mamagirlより 

Beauty

ピラティスで産後の体を引き締めよう!すきま時間で簡単エクササイズ♪

リハビリを基に作られたピラティスは、体に負担をかけずに体幹を安定させ、インナーマッスルを強化することを目的としています。体力が落ちやすい産後には、体への負担が少なくピッタリなんです。
産後の気になるお腹とお尻の脂肪を、“脚上げ”と“脚パカ”の2つのピラティスエクササイズでスッキリ引き締めましょう♪

エクササイズ1 ピップアップに効果的な”クラム”

クラムとは、貝が開いたり閉じたりするイメージで脚を開閉するモーションピラティスです。股関節を意識して脚を開閉することで、普段使われにくいお尻の筋肉を刺激。ピップアップ効果が期待できます。

1 マットの上に左半身を下にした横向きでスタンバイ☆

タンクトップ¥11,389、パンツ¥14,538、ヨガマット¥10,926/以上イージーヨガ(イージーヨガジャパン)

左腕は頭の下からしっかり伸ばす。両足は90度に曲げ、座骨と床が垂直になるように意識する。
※ おしりとかかとが一直線になるように足を曲げるのがポイント!難しい場合は、壁を使ってもOK。

2 ゆっくりヒザを開いていく

息を吐きながらヒザを開いていき、限界まで開いたら3~5秒キープ☆両かかとが離れないように注意しましょう。

3 息を吸いながらゆっくりヒザを閉じる

股関節の奥から動かすイメージで、意識しながら戻しましょう。逆サイドも同様に。
1~3の1セットを左右8回行う(2分30秒~3分ほど)

エクササイズ2 インナーマッスルを鍛える”ハンドレッド”

ハンドレッドとは、脚の重さを腹部と上半身で支えることでインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。お腹を意識してスッキリとしたお腹に戻しましょう。
1 マットの上にあお向けになり、内モモを締めたまま両ヒザを90度に曲げる。
2 頭をアゴを引きながら持ち上げ、肩を床から離す。
3 浮かした肩はそのままに、腕を床と平行に伸ばし、脚を斜め上に向かってピンと伸ばす。
※足先までまっすぐに伸ばすのがポイント
4 体勢をキープしたまま、腕をバウントさせながら5カウントで息を吸い、次の5カウントで息を吐きます。この1~4が1セットで、10セットが理想です。

簡単にできるのがおうちピラティスの魅力

おうちでできるピラティスは、すきま時間で行うことができる簡単なエクササイズです。
”ハンドレッド”は、呼吸を意識するとより効果的。
”クラム”は、ピップアップだけでなく、骨盤を安定させる効果も期待できます。

体の引き締めや体力づくりのために、ピラティスを上手に取り入れましょう。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!