mamagirlより

Fashion

ママのマストアイテムぺたんこ靴をテイスト別に紹介!

子どもを抱っこしたり、追いかけて走ったり…。ぺたんこシューズなしでは考えられないママコーデ。
ハンサムママもフェミニンママも、コーデのテイストが違えば、選ぶシューズも違ってきますよね。
それぞれのファッションテイスト別に、これからの季節に欲しい1足を選びました!

ハンサムママにはローファーがおすすめ♪

トップス¥19,000、ビスチェ¥11,000、バッグ¥21,000/以上グレースコンチネンタル(グレースコンチネンタル ショールーム) パンツ¥3,990/アメリカンホリック(アメリカンホリック ショールーム)

流行のビスチェは、この秋冬のコーデにも欠かせないアイテムです。ハンサムママが着る場合は、足元はきちんと感のあるものをチョイスするのが◎
ぺたんこだけど、歩きやすいローファーがおすすめ!

はいたのはこのローファー!

¥6,900(ヒール高1cm)/CAMILLE BIS RANDA

正統派のシンプルなデザインのローファー。ブラウンカラーが、ゴールドのビットを際立たせてくれます。

ファーのついたビットつきローファーもおすすめ

¥14,000(ヒール高2cm)/ダイアナ(ダイアナ銀座本店)

定番の服にこそ、アクセントの効いたローファーがおすすめです。
デニムやチェック柄のパンツなどの、定番アイテムのコーデには、足元はトレンドをしっかり取り入れましょう。
流行のくすみピンクに、ファーがついた旬顔のローファーは、今シーズンにおすすめの1足です。

ベロアローファーで、素材に季節感を!

¥13,500(ヒール高1.5cm)/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

トレンドのベロアは、ローファーにも取り入れましょう。
黒×ビジューつきなら、結婚記念のディナーや、ちょっとしたおよばれパーティーなどの、ドレスアップしたい日にもおすすめです。

フェミニンママにはバレエシューズがぴったり☆

ニット¥9,800/I.T.ʼS.international パンツ¥15,000/INÉD ベレー¥9,500/マチュアーハ(リフラティ シップス ららぽーと立川立飛店) バッグ¥8,900/カカトゥ(アンビリオン)

プリント入りのバレエシューズは、少し子どもっぽくなりがち。合わせるのが難しいイメージですが、辛口カラーを持ってくれば、失敗なしのこなれたコーデになります。
無地コーデは地味になりがちですが、かわいさ全開のプリント入りのバレエシューズなら、華やかな着こなしに♪

はいたのはこのバレエシューズ!

¥4,537(ヒール高1cm)/ダブルエーオリエンタル トラフィック(ダブルエー)

紺色にシルバーの星柄がとってもかわいいバレエシューズ。暗くなりがちな秋冬のコーデも明るくしてくれます。

ほかにも!いろんなひとくせバレエシューズ

¥12,800(ヒール高1.5cm)/ビノシュ(カルネ)

光沢のあるグリッター素材は、派手に見えるので使い方がわからないという人もいらっしゃるかもしれません。
でも靴なら、グリッターの面積も小さいので主張しすぎず、適度なアクセントになります。シックなネイビーカラーなので、合わせるのも意外と簡単。

コスパ最強!GU(ジーユー)の秋色バレエシューズ

¥1,490(ヒール高0.7cm)/GU

トレンドのベロア素材のバレエシューズは、まさかの1,000円台!
GUのバレエシューズは、高見えするのにコスパは最強♪シックなこげ茶色はどのコーデにも合わせやすいのでおすすめです。

あなたはローファー派?バレエシューズ派?

ハンサムママもフェミニンママも、それぞれのテイストに合わせた旬のぺたんこシューズで、これからのおしゃれをめいっぱい楽しみましょう♪

とまと

小5のサッカー少年・小3おてんば娘・最近わがまま!?な年少の娘の、3人の母親をやっています。子ども服づくりが大好き!(でも最近時間なくてミシン触れてません(泣))

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]