Facebook Twitter Instagram

mamagirlより 

Lifestyle

字が読めない子でも片づけ上手になれるラベリングテク!

子ども向けラベリングは発達に沿って分かりやすくが鉄則!
兄弟がいる場合、文字がしっかり読める子やひらがなを覚え始めた子など、理解できる文字が同じではないので、それぞれの個性と発達に合わせたラベリングを心がけましょう☆

低年齢なら写真やイラストが分かりやすい

ひらがなを覚え中の4歳児前後くらいまでの子どもには、写真やイラストで何をどこにしまうのかを明確にしてあげると、おもちゃなどのお片付けがスムーズ!
無印などの口の広い入れ物を使えばポイポイ入れるだけなので、片付け作業も簡単です。
パソコンやスマホを使って画像を編集し、市販のシール用紙へ印刷するだけなので、簡単に作成することができますよ♪

字が読める子はオリジナリティーをプラス

字が読める年頃の子どもには、ひらがなラベリングと手書きイラストのラベリングのセットで自主性を尊重しましょう。
自分が書いたイラストを見て、何をどこへ片づけるのかを明確にできます。

子どもの意見を取り入れながら、使いやすい収納を作り上げていくのも面白いですよ♪
人目に付きにくい収納の扉裏の100均フックも、ひらがなラベリングで統一しましょう!帽子やカバンがかけられて便利なうえに、かわいいラベリングでいつ見てもハッピー気分☆

ラベリングと色分けの合わせ技で読めない子でもわかる工夫を

お風呂のシャンプー類にもラベリングしちゃいましょう!
ボトルを統一している場合などは、ラベリングだけだと字の読めない子は中身が分からなくなってしまいますよね。
そんな時は、識別リングを併用して赤はシャンプー、黄色はリンス、青はボディーソープと決めておけば、字が読めなくても色で中身を識別することができます☆

子ども目線でラベリング

おしゃれなラベリングもいいですが、家族みんなの使い勝手のいいラベリングを目指すなら、子どもの目線に立ってラベリングしてみましょう。色分けやイラストなど誰が見ても分かるラベリングにすれば、自然と子どもも片付け上手になっちゃうかもしれませんね☆

たまこ

絶賛男女双子育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪
キャンプやレジャーなどアウトドアも好きで、おうちキャンプも計画中。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp