Facebook Twitter Instagram

News

ホワイトデー……その前にロマンチックなアメリカ式バレンタインをルポ!

バレンタインは盛り上がりましたか? ホワイトデーがないアメリカでは、男性が女性にプレゼントを贈るのがバレンタインデーなんです。

男性が女性にプレゼントを贈るバレンタインデー

日本ではメジャーなホワイトデー。女性がバレンタインのお返しをもらえる嬉しい日ですよね。でもアメリカにはホワイトデーは存在しません。それでも女性ががっかりすることは全くなし!というのもアメリカではバレンタインデーに男性が女性にプレゼントを渡すのが通常。『愛を祝う』日であるこの日は、一年で一番ロマンチックな日とされていて男性が女性に花束(赤やピンクのバラが主流)、カード、チョコレートなどをプレゼントし女性にどれだけ愛しているかをアピールする日となっています。

スーパーマーケットの入り口付近はバレンタイン用の花束や風船、チョコレートなどでいっぱい

シャンパンでお祝いも一般的

ジュエリーやロマンチックなレストランでのディナー、プロポーズもあり!

花束やチョコレートに加え、ぬいぐるみやジュエリーなど女性が喜びそうなものをプレゼントする人も多く、以前ティファニーの前でバレンタインデー当日に男性の行列が出来ているのを見てびっくりしたことがあります。当時は景気のいい時代でしたし、そのエリアはエリートビジネスマンが多い高層ビル付近にあったのも理由かもしれませんが。

著者も主人から花束をもらってゴキゲン!のバレンタインデー

そして毎年L.A.のフラワーディストリクト(花の卸しをしているエリア)には、バレンタインデーの早朝に男性の行列ができます。また、バレンタインデーのディナーはもちろんロマンチックなレストランでというのが一般的なので、どこのレストランも予約でいっぱい。この日のための特別メニューなんかも出来たりします。日本でいうクリスマスイブのような感じですね。そしてロマンチックな日なのでこの日にプロポーズする人もかなり多く、周りを見渡してみても、一人は必ずバレンタインデーにプロポーズした(された)という人がいるくらいです。日本でチョコを渡し続けていた著者としては、もらう側になってこの上なく嬉しい(なんだか得した気分)ホリデーです♪

子どもたちはシールやキャンディ、カードをクラスメイトに渡すのが通常

そして小さな子どもたちは女の子、男の子関係なくお友だちにちょっとしたプレゼントを渡すのが通常。幼稚園のクラスメイトそれぞれに小さなギフトを渡すのが流行っています。

クラスメイトに渡すプレゼントはシールが入った箱を

最近はキャンディよりもシールや鉛筆など体にいいもの系が人気の子ども用バレンタインギフト。これは濡らしてつけるタトゥ。8セット入り。

風船も人気ギフトのひとつ

以前はキャンディやチョコレートを小さな袋に詰めて渡す、というのが一般でしたが、ヘルシー志向の親が多いL.A.では食べ物じゃないものを渡すのが主流になり、シールや水で濡らしてつけるタトゥシール、鉛筆やちょっとしたおもちゃのようなものも人気です。お店に行くとこういった子ども向けのギフトのセットがずらりと並んでいます。幼稚園ではバレンタインデーのことをKind Day(カインドデー)とも呼び、クラスのお友だちみんなに優しい言葉を書きましょう!とクラスメイトそれぞれに優しい言葉や絵を書いて交換もしたようです。

幼稚園でお互い交換したカインドデーカード

友だちからキャンディとカードをもらってハッピーな娘

愛を祝う日は同じでも、日本とは違って(大人の間では)男性が女性にプレゼントを贈るという、何とも日本人女性にとって新鮮な感じのバレンタインデー。ホワイトデーのような、女性が男性にお返しをするという日もないのですが、アメリカの男性はそれでもOKみたいですね。女性が強い国、、というのがこういった点からも見える気が(苦笑)。

Tomoko

高校の時から日本とアメリカを行き来し、L.A.在住20年。興味のあることにはどんどん挑戦して人生楽しむ!をモットーとし、仕事は日系会社でのセールス&マーケティングのVP、エンジニア企業でのオフィスマネジャー、メジャーリーグのメディア担当からファッションデザイナーのスタジオオフィスマネジャーまでとあらゆる分野、業界での経験あり。2012年春に女の子を出産し現在はママ業を中心としながら好きなファッション、インテリア、料理、ヘルシーなライフスタイルなどを日々チェック&研究中。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp