mamagirlより

Baby&Kids

ミキティ教えて! 2人の子育てでの困りごと、どう解決してる?vol.1

現在、5歳になる男の子と1歳半の女の子のママである、藤本美貴さん。2人の子育てをするなかで、日々大変だと感じていること、そして、困りごとに対する“ミキティ流”解決法について聞きました。

とにかく時間がない! 1人で2人の面倒を見るのって大変

「ママになってからいつも感じているのは、とにかく毎日時間が足りないということ! 基本的に、子ども達が幼稚園や保育園から帰ってきてから、寝るまでのゴールデンタイムがすごく忙しいですよね。大抵、ダンナさんはその時間帯にはいないから、全部私1人でやるわけじゃないですか。1人で2人にご飯を食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつけて、っていう流れを1人でこなすのは大変なんですよね。部屋の灯りを消して「とにかく、早く寝て!」という感じで、毎日なんとか寝かしつけていますけど。唯一、ありがたいのは、夜の8時半に寝てくれること。それだけは救いかな?(笑)」

悪いことをしたときに叱るのも親の役目。ついつい面倒臭くて許しちゃったりしてませんか?

「実は私、ママ友のなかでも、厳しいママで有名なんですよ(笑)。ダメなことはどこに行ってもダメ。きちんと叱ります。たとえば、お兄ちゃんがお気に入りの戦隊ヒーローモノの録画をずっと見てばかりいて、ルールを守らなかったときには、「この録画があるからいけないんだ!」と思って、全部消してしまいましたしね。子どもがダダをこねて困ることもあるんですけど、そういう時は、前もって伝えておくと、わりとわかってくれるので、ウチでは、なるべくやって欲しくないことは、前もって言うことにしています」

mamagirlより

ミキティ自身はどんな子どもだった?

「私自身は4人兄弟の末っ子で、兄と2人の姉がいます。みんな2学年ずつ離れていて、おまけに両親とも働いていたので、兄や姉にいろんなことを教えてもらった感じですね。怒られてもめげない性格で、母親からは、「この子は気が強いなーと思った」と言われて育ったんです。子育てしていると、結構大変なこともあるんですけど、あんまりストレスは溜めないほうですね。嫌なことをあまり引きずらないんですよ。我慢せず、言いたいことは言う、みたいな(笑)かといって、ワーーー!! って大声で叫ぶみたいなことはないし。たとえば、事務所のマネージャーとちょっと険悪な雰囲気になったとしますよね。そんな時は、電話に出なくなる、みたいな(笑)。でも、次の日はいつもどおりです。言いたいことを言って、それが解決したら、「終わったじゃん!」って感じ。男みたいなんですよ。ね? そうだよね?」(マネージャーさん黙って頷く)。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!