Facebook Twitter Instagram

mamagirlより 

Lifestyle

子ども服の整理は4つの仕分けがポイント!【後編】

子ども服ってどんどん増えるし、捨てどきがわからないですよね。
「まだ使うかも」「思い出がいっぱい」そんな理由でママを悩ませる子どもグッズは、年始こそ見直しどき!
気になっていたものを片付けて、収納スペースも気分もすっきりしちゃいましょう♪

前回紹介した『子ども服の整理は4つの仕分けがポイント!【前編】』の続きの【後編】をご紹介します。前回からの流れも簡単に振り返るので、気になる人は【前編】も読んでみてくださいね。
【前編】はこちら⇒子ども服の整理は4つの仕分けがポイント!【前編】

洋服整理は4つの仕分けがポイントだった【前半】のおさらい

前回は、
<見直しどき>
●収納スペースから物が溢れている
●何を持っているか把握できていない
●物の存在感に圧倒されている
以上の3つを見直しどきとして紹介し、洋服を整理整頓する際には、大きく分けて2ステップのことを紹介しました。ステップ1は「残す」「捨てる」「迷う」「リユース」の4つに分類すること、ステップ2は迷うものは一つ一つ吟味することでしたね。また、いただきものを処分するときには、写真を撮って相手に送るということもアドバイスとして紹介しました。

次は、ステップ3とカテゴリー別のポイントを紹介します。

ステップ3 迷ったものをもう1度仕分ける

ステップ2を踏まえて、洋服を再度4つに分類すると「迷う」ものが、他のカテゴリーに振り分けられ、ぐっと減ったことが分かりますね。
思い切って仕分けることで、ずいぶんと捨てるものやリユースするものも増えました☆
次はカテゴリー別の4つのポイントを見ていきましょう!

ポイント1 「残す」ものは普段使いと思い出系に分けて管理

残すものは、普段使いする洋服と思い出が強いものが大半を占めるはず。普段使いするものは、今までどおりクローゼットやタンスへしまいましょう。
見ているだけで幸せになれる思い出の品は、人生に必要な物なので、別のボックスに入れて管理するのがベター。
ボックスから溢れてしまった場合は、その都度見直してみて♪

ポイント2 「捨てる」ものはすぐに処分が鉄則!

捨てるものは、原則すぐに処分しましょう。
後で捨てようと思って置いておくと、他の仕分けした洋服と混ざってしまったり、気持ちが変わってしまったりと捨てられなくなります。
そうなると本末転倒なので、すぐに捨てられない場合は、捨てる用のボックスなどに入れて別々にしておきましょう。

ポイント3 「迷う」ものは半年おきに定期チェック

どうしても決められないものは、迷いボックスへ入れておきましょう。
普段使いするのが難しいものが大半だと思うので、他のものと分けて管理し、半年ごとやシーズンごとに見直してみて☆
サイズオーバーや好みの変化で、案外あっさりと仕分けができるかもしれません。

ポイント4 「リユース」は「いつ」「だれに」を明確に

「いつ」「だれに」が不透明な「リユース」は避けましょう。
マメな人はネットフリマなどでリユースが可能ですが、マメじゃない人は「いつかやる」内に普段使いのものと混ざってしまう可能性が大!
そんな人は、身近な友人や親戚などに譲ったり、一気にリサイクルショップへ持ち込んだりと、まとめてすぐ手放せる方法がベター☆

キレイに収納するまでが整理整頓です

洋服を全て仕分け終えたら、元の場所へ収納していきましょう。
捨てるものが出た場合は、使っていた収納ケースに1~3個ほどの余裕が生まれることもあります。クローゼットもスッキリ収納できるようになるので、出し入れもラクラクです♪
溢れていた洋服がキレイに収まれば、スペースも気持ちスッキリ!
定期的に洋服の整理を行って洋服を把握していれば、不要品を買うことも避けられるかもしれませんね☆

しっかり考えて仕分けよう

今回の仕分け術は、捨てるものや譲るものがあるので、しっかり考えて公開しない仕分けを心がけましょう。年末の大掃除と一緒に洋服も整理して、スッキリした家と気持ちで新年が迎えられるといいですね♪

子ども服の整理は4つの仕分けがポイント!【前編】

たまこ

絶賛男女双子育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪
キャンプやレジャーなどアウトドアも好きで、おうちキャンプも計画中。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp