出典:@ bunchan0515さん

News

開催日続々決定!2018年の全国の花火大会情報一覧

夏と言えば、花火大会!子どもだけではなく大人も楽しめるイベントですよね。今回は10か所の地域で行われている花火大会に注目してみました。2017年の写真を元に最新の2018年の開催日情報を含めてご紹介します。

■2018年花火大会!日程が決定している場所も

夏の風物詩である花火大会。大迫力と圧巻されるようなキレイさが魅力ですよね!2018年の花火大会の日程が決定しているところもいくつかあります。中でも熱海と多摩川の花火大会に注目☆

【熱海/熱海海上花火大会】


夏に限らず、春夏秋冬行っている熱海海上花火大会ですが、2018年夏には、7/27(金).7/31(火).8/5(日).8/8(水).8/19(日).8/24(金).8/30(木)に開催されますよ。

【多摩川/多摩川花火大会】


昨年の2017年には、荒天のため中止になってしまった多摩川花火大会。毎年8月に開催されていましたが、8月には集中豪雨が多発するようになったため、今年から10月に開催されると川崎市は発表しました。開催日は10月13日です。

花火大会は、スポットによっても異なるため、毎年いくつかの場所を回るという人もいるかもしれません。今回は、有名な花火大会をピックアップしてみました!2017年の写真になりますが、早速見ていきましょう。

■地域別 人気の花火大会情報

各地域別に人気の花火大会をご紹介します!

・東京都/隅田川花火大会


出典:@ asari._.nanaさん

隅田川花火大会は、約20,000発の花火が打ち上げられる花火大会です。ウォーカープラスで開催された関東の行ってみたい花火大会ランキングの中では、千葉県、埼玉県、神奈川県などで開催される多くの花火大会をおさえ、第1位に輝いた隅田川花火大会。
特別観覧席の用意はもちろん、スカイツリーや花やしき遊園地、浅草ビューホテルなどからも観覧席の販売がされています。2018年は7月28日(土)に開催が決定!

・神奈川県/鎌倉花火大会


出典:@ asari._.nanaさん

鎌倉花火大会は、約2,500発の花火があがる花火大会。魅力としては、水中花火があることです。まるで海に花が咲くような幻想的な光景は、感動もの!鎌倉を観光したあとに、ゆっくりと花火を楽しむという過ごし方もおすすめです♡

・神奈川県/ふじさわ江の島

出典:@ nana_mer811さん

ふじさわ江の島は、関東地区の中でも人気を集めている花火大会で、湘南海岸で打ち上げられる花火大会で江の島をバックに花火が楽しめます。魅力としては、直径約480mも開く2尺玉です!圧巻の迫力で感動すること間違いなし☆秋の夜をロマンチックに演出します!

・秋田県/大曲花火大会

出典:@ fnk_850さん

秋田県で開催される大曲花火大会は、1910年にはじまった歴史がある花火大会。過去に内閣総理大臣賞や文部科学大臣賞などかずかずの受賞した経歴をもちます。大曲花火大会の中で行われる”全国花火競技大会”は、花火師日本一決定戦といっても過言ではないイベントです。さらにワイドスターマインと呼ばれる大会提供花火は、1年かけて製作されるという目玉の花火!
2018年は、8月25日(土)に開催予定です。

・山形県/赤川花火大会

出典:@ bunchan0515さん

山形県で開催される赤川花火大会は、日本の花火100選でベスト10を受賞した経歴のある花火大会です。毎年全国でトップクラスの花火師が腕を競い合います。打ち上げ数は、1万2000発となり打ち上げ幅は約700mです。観客と共にはじめるカウントダウンやエンディングは特に感動するポイント。臨場感たっぷりの花火を楽しむことができます。
2018年は、8月18日(土)に開催予定です☆

・静岡県/熱海花火大会

出典:@ yazawa25252さん

熱海花火大会は、夏に限らず年間を通して10回も開催される花火大会です。熱海湾を会場にし、3面の山に囲まれているため、花火の音が反響し迫力が増します。夏の花火はもちろん、12月まで行われているため冬に打ち上げる花火も風情があっておすすめです☆

・大阪府/淀川花火大会

画像:著者撮影

2018年に第30回を迎える淀川花火大会は、淀川と梅田の高層ビルを背景に約2万発の花火が楽しめます。毎年テーマが異なり、大玉の連続打ち上げやキャラクター花火など見どころが満載です。水中花火大会も注目ポイントのひとつ☆
2018年の淀川花火大会は、8月4日(土)に開催予定です!

・兵庫県/みなとこうべ海上花火大会

出典:@ ryogo430さん

兵庫県神戸市にある絶景をバックに楽しめる花火大会。海上から打ち上げられる花火が、海と一体化したように表現され、幻想的な風景が広がります。2017年に150年を記念したみなとこうべ海上花火大会。2018年の開催は、8月5日(土)(予定)です!

・佐賀県/九州花火大会

出典:@ sa__cam78さん

佐賀県唐津市で開催される九州花火大会は、仕掛け花火や打ち上げ花火などが約6000発打ちあがります。ライトアップされた唐津城をバッグに打ち上げる花火は、日本ならではの幻想的な風景。直径500mの大きな花のように舞い上がる2尺玉はみどころです!

・長崎県/ハウステンボス九州一花火大会

出典:@ zaitaroさん

長崎のハウステンボス内で開催される九州一花火大会は、2018年で第6回目という比較的新しい花火大会です。約22,000発の花火が2時間以上にわたって打ち上げられます。日本代表の各花火師と海外代表の各花火師が対決をするという内容。腕のいい日本の花火師が製作する花火はもちろん、珍しい海外の花火師が製作した花火も楽しめます。
見どころは最後の5分間。その間に5,000発の花火が空に舞い上がり、空中での花火が連なる幅は約1kmと言われています。瞬きもできないほどの圧巻の花火は、忘れられないものとなるでしょう。
2018年の開催日は、9月22日(土)です。

■花火大会で夏を満喫しよう!

地域によって特徴が異なる花火大会。今年はいくつかの花火大会をはしごして、さまざまな魅力に触れてみるのもいいかもしれませんね!ぜひ花火大会に足を運び、夏を満喫してみてください☆
(使用している写真は全て2017年のものです)

HALF

元保育士で3歳女児、1歳男児をもつママです☆インスタでトレンドを探ってます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!