mamagirlより

Lifestyle

溜まっていく子どもの作品類を片付ける4つのポイント

保育園や幼稚園、小学校に通い始めると増えてくるのが、子どもが一生懸命作った絵や工作などの作品です。成長の証に保管したいと、ひとまとめにしてクローゼットの中に入れているママも多いのではないでしょうか?今回は、子どもの作品をスッキリ片付けて、オシャレに飾る方法を伝授!お片付けの際に実践してみてください。

STEP1 片付けるタイミングを逃さない

クローゼットや押し入れに入れられている作品は、新しいモノが追加になったときが見直しのタイミングです。
そのときに、キレイに保管できていなかったり、色あせたりしているモノは手放す覚悟を決めましょう。
ここで選別ができないと片付けが進まないので、しっかり選別してくださいね。

STEP2 飾るスペースを確保する

選別が終わったら、次は作品を飾るスペースを確保しましょう。
せっかくの力作をしまっておくのはもったいない!立体作品でも絵でも、飾れる場所を確保できれば、インテリアとして活用できますよ☆

STEP3 飾るor飾らないに仕分ける

保管している作品は、飾るものと飾らないもので仕分けをしましょう。
飾るものには、子どものお気に入り作品や、特に頑張った作品などを選ぶのがおすすめです☆
作品を飾るだけでも子どもはうれしいものですが、飾ることで自己肯定感(存在意義や自らの価値)を高めることもできます。

STEP4 オシャレにデコって飾る

飾るスペースに作品を飾り、リビングであれ、玄関であれ、みんなの目に入る位置に飾るようにして楽しみましょう!
画用紙のフチをカラフルなマスキングテープで飾ったり、マスキングテープで壁に張ったりすれば、特別感のある雰囲気に仕上がりますよ♪
また、新しい作品が入ってきたタイミングで、片付けと並行して入れ替えるようにすれば、飽きることもないでしょう☆

★そのまま飾る以外に、ファイリングや別の方法で保管してもOK

飾らない作品は、袋などにひとまとめにせず、年度別にファイリングしたり、大きな画用紙を表紙代わりにして冊子風にまとめたりすれば、本棚に収納することができます☆

額:©Mamiko Aida アート:こども画伯 写真:@momo_peng228

他にも、額縁に入れることで素敵な印象になり、子どもの自尊心を刺激!さらに制作意欲を高めちゃうかもしれませんね。
「こども画伯(http://www.geocities.jp/kodomogahaku/index.html)」というサイトでは、子どもの独創的な絵を、色彩豊かにグラフィックアートへ変身させてくれます。インテリアとして活用したい人におすすめです♪
収納スペースがない人は、写真で保管するといいでしょう。
作品用のアルバムを作れば、作品集として見返すこともできて一石二鳥ですよ!

作品は「飾る・残す・まとめる」が鉄則

ごちゃごちゃとしがちな作品を、インテリアとして飾れば、作品に愛着がわき、ファイリングして残す作業も苦にはなりません。飾るだけで子どもが喜んでくれるなら、今一度、仕舞ってある作品を見返して、整理してみませんか?

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!