https://www.instagram.com/p/BKNK7Wzhs79/

出典:rs.365さん

Lifestyle

一見可愛いケーキ。それを切るとあんなものが!#かくれんぼケーキが楽しい

パーティーでサプライズイベントがあればもっと盛り上がりますよね〜。おしゃれで可愛いケーキに一工夫。デコレーションする前にくりぬいてお菓子やフルーツをこっそり仕込んで。#かくれんぼケーキに注目を!

バウムクーヘンの生地の中には色とりどりのかわいいお菓子が!息子さんの4歳のお誕生日にママからの手作りケーキ。実はケーキ自体では女の子ほどテンションがあがらないのが男の子なのかもしれないですが、この素敵なサプライズには驚き、喜んでくれたことでしょう!

https://www.instagram.com/p/BKk3gdzAN4w/出典:icing_smile_cookieさん

女の子の永遠の憧れのパステルをこれだけ素敵にケーキにしているなんて!!淡い優しい色のクリームにパステルカラーのアイシングを施した色とりどりのクッキー。カットしたら中からはポップな色のチョコレートがザクザク。細やかな細工のお誕生日バナーに爪楊枝に結んだリボン。こんな風にお誕生日をお祝いしてもらえるなんてなんて幸せなんでしょう。

あけてびっくり!こんなカラクリでかくれんぼケーキは作られています♪

https://www.instagram.com/p/BNoleOfAvRf/出典:yutianliangziさん

真ん中をくりぬいたスポンジ生地を通常のケーキ作りのように生クリームを乗せて、重ねていきます。中にはゴロッと丸ごといちごをイン!

https://www.instagram.com/p/BNnAQYhAMpL/出典:yutianliangziさん

切ればたくさんのいちごが出てきます。ツムツムの焼きドーナッツも可愛くてとっても美味しそう。何気なくクオリティ高く飾られているのでまさか二品とも手作りされているだなんて思いませんでした!

https://www.instagram.com/p/BM5H0CQh2LL/出典:kazuyo.itoさん

https://www.instagram.com/p/BM5pN2ZBbRd/出典:kazuyo.itoさん

お誕生日のお祝いケーキですね♪6歳の女の子にとってもチョコレートケーキは絶対のお気に入りのスイーツ。ツヤっとしていてとっても美味しそうです。開けてみると。。。

これは掘りだしたくなりますねー!!!銀紙に包まれたチョコレートは年代問わずワクワクの塊ですね♡

中に詰めるだけではありません。こんな風にかくし絵っぽくもなっちゃいます

https://www.instagram.com/p/BLSIBI9Brlg/出典:mayurindasuさん

なんと娘さん作のかぼちゃの隠し絵ケーキです!カットするごとに笑顔になっていくかぼちゃの表情がとっても可愛い。ああ、私もいつか娘にこんな素敵なケーキを作ってもらえたら幸せだなあー。って妄想も膨らんでしまいました♪

https://www.instagram.com/p/_oF_e3IN1r/出典:piece.de.deliceさん

ああ、美しい!クリスマスツリーがかくれんぼケーキ。シンプルに生クリームとアラザンで仕上げている上品さとカットした時の楽しい驚きとのギャップがまた素敵です。大人だけのパーティーでも子どもだけのパーティーでもどちらでも新鮮なワクワクに包まれるカットする瞬間とカットした後の感嘆の声が聞こえてきそうです。

動画もご紹介。実際のワクワクな臨場感を感じてください♡

https://www.instagram.com/p/BKk3tdMAJcN/出典:icing_smile_cookieさん

動画はこちら
再び登場のicing_smile_cookieさんです。中から出てくるってわかっているのに思わず息を止めて見入ってしまいます。本当にザクザクこんな風に出てくるのですね!!楽しすぎます♡

パーティーシーンだけでなく、普段のおやつやプレゼントにも!

https://www.instagram.com/p/_34MiMIN-X/出典:piece.de.deliceさん

お友達へのプチギフトでパウンドケーキ。カットしてみたらそこに♡が!!あったかい気持ちになりそうな、そんな思いやりのこもった楽しいプレゼントですね。

全部手作りとはいかなくても市販のスポンジケーキを使ってもチャレンジできそうなかくれんぼケーキ。新春もこどもたちが集える楽しいイベントが盛りだくさん。ぜひ参考にしてみてください!

安立淳子

12年に渡り広告・PR・販売に携る仕事をした後、長女出産。復職に向けて保育園活動をしていた矢先に夫の転勤が決まり、仕事を辞めてサンフランシスコへ引越す。思いがけない専業主婦生活のスタートだったが、こどもとの暮らしの中にある今までにない満たされる思いや喜び、食や暮らしの奥の深さに気付く。2年前に帰国し、その後長男を出産。現在6歳女子と1歳男子を育てている新米ライターです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!