない赤ちゃんよりも、はるかにはやくハイハイやあんよをします。これは単にその子にとって興味のあることをやっているので当然です。赤ちゃんにはハイハイやあんよ、立っちができるようになる (知的) 発達段階というのがあります。前者の子はその発達段階に入ると、それらをマスターするために全力を注ぎ、できるまで練習を繰り返します。こういう子はそもそも全身運動で汗を流すのが好きで、新しい技をマスターするのが好きでとても楽しいのです。



「そういうタイプ」の赤ちゃんが、「そうでないタイプ」の赤ちゃんより、優れているとか、頭が良いということではありません。それよりも重要なのは、赤ちゃんが「興味を持つことをやらせてあげる」ことです。誰にでも得意分野というものがあります。特に赤ちゃんは大人と違って興味を持ったものでないと学習速度が落ちるどころか、上達しないこともある為、それを見極めるのが非常に重要です。その子の態度をよく見て、その子が「(言葉でとは限らず) 伝えていること」に耳を傾けましょう。くれぐれも赤ちゃんがまだやりたがっていない運動を無理にやらせてはいけませんよ。



 



写真提供:gettyimages 写真提供:gettyimages 

赤ちゃんのあんよの練習を促す方法とは?



赤ちゃんが知能的にあんよの練習を始められる時期は実は決まっているのですが、丁度その時期に歩き始めるかどうかは体格と性格によります。まだ筋肉が十分に発達していなければ、脳が正しい信号を送っていても体がついてこないのです。



また、赤ちゃん自身が歩き方を学ぼうとしていない可能性もあります。例えば、物事を研究したり、手を使って細かい作業をするときの小さな筋肉の微調整 (これも「微細運動」と呼ばれる運動の一種) に興味があるのかもしれません。前述のように、単純に歩くことに対する「目的意識」がまだない可能性もあります。だからといってその子が一生歩くことに興味を持たないわけではありません。今は他の分野に興味があるのです。



実を言うと、赤ちゃんが潜在的に (あるいは知的に) 様々な行為ができるようになる時期も決まっているのですが、特定の行為のコツをつかむ時期は、個々の赤ちゃんによって大きく違います。もっと言うと何カ月も違いが出ることがあります。



お子さんに歩く機会を与えるのは大事なことですが、必ず歩きたいときに歩かせるようにしましょう。親にしてあげられるのは上達の良いきっかけを作ることです。たまに赤ちゃんが歩きたがってるのではないか探りを入れてみましょう。それに反応を示したら、たくさん褒めて鼓舞してあげると、赤ちゃんも気分がのってくるでしょう。ただし、あなたの「あんよの挑戦」に乗ってこなければ、あらがわずに受け入れましょう。結局のところ、みんないつかは歩き始めるのですから。<訳: 石川卓磨@ハピグロ翻訳>



 

【赤ちゃんのぐずり期は知能と行動の成長期!?】



◆2歳までに10回ある「メンタルリープ」 (ぐずり期&知能と行動の成長期) についてわかりやすくまとめたミリオンセラー育児アプリのダウンロードはこちら! iPhone版  Android版



 



◆0歳児の8つのメンタルリープについて掘り下げ、赤ちゃんの負荷を最大限に和らげて発達を促す、あらゆるケアを網羅したミリオンセラー育児書の購入はコチラ



 



F. プローイュ博士

赤ちゃんに関する正しい知識を身につけて、育児の悩みを軽くし、自分の育て方に自信を持ってもらうために書かれた世界No.1ベストセラーの赤ちゃんの発育本「不思議な週齢ワンダーウィークス」の著者&翻訳者:
http://wonderweeksjpn.com
https://www.facebook.com/WonderWeeksJPN
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp