【海外SNAP】LAママは白系コットンワンピで爽やかおやこーで♪

Fashion

【海外SNAP】LAママは白系コットンワンピで爽やかおやこーで♪

サンタモニカで見つけた?日本生まれのインターナショナルママ







 



サンタモニカのサードストリートプロムナードを3歳半の娘さんジュリアちゃんと一緒に歩いていたティファニーさん。とても暑い夏の日でしたが、まぶしい太陽にピッタリな白いコットンのワンピース姿で颯爽と歩いてました。写真を撮られるのが嫌いという娘さんは残念ながら泣いてしまいましたが、ティファニーさんは笑顔で対応してくれました。日本語がとても上手だったので出身を聞いてみたらやはり生まれは日本! かつてLA、NY、オーストラリア、東京をご両親の仕事の関係で行き来しながら育った彼女は、まさにインターナショナルなファッショニスタママでした。



 

ママはコンバース、キッズは草履♪コットンワンピで親子リンク?







 



海から3ブロックのところにあるサンタモニカプロムナードではビーチ帰りのような服装をした人も多く、そんななかビーチとタウンどちらでもOKな白のストライプワンピを着ていたティファニーさん親子。ママのワンピースはOld Navyでゲットしたもので39ドルほど。娘さんのワンピースも同じくOld Navyで購入したもので15ドルだったそうです。

「今日は暑かったから娘と一緒にワンピースにしようって決めたの。普段はジーンズがほとんどなんだけど(笑)」という彼女、さわやかな白とブルーのストライプコットンワンピースがとてもお似合い。靴は真っ白のコンバースで紐の留め方もちょいこだわったオシャレ仕様です。



レザーのバッグはバナナリパブリックで購入。柔らかいレザーが夏のファッションにもなじむ感じ。ちなみに、好きなショップに関しては「Madewell(メイドウェル)やAntholopologies(アンソロポロジー)、アーバンアウトフィッターが好きね。今どきのかっこうをしたいけど、年相応に見せられるようにも注意しているのよ」とのこと。でもそんなことを気にしているなんて微塵も感じさせないところが、素敵ですよね!



 







 

ジュエリーデザイナーも手がけるワーキングマザー







 



そんなティファニーさん、実はジュエリーデザイナーとしての顔も持つワーキングマザー。今日つけているネックレスも自分で作ったものだとか。白レザーのチョーカーは開きの広いワンピースのポイントとなり全体のバランスを品よくまとめています。

「大人がつけても子どもがつけても素敵だと思える、親子でつけられるアクセサリーを作りたかったの!」と見せてくれた彼女のオリジナルジュエリーの写真には、ママと娘でつけられるおそろいのネックレスがたくさん収められていました。子どもとジュエリーで親子リンクできるなんて、まさに女の子ママの特権ですね!



そのほか、グラフィックデザイナーとしての仕事や、日本のテレビ収録がLAで行われる際の現地コーディネーターを担当したり、日本のアパレル輸入のお手伝いもするなど、マルチに活躍しているというティファニーさん。そんな彼女のファッションポリシーは、「トレンドを追いつつも自分らしいスタイルであること」だそう。充実した毎日を過ごしているというのがしっかりと伝わってきました!

Tomoko

高校の時から日本とアメリカを行き来し、L.A.在住20年。興味のあることにはどんどん挑戦して人生楽しむ!をモットーとし、仕事は日系会社でのセールス&マーケティングのVP、エンジニア企業でのオフィスマネジャー、メジャーリーグのメディア担当からファッションデザイナーのスタジオオフィスマネジャーまでとあらゆる分野、業界での経験あり。2012年春に女の子を出産し現在はママ業を中心としながら好きなファッション、インテリア、料理、ヘルシーなライフスタイルなどを日々チェック&研究中。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!