Fashion

注目のべっ甲ピアスを手作り。大きめパーツだから不器用でもOK!

誌面でも人気のハンドメイド連載がKirarapostに登場! ママ先生がレクチャー。

子どもが寝た後の時間でサクッとできちゃうものだけをご紹介。おしゃれママが注目している幾何学ピアスの作り方をレクチャーします。好みのパーツを繋げるだけだから不器用さんでも失敗なく作れますよ♫

洗練度がグッと上がる!「幾何学ピアス」

手芸屋さんで手にはいる、丸や四角のパーツを組み合わせるだけだから失敗知らず! 配置や形を変えるだけで印象がガラッと変わるので、オリジナルデザインを作っても。

●材料

A_ハンドドリル
B_ピアス 芯立(ゴールド)/貴和製作所で購入
C_デザイン 丸カン ツイストNo.2(ゴールド)2つ/貴和製作所で購入
D_デザイン Cカン(ゴールド)/貴和製作所で購入
E_アクリルパーツ べっ甲(スクエア)/パーツクラブで購入
F_アクリルパーツ べっ甲(サークル小)/パーツクラブで購入
G_アクリルパーツ べっ甲(サークル大)/パーツクラブで購入
H_強力接着剤(エクセルエポ)※2つの液を混ぜて使用します/貴和製作所で購入

作り方①ピアス芯をつけるための準備

ピアスの一番上に配置したいアクリルパーツ(G)の表に、ハンドドリルで穴が貫通する手前まで掘っていきます。これがピアスの立芯(B)を差し込む位置になります。

作り方②べっ甲パーツを接着剤でくっつける

ラウンド小(F)に接着剤を塗り、①で開けた穴を上にして机に置いたラウンド大(G)に重ねて接着させます。

作り方③ピアスの立芯をパーツにくっつける

①で開けた穴に接着剤を垂らし、ピアスの芯立を差し込む。乾くまで30分ほど待ちます。

作り方④べっ甲パーツを丸かんでつないで揺れるように

③が乾いたら、スクエアとサークル(小)にそれぞれ丸カンを繋げます。Cカンを間にして、丸カン同士を繋げスクエアとサークルを1本に。

これで、完成です!

丸や四角のパーツは組み合わせるだけで、モード感がほんのり漂うピアスが完成。カジュアルコーデにさっと付ければ一気にお出かけ仕様に。手作りとは思えない高見えのするデザインで大人ママにも馴染みます。

今回レクチャーしてくれたのはAyaママさん

小5男の子、小3女の子の専業ママ。「こんなのがほしい!」から始まったアクセサリー作り。「道具の扱いがわかるお姉さん、お兄さんなら、子どもと一緒に作るのもオススメです。私も娘と一緒に手作りアクセを楽しんでいます♫」
インスタグラムアカウントは@___coloriage___

撮影/草間智博(TENT) 構成・文/根本美緒

撮影/草間智博(TENT) 構成・文/根本美緒

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!