Fashion

小柄フレンチママの大人スニーカー&ニット帽コーデ

人気カフェの元オーナーで現在はママライフを楽しむキヌさん。自宅着がカジュアルなのにさり気なくオシャレで思わずパチリ!

ビーチサイドの有名カフェオーナーから一児のママへ♡

パリ生まれ、パリ育ちのキヌさんが、波のある街ビアリッツに越してきたのは10年以上前のこと。それからビーチサイドにレストランをオープンさせました。元パリジェンヌらしい洗練されたセンスが店のインテリアやサービスに生かされ、ファッション好きな女性を中心に人気店へ。今はその仕事から退き、8カ月になるアルグスくんのママとして日々の生活を楽しんでいます。が、そのセンスはいたって健在!ご自宅に偶然お邪魔した時、お家コーデらしくカジュアルなのに、すごくキマっていて、思わずスナップさせてもらいました。

ニット帽とタイツの色を合わせて、小柄だからこそバランスよく!

キヌさん「普段着だから特にポイントはないけど、基本的に動きやすい格好が好き。私は背が低いけど、ヒールよりスニーカーが多いわ。このナイキは軽くて走り回れる!服もファストファッションでよく買うし。今日着ているデニムワンピはZARA、ニット帽はH&M。ニット帽は気に入りすぎて全色買ったくらい(笑)」。子どもっぽくなりがちなニット帽もうまくコーデに取り入れ、むしろポイントにしているのはさすが。タイツと同じ黒を選んだり、かぶり方も浅め、頭に乗せるようにしているのも今っぽさが出ています。ちなみに息子のアルグスくんのブランドは上下ともにZARA。ブランドでおやこリンク、いい感じですね。

一日の始まりを告げる赤い口紅、欠かせない朝の習慣

オシャレでありつつ自然体な雰囲気のキヌさんですが、ファッションや身支度に対して2点だけ強いこだわりがあるそうです。1点は厚めの前髪。それは若いときから変わらずで、今やキヌさんのトレードマークだそう。もう1点は赤い口紅。「朝起きたらまず最初にするのがシャワーを浴びること。その後で赤い口紅を塗るの。その塗った瞬間から私の一日が始まるのよ。キヌといえば赤い口紅ね」。それは朝食をとる前からだそうです。
ビアリッツのフレンチママはすっぴんの人も多いのですが、そのキヌさんのこだわりは不思議と見る者を引き込む魅力があるんです。しかしオシャレだけの理由で赤い口紅を選んでいるのではなく、それは彼女のアイデンティティの一部になっています。とても素敵な習慣ですよね。毎朝新しく楽しい一日を迎えられる、こんな素敵なこだわり、ぜひ真似したいものです。

Michiko

雑誌『Fine』の編集に7年間携わったのち、波とワインに誘われ渡仏。選んだ先はスペインにほど近い、大西洋沿いのサーフリゾート地、ビアリッツ。そこを中心にフランスだけでなくスペインの海沿いで出会ったママさん、それにちなんだ情報を発信していきます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!