Facebook Twitter Instagram
【海外スナップ】色とアクセ使いがセンス抜群なプリティママをビバリーヒルズで発見!

Fashion

【海外スナップ】色とアクセ使いがセンス抜群なプリティママをビバリーヒルズで発見!

ビバリーヒルズでお買い物中のママはブルーのバッグでモノトーンをスパイスアップ♪







 



ビバリーヒルズのロデオドライブ付近でお買い物中のオシャレなママを発見!スマホをチェック中のロシオさんの横にはストローラーがあるけれど、子どもがいるようには見えないし若くて可愛くてとってもおしゃれ!お話を聞いてみるとふたりの娘さんがいるとのことです。モノトーンのコーデにブルーのバッグがアクセントになっていて、どこから見てもステキ!早速バッグについて聞いてみると、「ボッテガ・ヴェネタよ。値段?覚えてないわ。2000ドルくらいだったかしら」とロシオさん、セレブな発言がカッコイイです!



 

ハイエンドとロープライスのミックス、そしてアクセ使いなど、どれもセンス抜群!







 



ロシオさんが今日着ているTシャツはフリーピープルで購入したもので20ドルくらいだそう。この夏のトレンド、エスニック調の刺繍があしらってある可愛い黒のミニスカートはイザベルマランのもので600ドルほど。靴はVansで40ドルくらい。ネックレスはアルジェンティーナのラプソディアというブランドのものでこちらも手頃なお値段だったそう。手元のアクセもローカルのものだとか。細いゴールドの同じデザインリングを数本の指にはめているところも、彼女のセンスが光っています。フレームラインがハンサムなサングラスはレイバン。実はロシオさん、今は旅行中ということもあって、足元には歩きやすいVansの靴をチョイス。それをハイブランドのイザベルマランのスカートでグレードアップしたり、白Tシャツにネックレスで胸元にポイントをつくったりと、おしゃれテクが際立っています! アクセサリーやサングラスのフレームをゴールドでまとめているところもさすが。ビバリーヒルズを歩くファッショニスタはやっぱり違いますね!



 







 

育児を離れてリフレッシュできる旅行はマスト !?







 



そんなロシオさん、実はストローラーはショップの中でお買い物中の従姉の子どものものだそう。この1週間メキシコシティから従姉を訪ねて遊びに来ているとのこと。お子さんは?との質問に「旦那がみてくれてるわ」と余裕の笑顔。4歳と2歳の娘さんの育児から離れリラックスをしにL.A.に遊びに来たのだそう。息抜きをしてリフレッシュできるからこそ育児も仕事も頑張れるという理由から、旦那様や身内に子どもを預けて、ショッピングや食事に出かけたり、旅行に行ったりというのはアメリカでよく聞く話。とはいってもそうなかなか簡単に旅行(しかも海外旅行!)になんて行けない人も多いなか、実行できるなんてやっぱりセレブです。あ~、羨ましい~!



 



自宅のあるメキシコシティでは2歳と4歳の娘さんの育児をしながらインテリアデザインの仕事もこなしているとか。そんな頑張っている彼女の息抜きは一人旅とショッピング。センスが光るコーデ、息抜きの大切さなど、改めてハッピーママになれるヒントを教えてくれたロシオさんでした♪

Tomoko

高校の時から日本とアメリカを行き来し、L.A.在住20年。興味のあることにはどんどん挑戦して人生楽しむ!をモットーとし、仕事は日系会社でのセールス&マーケティングのVP、エンジニア企業でのオフィスマネジャー、メジャーリーグのメディア担当からファッションデザイナーのスタジオオフィスマネジャーまでとあらゆる分野、業界での経験あり。2012年春に女の子を出産し現在はママ業を中心としながら好きなファッション、インテリア、料理、ヘルシーなライフスタイルなどを日々チェック&研究中。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp