Facebook Twitter Instagram

出典:@mtmmakiさん https://www.instagram.com/p/BHCTB5aBlEU/

Beauty

簡単&時短なママのヘアアレンジには、カフポニーとマジェステさえあれば♡

時間がないけど簡単に、おしゃれなヘアにしたい!そんなときに頼れる、今っぽいヘアアクセはこちらです♪

ママのヘアアレンジってどうしても簡単なものになりがちですよね。ひとつ結びかくるりんぱ、手が込んでいても三つ編みくらい…。そんなシンプルなアレンジでも、ぐっとおしゃれに、そして今っぽく見せてくれるヘアアクセサリーが「カフポニー」と「マジェステ」なんです。

ひとつ結びがおしゃれに変身!カフポニーはインフルエンサーにも人気❤︎

カフポニーの使い方は、まず黒いゴムの部分で髪をまとめて、次にエナメルのつなぎめの部分を開いてゴムの上にパカっとかぶせるだけ。
超簡単なのに、ただのひとつ結びが大人っぽくおしゃれにキマるから、ママにこそつけてほしいヘア小物なんです。
インフルエンサーも続々と身につけていますよ。

出典:@mtmmakiさん https://www.instagram.com/p/BG-rhiGlLeE/

上の写真の左側のカフポニーをつけるとこんな感じに。
こちらはママたちに絶大な人気を誇るインフルエンサーの金子麻貴さん。#franceluxeのカフポニーだそうです。レザー調の質感とゴールドが高級感ありますよね。

出典:@mtmmakiさん https://www.instagram.com/p/BHCTB5aBlEU/

おなじみの村田優さんも「ただのひとつ結びがおしゃれに見える❤︎」とカフポニーを絶賛!
トップだけじゃなく、襟足も引き出すのが抜け感を出すコツだそう。
シンプルなシルバーのカフポニーは#lavishgateのものです。

出典:@yu.rmさん https://www.instagram.com/p/BF-Y6w0Effw/

阿部まきさんは、ご自身が運営されている#unChouのカフポニーを愛用。
低めのひとつ結びも、高めで結んだポニーテールもこなれて見えますよね。

出典:@makincoabeさん https://www.instagram.com/p/BBr5ZTrvtis/

華やかにまとめたいならスティックで留めるマジェステを♪

マジェステとは、スティックで留めるタイプのヘアアクセサリーのこと。
ヘアコームやゴールドピンに代わる、大人っぽくておしゃれなヘア小物として台頭してきつつあります。
種類も豊富だから、つい集めたくなっちゃうんです❤︎

出典:@antwarp_nishinomiyaさん https://www.instagram.com/p/BLDP2D8jXva/

パールやビジューのついたものを選べば、パーティーヘアにも対応できます。
サロンでヘアセットしてもらう場合でも、ヘアアクセを持ち込むとバリエーションが広がりますよ❤︎
こちらはご姉妹でお揃いに。ヘアのリンクも新しくて可愛いですね!

出典:@kayo.k.g.0909さん https://www.instagram.com/p/BLCwPCXD71Y/

普段使いにぴったりなのはべっ甲タイプ。
ほどよくシンプルでほどよく大人っぽく、でもエレガントにキマります。

出典:@anemone_officialさん https://www.instagram.com/p/BMTXP-SBd5z/

甘く仕上げるなら、じわじわキテる「ハートアロー」のマジェステ!

ちょっと甘めにしたいなら、マジェステの中でも「ハートアロー」がおすすめ。輪っかタイプのハートに矢が突き刺さったデザインは、インパクトがあって後ろ姿が可愛く盛れます。

出典:@naaaaatsum1さん https://www.instagram.com/p/BLADtS0hyHY/

こちらのハートアローは、なんとセリアのもの!
こんなにおしゃれなヘアアクセも100均で手に入っちゃうんですね❤︎
シンプルなハーフアップが手の込んだヘアアレンジに見えます。

出典:@082_momokaさん https://www.instagram.com/p/BNwmzzSjymT/

両サイドを三つ編みにしたキュートなひとつ結びのママさん。
活発な男の子ママには、動きやすくて甘さもあるヘアってうれしいですよね!

出典:@yuima____rさん https://www.instagram.com/p/BNgXBi5AFAP/

凝ったアレンジはむずかしくても、ヘアアクセひとつ加えるだけなら簡単!
髪型が盛れると気分もアガりますよね。旬なアクセを取り入れて、毎日をハッピーに過ごしちゃいましょ♪

おざきゆか

サッカーと旅をこよなく愛するライター。ティーン誌の編集を経て、2006年ドイツW杯を機にフリーランスに。ラテン系の夫、4歳・0歳の男児2人と港区在住。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp