Fashion

ハサミでカットするだけ!「切りっぱなしつば広帽」アレンジ

エレガントなつば広帽だけど、今年はリムが切りっぱなしになったラフな感じがきてるんです。
プチプラハットがベースなら思い切ってカットするのもチャレンジできちゃいますよね!

高見え抜群な切りっぱなしにバンダナがついたつば広ハット。実は材料費も抑えめなうえ、ちょっと手の空いた時間にできちゃうのでぜひ挑戦してみてください♫

ビーチリゾートに連れて行きたい♫「切りっぱなしハット」

つば広ハットは、手でほどきやすいように網目がざっくりと大きめのものを選ぶこと。つばのふちをチョキチョキとカットして、手でひたすらほぐせば注目のカットオフハットが完成。バンダナリボンで後ろにボリュームをつけることで、レディな品の良さが加わります。

●材料

A_つば広ハット/H&Mで購入 
B_グルーガン/ダイソーで購入
C_ハサミ
D_バンダナ/ダイソーで購入

作り方① つばの外側をカットする

つばの網目の横のラインに沿って、ぐるりと1周カット。なるべくつばの外側をカットしてください。

作り方② 切り口を手でほぐす

切り口を手でほぐしていきます。バランスを見ながらバサバサの長さを調整。今回は2段分の網目をほぐしました。

作り方③ ハットについているリボンをカット

もともとハットについていたリボンは好みでカットしてください。

作り方④ バンダナを三角に折る

用意したバンダナを三角に折ります。

作り方⑤ バンダナを折って結びリボンの形に

三角にしたバンダナをびょうぶの様に折ったら1回結んで、リボンの形に整えます。

作り方⑥

ストローハットの後ろ部分に、グルーガンで装着して完成です!

これで完成です!

ラフになりがちな切りっぱなしデザインも白ベースのバンダナのリボン使いで大人にシフト。
かぶっても、砂浜やビーチマットの上に置いておくだけでも絵になりそうです。

今回レクチャーしてくれたのは Yarnerenaママさん

小1女の子のママ。元アパレル会社勤務。ファッションアイテムの企画やデザインを担当していた経験を生かし、ハンドメイドブランド“Yarnerenaヤーネレーナ”を立ち上げ、アクセサリーやニット小物を販売中。ママガール2017年夏号に掲載した“ポンポンジュートバッグ”はママガール読者に大好評!
インスタグラムアカウントは@yarnerena

撮影/草間智博(TENT) 構成・文/根本美緒

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!