Facebook Twitter Instagram

mamagirlより

Fashion

【季節別】公園でもかわいい☆おしゃれママコーデ!

子どもと手軽に遊べる場所といえば、遊具や広場がある公園ですよね。大規模なアスレチック遊具がある大きな公園や、地域ごとに常設されている小規模な公園まで種類はさまざま。近所の公園だからと、気を抜いた格好で遊びに行くと、ママ友と出会ってしまった!もう少しおしゃれしてくればよかった!なんて経験をした人も多いのでは?そこで、季節別の公園ママコーデをピックアップ☆季節ごとの着こなしポイントをチェックして!

■公園ママコーデのコツとは

出典:mamagirl2017春号より

出典:mamagirl2018冬号より

公園に出かけるときのママコーデは、動きやすいことが大前提! シューズは、スニーカーなどの歩きやすい、動きやすいものがベスト。少しおしゃれに決めたいなら、バレエシューズなどのぺたんこ靴がおすすめです。移動時に子どもが道路へ飛び出したり、公園に着いてから遊んだりするときに、サッと動けますよ!

また、公園コーデのポイントになるのが締めつけ感☆
ベビーカーママなら、楽にしゃがんで座席の下の荷物が取り出せる、締めつけ感のないタイプのボトムを選んでみて。走り回ることもあまりないので、スカートも楽しめますね!
アクティブな子どもがいるママには、デニムやワイドパンツなどの足回りの動きを妨げないボトムがいいでしょう♪

■季節別おしゃれな公園ママコーデ

【春】ホワイトアイテム使いがポイント

出典:mamagirl2017春号より

春の公園コーデには、パステルカラーとホワイトの淡色コーデで、春らしさと軽やかさを演出しましょう。甘めデザインが特徴的なレースのタイトスカートに、ボーダートップスで甘くなりすぎるスカートコーデをヘルシーにシフト☆

さらにピンクのライダースジャケットで、ハードな中にもかわいらしさをプラスすれば、桜の季節にピッタリな甘辛公園コーデに仕上がります♪ 黒の帽子とバックで、膨張しがちな淡色コーデを引き締めて、メリハリを演出すればよりおしゃれ感がアップ!

出典:mamagirl2017夏号より

シンプルコーデが好きなママには、ホワイトカラーの帽子と靴で、春のマリンスタイルがおすすめ。

ひざ下丈のストレートシャツワンピースなら、いたずらな春風でスカートの裾が舞い上がることもなく、スタイリッシュに着こなせます!春は紫外線が強くなってくる時期でもあるので、帽子でしっかり紫外線をガード。濃紺ワンピースとのコントラストを楽しみましょう☆

【夏】帽子がマスト!気になる紫外線からしっかりガード

出典:mamagirl2017夏号より

本格的に紫外線が強くなる夏の公園ママコーデには、帽子が必須アイテム!つば広ハットは、顔や首への紫外線をカットしつつ、小顔効果も期待でき、ママにうれしいアイテムです♪

夏の暑さに負けない大人なカーキとホワイトのコンビに、黒で統一した小物を合わせてスッキリ&こなれた印象に。濃い色のボトムを夏に着こなすときは、足首見せで抜け感をプラスして!

出典:mamagirl2017夏号より

公園ママコーデにピッタリなスポーツMIX。顔への紫外線をしっかりガードしてくれるキャップを取り入れてみましょう。

ベーシックカラーの着こなしに、キャップをオンするだけでスポーティーな印象にスイッチ!淡色やかわいい柄のキャップをチョイスすれば、メンズライクになりすぎず、ポップな雰囲気のママコーデが楽しめます☆

【秋】レイヤードを楽しみつつ、動きやすさを重視して

出典:mamagirl2017春号より

日中の気温が落ち着き、過ごしやすくなる秋の公園コーデには、ニット素材や秋色アイテムで季節感を満喫して☆

リブニットのタイトスカートは、座ったりしゃがんだりするのも楽チンなうえに、季節感もしっかりキープできるアイテム。日影に入ると肌寒さが気になる季節でもあるので、サッと羽織れる秋色シャツをオンすると体温調節もできて安心ですよ!

出典:mamagirl2017春号より

公園でアクティブに活動するなら、汚れても安心で動きやすいパーカーやスエットがおすすめ!スポーティーなアイテムはリンクコーデしやすいので、子どもといっしょに公園親子リンクを楽しむのもいいかもしれませんね☆

淡色やホワイトでまとめたママコーデには、パープルやインパクトのあるスニーカーでアクセントをつけて、おしゃれなこなれ感を演出して。

【冬】小物使い&ボリュームアウターでしっかり防寒

典:mamagirl2018冬号より

寒さをものともしない子どもの付き添いで、冬の公園に長時間いるのは辛いもの。そんなときは、防寒できておしゃれに決まるボリュームアウターがマストです!

そんなボリュームアウターで、動きやすさを求めるならキルティングがおすすめ☆軽くて動きやすく、薄手なのに暖かいキルティングは、公園に長時間いるママの救世主アイテム☆

出典:mamagirl2017夏号より

冬は、ニット帽やファーアイテムなどの小物で、公園コーデをブラッシュアップ。冬らしいほっこり暖かい素材を普段のコーデにつけ加えるだけで、簡単に冬顔にチェンジ☆

子どもとのリンクはインスタでも人気で、その中でもデニムやパーカーなどを使ったコーデは、公園コーデにもピッタリ!同じコーデをすることで、迷子防止にも繋がるので、チョロチョロと動き回る子どもがいるママにおすすめですよ♪

■季節ごとのトレンドアイテムを取り入れよう!

公園コーデは、ご近所コーデにも応用できるので、季節に応じたアイテムを上手く取り入れて!
また、日影のない公園では、季節を問わず紫外線の影響を受けてしまうのが難点。そんなときは、つばのある帽子で紫外線から肌をしっかりガード。
季節ごとの公園ママコーデは、トレンドアイテムを一点差し込むだけでも雰囲気を一新できます。季節ごとにどんなアイテムが流行っているのかを、こまめにチェックして、公園コーデをする際に取り入れてみては。

たまこ

絶賛男女双子育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪
キャンプやレジャーなどアウトドアも好きで、おうちキャンプも計画中。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp