mamagirlより

Fashion

30代にぴったりのママコーデのコツは?ブランドや系統別コーデも紹介

いくつになっても女性はおしゃれを楽しみたいもの。ですが30代に突入すると学生や20代の頃とは違い、好きなものや流行りものだけをただ着るというだけでなく、TPOをわきまえたコーデで大人女子を演出したいという気持ちも芽生えてきますよね。
そんな気持ちの狭間で揺れる30代女子向けに、今回はおすすめのママコーデをテイストやブランド別でご提案します。

プチプラ価格でトライできるコーディネートもあるので、コーデにお悩み中の人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

■30代のママコーデのポイント

・シンプル×トレンドちょい足しのMIXコーデ

シンプルなアイテムの中にトレンドアイテムを取り込んでMIXさせるのが、30代のママコーデをつくるポイントのひとつです。すべてをトレンドで固めてしまうと、どこか頑張り過ぎているような印象を与えてしまうことも。
トレンドアイテムを1~2つ程度に抑えて効果的に投入し、トレンドを意識しながらも余裕ある大人のおしゃれを演出しましょう。

・プチプラアイテムは高見えが鉄則

今季しか着られないかもしれないトレンドアイテムは、なるべくプチプラで抑えたいところ。
そんな場合は、安っぽく見えないリッチ見えが叶うものを選ぶようにしましょう。特に生地感などは大切なポイント。しわになりにくいものや薄手すぎない生地のしっかりしたものがおすすめです。

・体型をカバーできるコーデを意識

30代になり、出産を経た体は気づかぬうちにわがままボディになってしまったという人も。そんな人には、体型をカバーできるアイテムを選ぶことも大切です。
ボディラインを拾いにくくて美シルエットのもの、またコートやパンツでIラインを演出するのも方法のひとつ。購入する際は自分の体型に合っているかを前後しっかりチェックするようにしましょう。

■30代ママへのおすすめブランド

・UNIQLO(ユニクロ)・GU(ジーユー)

UNIQLOやGUは、いまやおしゃママたちのファッションに欠かせないブランド!プチプラながらにクオリティが高く、定番アイテムだけでなくトレンドを押さえたアイテムが豊富なのも魅力です。最近では、インスタで「ユニ女」と検索すれば、たくさんのおしゃれコーデの投稿をみることもできるほど☆
普段着からお出かけコーデ、またオフィスやフォーマルまでいろいろなテイストをそろえることが可能です。

・しまむら

30代ママに限らず、幅広い世代に支持されているしまむら。
販売しているものは洋服だけでなく小物や日用品まで。たくさんの商品の中から好みのアイテムや戦利品を見つける楽しみを求め、しまむらをこまめにパトロールする「しまパト」隊たちも多くいるようです。
また有名ブランドとのコラボ商品なども多く、安価で入手できるのも魅力です。

・海外ブランド

エッジィなコーデを好む人や個性派アイテムをGETしたいときにおすすめなのが、「H&M(エイチアンドエム)」や「ZARA(ザラ)」などの海外系ブランド。
高デザインの物も多くあるため、存在感あるアイテムをプチプラで見つけることができます。
また、オンラインでも購入できるため、子連れでは街になかなか出られないといった人でも大丈夫です☆

■ナチュラル系ママコーデ

・配色使いでメリハリコーデ

出典:mamagirl2016夏号

ゆるっとしたラインのアイテムでつくるナチュラルコーデは、配色使いがおしゃ見えのポイント。トップスに鮮やかなカラーをチョイスすることで、ふわっとしたスタイルもメリハリをつけたコーデに格上げすることが可能に。
また顔色を明るく見せてくれるといったうれしい効果も☆パンツに入ったストライプ柄もIラインを生み出し、ぼんやりコーデを回避してくれます。

・ふんわりカラーで優しげな印象に

出典:mamagirl2018冬号

優しげママを演出したいときは、白やベージュの淡いカラーでアイテムを統一するのがおすすめ。やわらかなカラー使いやふんわりとしたチュール素材のスカートが、女性らしさをグッと引き立ててくれています。
仕上げにファーの帽子をプラスすれば、トレンド感あるナチュラルスタイルの完成です☆

■シンプルコーデ

・シンプルスタイルに小物で遊び心をプラス

出典:mamagirl2018冬号

無地ニットに定番デニムパンツを合わせたシンプルコーデ。ニットの淡いピンクのカラーが、デニムスタイルを女性らしい雰囲気にシフト。
またニット帽も白をチョイスすることで、爽やかな印象をプラスしてくれています。その分ヒョウ柄のスニーカーやボリュームのあるファーをカバンに忍ばせて遊び心を出してみても、上品さは残されたままの30代ママらしいコーデが実現!

