出典:mamagirl

News

ハワイ通大桑マイミさんらに聞く子連れハワイ旅のコツ【夏号ピックアップ】

ハワイは子ども連れでも楽しく過ごせるって知っていますか?今回は、ママモデルの大桑マイミさんや中川珠里さん、春名亜美さんに子連れハワイのポイントを聞きました。小さい子どもがいても工夫を凝らして快適に旅行を楽しんでいるママたち!どんな工夫をしてハワイ旅行を満喫しているのか3人のハワイ通のママに教えてもらいましょう。

■渡航40回以上!大桑マイミさん的4泊6日子連れハワイ旅

渡航40回以上で子連れの楽しみ方を熟知している大桑さんに、4泊で楽しむハワイでの過ごし方を聞きました。

・大桑マイミさん的ハワイがおすすめな5つの理由


〇ハワイへ行く飛行機が夜発、朝着の便が多いため、子どもが機内で寝てくれる!
日中の便だと機内で子どもが騒ぐ恐れが…。他の乗客に迷惑をかけないためにも夜便がおすすめ☆
〇自然がいっぱい
日本では体験できない自然豊かなところがハワイの魅力♡
〇子連れOKスポットが満載
子連れで楽しめるスポットがないと誰かが我慢することに。そんなことがないように子連れスポットは要チェック!
〇日本語が通じやすい
定番の観光地でもあり、日本人旅行者も多いため比較的日本語が通じやすく、過ごしやすい。
〇ワイキキならビーチとホテルが近い!
ビーチとホテルが近ければ、着替えに帰ったり荷物を取りに帰ったりと融通が利くので便利。

大桑マイミさんのハワイでの過ごし方

・1日目

左から「サーフジャックホテル」のカフェ、ワイキキビーチ、ディナーのメキシカン料理店

【09:50】 ホノルル空港着 ホテルへGO!
【14:00】 「サーフジャックホテル」のカフェでのんびりブレイクタイム
パイン柄のカップは乙女心をくすぐるインスタ映え確実なアイテム♡
【15:30】 ワイキキビーチを散策
ホテルのすぐ近くにビーチがあるから、すぐ帰れて便利!日中の日差しが強いときはパラソルの貸し出しもあって子連れに優しいのが特徴です。
【19:00】 絶品メキシカンでディナー
テラス席で風を感じながらのディナー。多少子どもが騒いでも大丈夫なのがファミリーには気楽でおすすめです。
 その後は、トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキに宿泊。

・2日目

左上:カカアコの壁、右上:ステーキランチ、左下:アラモアナビーチでヨガ、右下:サンセットディナー

【08:00】 ホテルのプールへ
【10:00】 カカアコエリアを散策

カカアコはウォールアートが人気のスポット。どこを切り取ってもインスタ映え!セレクトショップをのぞいたり、アイスを食べ歩きしたりと散策を満喫★
【12:00】 モクキッチンでステーキランチ
ボリューム満点のステーキをオーダー。「ホノルル・ビア・ワークス」のビールとも相性抜群!
【16:00】 アラモアナビーチでヨガ
週1でビーチヨガを開催しており、子ども同伴でもOKなので思いっきりヨガが楽しめます。
【18:00】 ホテル「ハレクラニ」の「オーキッズ」でサンセットディナー
夕暮れのムーディーな雰囲気を満喫できますが、周りが芝生なので子どもも遊べて一石二鳥!ココナッツシュリンプは必ず頼む絶品メニューです♡
その後は、トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキに連泊。

・3日目

左上:レンタルハウス、右上:ラニカイビーチ、左下:カイルア、右下:レンタルハウスでBBQ

【10:00】 カイルアへ移動
レンタルハウスにチェックイン★キッチンつきのレンタルハウスだから自炊をしながらのんびりステイを楽しみます。ハウスの前からはカヌーでビーチに出られるようになっています♡
【12:00】 ラニカイビーチでまったり
浅瀬のビーチだと安心して子どもを遊ばせられるのでおすすめ。パラソルなどはないので日よけ対策は万全に!
【14:00】 カイルアを自転車で散策
子どもが乗せられるけん引式の自転車をレンタルしてセレクトショップなどへGO★
【16:00】 「ホールフーズ・マーケット」でお買い物
【18:00】 レンタルハウスでBBQを満喫

