ジムトンプソン ファームで有名なカボチャのオブジェ

News

週末トリップ!タイの避暑地”カオヤイ”へ

バンコクから車で3〜4時間のところに位置する”カオヤイ”。ママ友のオススメだけあって子どもも満喫!

11月から乾季に入り、雨の心配も少なくなり過ごしやすい日も増えました。旅行にベストシーズンということで、タイの軽井沢と呼ばれている”カオヤイ”へGo!

バンコクからどうやって行くの?

広い駐車場が完備されているのでスムーズに到着

行きたいけれど、パパの会社では自分たちで車を運転することが禁止されています。どうやって行こうか?と悩み、ママ友に調査すると、運転手さん付きの車をチャーターする、もしくはパパのドライバーさんに交渉して連れて行ってもらうの二者選択がほとんど。慣れたドライバーさんと,
慣れた車の方が、子ども自身がリラックスできるので、今回はパパのドライバーさんに交渉!
マイカーを持っている方はご自分で行っているようです。もちろん、ツアーで行くことも可能です。大きな渋滞はありませんでしたが、途中、トイレ休憩を挟んで4時間かかり『ジムトンプソン ファーム』に到着。果たして子どもは楽しめるのでしょうか!?

タイシルクで有名な『ジムトンプソン』の農場へ

お花畑エリアではチョウチョやトンボと追いかけっこ

子どもたちはグリグリと力をこめて脱穀に夢中

陶器のペインティングは100バーツ(約340円)前後でできます

蚕を湯でて、絹糸を取り出す作業に大人も子どもも興味津々

お花畑やカボチャのオブジェ、タイ東北部にあたるイサーン地方の農村を模したエリアなど、見所はたっぷり。蚕から絹糸を紡ぐ伝統的な手作業を目にすることもできました。ファームで収穫されたカボチャや野菜、ジャムや物販など、お土産が買えるマーケットエリアもありました。ポップコーンやフレンチフライ、シュウマイなど小腹を満たしてくれる売店がちょこちょこあるのも安心。そう、トイレも清潔でしたよ!
子どもが飽きずに見られて、お土産を買い終えるまで所要時間は約4時間。
毎年、12月上旬から約1カ月間ほどしかオープンしていないとのこと、親子で楽しめるので一見の価値あり!!チャンスがあれば行ってみてくださいね。

続いては酪農場『チョクチャイファーム』でウシとご対面♡

ファームツアーに参加しなくてもエサやり体験はできます

ファームツアーは2時間半〜3時間ほどかかります

子連れでカオヤイといえば『チョクチャイファーム』だそう。ここも駐車場が広く、混んでいる感じはしませんでしたが、下調べ不足だったことを反省。。。ファームツアーはスタート時間が決まっており、11時のツアーに参加しようとチケットを購入すると、なんと13時半まですでに満席!仕方なく13時半のチケットを購入して、エサをあげたりランチをして待つことにしました。

併設されているステーキハウスやステーキバーガーショップは大行列!

ファームツアーに行かなくても、羊や牛にエサをあげられたり、ポニーに乗ることもできます。ランチタイムにはレストランが大行列。ステーキやステーキバーガーが人気のようで、美味しそうです。お腹を空かせた子どもたちは待てず、車で10分ほど移動してアウトレットでランチしてカムバック。

楽しみにしていた牛の乳しぼりは?!

待ちに待った乳しぼり体験は。。。子どもはNG

ウシのお尻がずらーり

ファームツアーでいちばん楽しみにしていた乳しぼり、なんと、子どもはできませんでした。大人も全員ができるのではなく、なんと挙手制で数名だけしか参加できないシステムに。

アイスクリームや牛乳が作られている工場見学

工場見学では、ひと口サイズのラムレーズンアイスクリームが試食できました。ガイドさんはタイ語と英語で説明してくれます。

子どもたちはこのポニーに乗ってご満悦♡

アイスクリームを食べながら、カウボーイショーを見学

ファームツアーの最後には、馬やポニーに乗れたり、ドッグショーやカウボーイショーを楽しむことができます。初めてのカウボーイに子どもたちは釘つけ。子どもには迫力満点のよう。敷地が広く、エリアごとの移動はトローリ。子どももグズらず、最後まで楽しんでくれました!

12月上旬の日曜日、13時にはファームツアーチケットはすべて完売していました

今回は、初のカオヤイということもあり、子どもが絶対に楽しめるという2カ所を訪れてみましたが、ほかにも国立公園や有名なワイナリーもあるので、また次回のお楽しみにしようと思います。朝晩は涼しかったですが、日中は半袖でOK。12月中旬から1月、2月にかけてはさらに涼しくなるようなので、上着は必須だそうです。都会のバンコクから離れたカオヤイで、自然と触れ合えるショートトリップ。ママ友が勧めるのも納得できました!

森由紀子

出版社にて、女性ファッション誌の編集を経てフリーランスに。現在は、7歳の娘と4歳の息子のママ。実家のある京都へは、子どもの長期休暇に あわせて里帰りし、下鴨神社でしっかりとパワーを注入! ほほえみの国、タイ・バンコクに引っ越して1年。山あり谷あり、ワクワクドキドキ☆ なバンコク生活でのリアルな奮闘記、街ネタをお届けしていきます♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!