リバティー本店の期間限定クリスマスショップ

Lifestyle

ロンドンのクリスマスデコレーションは生木とオーナメントで本格的に!

ロンドンの見てるだけで楽しいオーナメントと冬の風物詩、生木のツリーショップをご紹介します!

クリスマスシーズンは毎年ツリーの飾りが所狭しと並び、見ているだけでとても楽しいもの。クリスマスショップには細かなクリスマスオーナメントから、自分で作れるリースのキットなど、クリスマスを盛り上げてくれるアイテムやアイデアが盛りだくさん!
その中でも特にオシャレなデザインが集まっていると人気のリバティー本店でオーナメントをチェックしてきましたよ!

充実したオーナメントのラインナップ!今年の旬はクジャク!?

リバティ柄が日本でもお馴染みのロンドンの老舗デパート、リバティを覗いてみると、可愛いオーナメントがズラリ。普段はインテリアコーナーになっているエリアが一面クリスマスになっていました!!
色別に分かれていて、緑や赤、白などの定番色はもちろん、青や紫までも豊富にそろえてあって、少し違うクリスマスデコレーションを目指している方も気に入るデザインが見つかるはず♪
毎年リースやオーナメントのデザインも流行りがありますが、今年のイギリスのトレンドはクジャク!!キジや鳩は、イギリスのクリスマスソングにも出てくるので納得ですが、なんでクジャク?!謎は解明されませんが、店内はフェルトで作ったクジャクのマスコットや羽、クジャクモチーフのオーナメントがワンコーナーを占領。夏のフラミンゴに続く鳥モチーフブームが来てるかも!?

定番の赤のコーナーです。見てください、この種類の多さ!この手に持ってるハートのオーナメントがアリスみたいで可愛くて気に入りました♪

こちらは白1色!どれも繊細で大人なデザイン。もう少し子どもが大きくなったらホワイトオンリーにしてオシャレなモノトーンクリスマスにしてみたいなと思いました。

イギリスらしいデザインのコーナーも!お土産にも喜ばれそうですよね。

出た!クジャク!!なんだか素朴な顔で親しみやすいですね。クリスマスシーズンじゃなくても飾れそうですね。

1面クジャクカラーのコーナー。定番のデザインには飽きたという方は是非ぜひトライしてもらいたい上級者コーナーです。

イギリスのクリスマスツリーは生木が主流!!

この時期になると、教会の広場や道端など、街のあちこちでクリスマスツリーの販売が始まります。値段はサイズや産地によって変わります。5フィート(152センチ)で35ポンド(約5000円)、8フィート(243センチ)で13000円ほどです。
街ではネットに入れられたツリーを担いで家路に急ぐマッチョなお父さんをよく見かけます(笑)。写真がなくて残念!
カフェやレストランも生木のツリーが多く、もみの木のいい香りがクリスマス気分を盛り上げてくれます。
我が家も生木に昨年チャレンジしたのですが、もみの葉がパラパラ落ちてきてしまい、掃除が大変すぎて断念(涙)、今年はフェイクですが、またチャレンジしたいなぁ。
そしてクリスマスツリーは一年毎にお別れ。リサイクルポイントに毎年山のように積まれます。ちょっと寂しい光景です。イギリスでは1月6日に飾り付けを外します。そこに合わせてリサイクル業者が各リサイクルポイントまでツリーを回収しに来てくれます。中には、歩道に丸投げするというルール違反な人も。
確かに手入れやお片付けは大変だけれど、香りや雰囲気は生木が一番。とっても素敵な生木のクリスマスツリー、皆さんもチャレンジしてみては?

大小様々なツリーの数々。なかには3メートル超の大物も。種類も色も選べます。

連日たくさんの人がツリーを買いにやって来ます。スタッフさんが常駐している小屋もクリスマスらしくて可愛いですね!サンタの帽子を被ってお出迎えしてくれます。

こんな風に専用ネットに入れられて出荷されます。

お花屋さんに行くと、ハンドメイド出来るリースの素材も売ってました!

この時期はお花屋さん巡りも楽しくて、リースの飾りになる花材もたくさん売っています。ナチュラルを愛するイギリス人らしく、ハスや木の実など素朴な素材が目立ちました。

イギリスのトップ10に入るお花屋さん、Wild at Heartではリースための飾りがたくさん売ってましたよ!内装もオシャレです。

ハス、ドライオレンジ、シナモンスティック、ドライアップル、香りも楽しめる素材がたくさん!

いかがでしたか?

今回はロンドンのクリスマス飾りをご紹介しました。クリスマスも目前、皆さんもクリスマスデコレーションを楽しんでくださいね♪



過去のクリスマス記事はコチラをチェック!
イタリア家庭の部屋を飾る様々なクリスマスツリーは今年もゴージャス!
イタリアでは“クリスマスツリーを飾る日”が決まってるってホント!?
ドイツのクリスマスマーケットに潜入♥
本場ヨーロッパのクリスマス風景をご紹介

Emi

2歳の男の子のママ。現在旦那さんのお仕事の関係でロンドンに住み始めて3年。現在は、子育てをしながらフローラルデザイナーとして活動中!
新しいもの好き、映画好き、旅好きで、最近ハマっているのは、映画のロケ地めぐり!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!