LondonCorporateCab.com

News

ロンドン最大の名物!?冬の大型移動遊園地がやってきました♪

突如現れる特大の移動遊園地Winter Wonderland!!その魅力をご紹介します。

どんよりな天気も多い冬のロンドン。そんなロンドンの中心地、ハイドパークに突如現れるのがロンドンっ子の冬のお楽しみ、Winter Wonderlandです。キャサリン妃もお住まいのケンジントン宮殿のご近所、東京ドーム30個分の広さを誇るこのハイドパークはどの季節も人気の観光地。特にこの季節はイギリス国内外からこの巨大遊園地のためにたくさんの人が集まります。2018年1/1まで期間限定で開催されるこの移動遊園地に遊びに行ってきました!見どころをご紹介します。

即席で作っているとは思えない本格的な乗り物がいっぱい!

移動遊園地とは思えない大きさと種類!

本格的なジェットコースターも楽しめます!色んな意味で怖い!?

ただ見て回るだけでも充分楽しい♪

ホーンテッドマンションのようなお化け屋敷も発見!

子どもたちが大好きな乗り物も沢山あります!

まず着いて驚くのは、その規模と移動遊園地とは思えない本格的な乗り物や建物の数。ジェットコースターのような絶叫系から子どものためのメリーゴーランドやゴーカートまで多種多様な乗り物で、どの世代も楽しめるようになっています。遊園地自体の入場料は無料で、乗り物を乗るときにTOKENと呼ばれる専用のチケットを買って乗る仕組みです。乗り物の大きさに応じて3 TOKEN、5 TOKENと値段が変わります。

サーカスやアイスショーも♥

乗り物だけでなく、ショーが楽しめるのもWinter Wonderlandの見どころ。チケットは予約制でサーカスは週末は売り切れてしまうのでお早めに予約を!毎年変わるアイススケートショーの今年の演目は「シンデレラ」でした♪

縁日のような的当てコーナーもあります!

こちらは輪投げ。みんな真剣。

パパもチャレンジ!

パパは結果は残念だったけど、おまけで息子も投げさせてもらえました!優しい♪こういうお店の方との交流もWinter Wonderlandの楽しみ方の一つですね。

別のゲームで無事景品をもらえてご満悦のご様子。中々ゲームに勝てなかったパパもこれで一安心?!中には大人と同じぐらいのサイズのぬいぐるみを持って帰っているファミリーもいました。すごい!

こちらは日本の縁日のような的当てや輪投げ、くじ引きが楽しめるゲームコーナー!乗り物は苦手という方、お子さんが小さくて乗るのが難しいという方にはこちらがオススメです。筆者の息子も2歳なので、このエリアがメインになります。ゲームに勝つと、どうやって持ち帰るんだというくらい巨大なぬいぐるみや、iPad・PlayStation4などの豪華賞品ももらえます!そうなると、子どもたちより、パパやママの方が本気になっている光景もちらほら(笑)。私たちもボールをサッカーゴールに投げ入れるゲームにチャレンジしてみました♪

夜景の美しさは必見!

Visit London

Visit London

Tripadovisor

夜まで残れる方は是非ぜひ夜景をご覧ください!高い乗り物に乗れば、遊園地だけでなくビックベンをはじめ、テムズ川沿いのロンドンの観光地が一望出来ます。 私は遊園地の中でも一番遠くまで見渡せる絶叫乗り物にチャレンジしてみました!怖すぎて写真を撮り忘れましたが、乗る価値はありました(笑)。歩くだけでも昼間と違った景色を楽しめますよ♪

アイススケートのリンクやクリスマスマーケットもあります♪

アイススケートリンクではシューズの貸出もしています。なんだか外国映画のような雰囲気が素敵でした。みんなあまりにもスイスイ滑っていたので、怖気づいて今回は見学のみ。

可愛いお店の軒並み。

私が気に入ったのはハンドメイドのレザー雑貨ショップ。

もちろん、クリスマスマーケットも開催されています。可愛いクリスマス小物やハンドメイドのキャンドルやアクセサリーなど、ママが楽しめるお店がたくさんありました♪
移動遊園地の雰囲気を楽しんでいただけましたか?ロンドンの冬景色をこれからもどんどんレポートしていきますね!



過去のクリスマス記事はコチラをチェック!
イタリアでは“クリスマスツリーを飾る日”が決まってるってホント!?
ドイツのクリスマスマーケットに潜入♥
本場ヨーロッパのクリスマス風景をご紹介
クリスマスプレゼントのお買い物を子どもと一緒にするロンドンママ
クリスマスホリデーは、野外アイススケートリングで楽しみたい!

Emi

2歳の男の子のママ。現在旦那さんのお仕事の関係でロンドンに住み始めて3年。現在は、子育てをしながらフローラルデザイナーとして活動中!
新しいもの好き、映画好き、旅好きで、最近ハマっているのは、映画のロケ地めぐり!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!