Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子連れ海外グアム旅行、持ち物は?着替え・衛生グッズ編

0歳&4歳を連れた海外旅行。心配ごとはいろいろありますが、着替えやおむつをどれぐらい持っていくかは悩みどころです。現地調達ももちろんできるけれど、基本的には使うものはすべて持参がおすすめ!何がどれぐらい必要なのか、あると便利なアイテムについて、最近行ったグアム旅行を例に詳しくレポートします!

4歳の息子、生後8カ月の娘を連れてグアム旅行へ行ってきました。子連れだと荷物が多くなって大変。何を持っていったのかをレポートします!

着替えは現地で洗濯を前提に!

今回は4泊6日の日程。暖かいグアムなので防寒着などが必要ないぶんラクですが、汗をかいたり水に濡れたりでお着替え回数は多くなります。なので現地で数回洗濯することを前提に、息子も娘もそれぞれ4日分の着替えを持参しました。

だからホテルはランドリールームを備えていることが絶対条件!今回はグアムリーフ&オリーブスパリゾートに宿泊したのですが、洗濯機&乾燥機はかなりの台数が置いてあり助かりました。

洗剤はホテル内のショップで販売されていますが、肌荒れなどが心配なら、いつも使っているものを日本から持ち込むほうが無難です。

現地で子ども服を買ってそのまま着る!というのもアリですが、キッズはともかく赤ちゃんには一度水通しをさせてから着せたいので我が家では避けています。

お手入れセットや万が一の薬などは忘れずに!

今回持参したのは、主に赤ちゃん用のケアセットベビーソープ、ローション、日焼け止め、ベビー爪切り、ママ鼻水トッテ、体温計、コンビの仕上げ用電動歯ブラシなどなど…。ちなみにベビーソープなどを入れているクリアプレートは、入浴の風呂桶代わりに。

万が一熱が出てしまったときのために、座薬冷却シートも持っていきました。

意外と便利なのは、アルコールスプレー。
床に落としたおもちゃを消毒したり、部屋で食事するときにテーブルにシュッと吹きかけてティッシュで拭いたりと大活躍!自宅で使っているパストリーゼを、小さなスプレー容器に詰め替えて持って行きました。

また、ベビー用ハンガーも持って行ってよかったもの!ホテルのクローゼットには大人用しかないため、洋服整理にはもちろん現地で洗濯したときの乾かし用にも重宝しました。子ども2人なので、10本ほど持参。

おむつは使い慣れたものを持って行きました

紙おむつは、かぶれが心配なのでいつも使っているブランドのものを持って行きました!かさばりますが、使っていくうちにどんどん減っていくもの。帰国するころにはおみやげを入れるスペースに変わります。

現地でももちろん売っています!ペイレススーパーマーケット、Kマート、ホテル内の売店などいたるところにあるので、万が一数が足りなくなったときもすぐに買えて安心です。そのほかおしりふき、日焼け止めクリーム、鼻水吸引器、赤ちゃんせんべいなども販売されているのを見かけました。なんとKマートには、たべっ子どうぶつやギンビスなど日本のおやつまで!

常に持ち歩くものは子どもと兼用で

機内も含め、いつも持ち歩いていたのはこんなアイテム。メイドオブオーガニクスのクリーンモイスチャーハンドジェルは必須!海外ではレストランでおしぼりが出てこないこともあるので、食事前には必ずこれを使って、手のひらをきれいにしてから食事をしました。ヴェレダのエーデルワイス UVプロテクトはママと子ども兼用の日焼け止め。すっと伸びて白浮きしにくいので重宝しています。

DAMDAMのパラディシミストはママの顔用保湿ミストです。乾燥しているな、と思ったらメイクの上からシュッとスプレーしていました。DAMDAMはデビューしたばかりのナチュラルコスメ。このミストは100mlとこのまま機内に持ち込めるサイズなのも便利でした。
byTakakuraのオーガニックボディシートも、子どもと兼用で汗をかいたときにふけるので便利でした。半透明で中身が見える無印良品のEVAケース・ファスナー付に入れて持ち歩いていました。

日本から持って行ったほうがいいもの、現地でも買えるもの……。うまく見極めながら、旅行先でもお世話しやすいよう調整してみてください!

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp