mamagirlより 

Fashion

ママ向けシーン別アウターベスト3!丸めてポンできるものだけ厳選

いつも全力投球で忙しいママ。時間のないママにはたたむ時間も惜しい!
そんなときにシワになりにくかったり、汚れにくい素材のアウターなら、気にせず使えて便利ですよね♪
最低と最高の気温差が大きいシーズンに使える「丸めてOK」アウター、ママのライフスタイル別にリサーチしました!

できる女感を演出!ワーキングママにはジャケットがマスト!

ジャケット¥6,990/オペークドット クリップ 中に着たブラウス¥2,900/&.NOSTALGIA カーディガン¥17,000/ハリス グレース(ハリス代官山店) スカート¥7,800/マイセルフ アバハウス(アットシェルタ) ネックレス¥1,500/お世話やバッグ¥23,000/UNTITLED 靴¥12,000/Omekashi(Omekashi ルミネエスト新宿店)

ノーカラージャケットは、働くママの戦闘服!
ノーカラーで秋らしさを満喫できるので、オシャレも楽しみたい“ワーママ”にピッタリのアイテムです。

ノーカラーを選ぶポイントは、しわになりにくく、きちんと感があり、レイヤード見せできるフロントデザインがベスト☆
女性らしさのあるひとつボタンだと、かっちりしすぎることがなく、気軽に普段使いができます。

ベビーカーママには脱着しやすいコーディガンが便利

コーディガン¥2,990/アメリカンホリック(アメリカンホリック プレスルーム) 中に着たニット¥4,900(税込み)/Gapフラッグシップ原宿 デニムパンツ¥4,900/テチチ テラス(キャン カスタマーセンター) ストール¥8,900/DRWCYSバッグ¥32,000/ヴィオラ ドーロ(シップス 二子玉川店) 靴¥5,800/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

いつもの部屋着に羽織るだけで、一気に秋モードへシフトチェンジできるのがコーディガンのいいところ。
ちょっとそこまで買い物に行くときなどに、おすすめの動きやすいコーデなので、“ベビーカーママ”にピッタリです。

トレンドのテラコッタ系コーディガンとチェックのストールで、簡単秋コーデママに変身できます。
さっと羽織れる軽素材コーディガンは、脱いだときにシワになりにくい生地や、汚れにくいものをチョイスしておけば、子どものひざ掛けとしても大活躍☆

キルティングでスタイリッシュな園ママスタイルを楽しむ

キルティングコート¥8,500/グランドパーク、中に着たカットソー¥2,900/ニコル ホワイト(ともにニコル) パンツ¥7,990/イェッカ ヴェッカ(イェッカ ヴェッカ 新宿) バッグ¥4,900/カシュカシュ(アンビリオン) 靴下¥1,000/17°C(Blondoll 新丸の内ビル店) 靴¥15,000/ポニー(丸大)

幼稚園・保育園へお迎えに行くときには、遊び足りない子どもと一緒に動けるようなスタイリッシュなコーデがおすすめ。
どんなアイテムとも合わせやすいカーキのキルティングアウターは、カッコいい“園ママ”スタイルに仕上がる万能アイテムです。
野暮ったくなりやすいカラーなので、腕をまくることで抜け感を演出し、女性らしさをプラスしましょう。

軽い素材感が旬の秋アウター

この秋は、サッと羽織るだけで様になるアウターが目白押し!
薄手のアウターは、冬にはコートの下に着ることもできるので便利です。シーン別で使い分けて秋のアウターコーデを楽しみましょう。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]