・シャツをラフに着こなして今風に

出典:mamagirl2017秋号

シャツ×デニムパンツはシンプルコーデの鉄板。きれいめでカチッとした雰囲気に傾きがちなシャツコーデは、腕まくりをしたり肩部分を落としたりして着こなすと、こなれ感あるスタイルにアップデートすることができます。フロント部分はパンツにインして、脚長効果もGETしちゃいましょう☆

■しまむらを使ったコーデ

・定番の組み合わせをジャケットで格上げ

出典:mamagirl2017秋号

こちらはしまむらのジャケットを使ったコーディネートです。襟元部分は生地が切り替えられ、とてもプチプラとは思えないデザインの高さ。
ママ服の定番アイテム、デニムパンツもハンサム感たっぷりな印象に仕上がっています☆女性らしい大ぶりピアスやパンプスをプラスするとよりおしゃれ度アップ!

・カジュアルアイテムは上品小物で女性らしさを

出典:[しまむらコーデ対決]人気インフルエンサーが着こなす秋の「柄」って?!

こちらはパンプスやバッグまですべてのアイテムがなんとしまむら!そして総額なんと8000円ほど。トップスやボトムに加え小物アイテムを入れてもこのお値段なのが、さすがのしまむら♪
ニットもノルディック柄でボトムはレース調のタイトスカート。トレンド感をしっかり押さえています。カジュアル感あるトップスは小物系できれいめを取り入れると、子どもっぽく見えないスタイルにまとめることが可能です☆

■ユニクロを使ったコーデ

・カラーONカラーで華やかに♪

出典:mamagirl2018冬号

流行りのカラーONカラーを取り入れたコーディネートです。イエローと深みがかった赤色は意外と相性のいいカラー。パンプスやバッグ、アウターなどの色味を抑えることでまとまりあるコーデを作ることができます。
また鮮やかなカラーを身にまとうことで、自然と気分もアップ♪

・かっちりジャケットを小物ではずす!

出典:mamagirl2018冬号

こちらは、クリケットセーターとデニムパンツがユニクロのものです。ノーカラーのきれいめジャケットは、これ1枚でフォーマルなシーンや日常コーデにも対応可能☆
もちろんデニムパンツとの相性もよく、カジュアルダウンした着こなしにもばっちりです。仕上げに丸メガネを投入して、抜け感あるコーデに格上げさせてみるのもおすすめ!

■GUを使ったコーデ

・セットアップ風でIラインを意識

出典:mamagirl2018冬号

こちらは全身アイテムすべてGUのもの。パーカとスカートを発色のいいブルーでカラーを合わせていてセットアップ風に見えます。さらにアウターの前をオープンにすることでIラインを演出。ロング丈のアウターをチョイスすることで、よりスタイルアップを叶えてくれます。
小物アイテムは黒で統一して、コーデにメリハリをつけるのがこなれて見せるポイントです☆

・フリルインナーチラ見せで今風に☆

出典:mamagirl2018冬号

こちらも着用しているアイテムすべてGUのものです。ニットの襟元からはインナーのフリルをチラ見えさせ、秋に流行したグレンチェックパンツを今っぽい着こなしに☆
また今季はロゴトップスも注目のアイテムのひとつ。合わせるアイテムによっては子どもっぽい印象にもなりますが、パープルカラーが大人コーデを演出。これなら30代ママでもトライしやすいはず♪

■30代らしいママコーデを思いっきり楽しもう!

30代のママコーデは、トレンドを意識しながらも頑張りすぎていないコーデを作ることが大切なポイント。ベーシック&シンプルアイテムも上手に取り入れながら、トレンドアイテムも投入するようにするのがベストです。
またコーデにメリハリをつけることも忘れてはいけない要素のひとつ。カラーものや柄ものを投入したり、異素材ものをMIXさせたりとアイテムをバランスよくセレクトすることを意識しましょう。
今回紹介したコーデを参考に、30代ママらしいコーデを思いっきり楽しんでください☆そして40代、50代といつまでたってもおしゃれを忘れない素敵な女性を目指しましょう♪

haru

神戸出身の転勤族ママ。3歳になったやんちゃボーイは、めきめきとちびっこ怪獣に変身中。ネットで夜な夜なインスタ巡りをするのが趣味で、おしゃれな方のコーデや行きたい場所情報をチェックしています♪
【Instagram】haru__kirara
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!