夕日を眺めながらのBBQは格別♡おうちディナーだから子どもの寝かしつけも楽々なのがうれしいポイントです。

・4日目

左上:レンタルハウス、右上:ビーチ、左下:おやつタイム、右下:夕日

【08:00】 レンタルハウスでプール遊び
大きなプールがついているレンタルハウスなので思いっきり遊び放題。近くの島へカヌーで行くこともできます。
【11:00】 ノースショアのビーチへ
ゆったりと過ごせる上に馬もいるモクレイアビーチパークは小さい子ども向け★昼食はサンドイッチで手軽にすませます。
【15:00】 「スクープ・オブ・パラダイス」でおやつタイム
ノースに来たら必ず立ち寄るお店!お店の内装はおもちゃ箱みたいで娘も大好きなお店です。
【18:00】 「ハレイワ・ピーチハウス」でディナー
夕日がきれいに見れるお気に入りのレストランでディナーを満喫。ファミリーで利用する人が多いので、気兼ねなくのんびり食事が楽しめるのがポイント!
その後は、レンタルハウスに連泊。翌日帰国の途につきます。

■生後5カ月のベビーを連れて旅した中川珠里さん的おすすめスポット

ハワイ大好きな中川さん流の子連れハワイ旅行のポイントを教えてもらいましょう。

・通算50回もハワイに来ている中川さん

現在10カ月のベビーがいる中川珠里さん。なんと通算50回もハワイを訪れている超がつくハワイ通なんです。ベビーは生後5カ月にハワイデビューをしたそうで、そんな手のかかる時期にどうやって!?と思いますが、そこはさすがの中川さん。ちゃんとベビーが過ごしやすポイントを押さえて思いっきりハワイを満喫しています。

・日本から持っていって役に立った3つの持ち物

左からベビーフード、屋根付き浮き輪、プレイマット

〇ベビーフード
キッチン付きのコンドミニアムに宿泊しますが、子どもが食べ慣れているベビーフードを持参。野菜などは現地で調達して新鮮なものを用意します。
〇屋根付き浮き輪
現地では見つかりにくい屋根付き浮き輪。プールでも日差しを気にせず思いっきり遊べ、おすわり前は室内で椅子代わりにもなって便利でした。
〇プレイマット
ハイハイ期は部屋にプレイマットを敷き詰めて安全確保!使い捨てできるタイプを2セット準備して旅行にのぞみました。

・子連れにおすすめのおでかけスポット

ビーチ編

左上:ラグーンビーチ、左下:ケイキビーチのブランコ、右上:カピオラニ公園、右下:ヒルトンで見るサンセット

ベビーでも楽しめるスポットが満載なのがハワイのいいところ!

「ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」内のラグーンビーチ
浅瀬で小さい子でも遊ばせやすい♡宿泊客以外でも利用OKなので賑やかなビーチです。
ケイキビーチ
人があまりいなくて穴場ポイント。ひとつだけノースショアのブランコがあって、子どももご機嫌♡
カピオラニ公園
ワイキキは海だけじゃなく公園も過ごしやすい場所。天気のいい日は芝生の上に座らせたり散歩したりと、のんびり過ごすのも気持ちいいです。
「シェラトン」からのサンセット
ベビー連れだと夕方にはホテルに戻ることが多いですが、夕日がきれいに見えるホテルならホテルライフも充実☆

プール編

左から「ザ・サーフジャック・ホテル&スイムクラブ」、「ザ・モダン・ホノルル」、「シェラトン・ワイキキ・ホテル」

子連れだとビーチよりホテルのプールが快適!

「ザ・サーフジャック・ホテル&スイムクラブ」
アートな感じが楽しいプールが付いています。水がきれいなので、ママも安心して利用できます。
「ザ・モダン・ホノルル」
子どもエリアがあるので混雑することもなく小さい子どもも安心して遊べます。あまり混雑しないエリアなので、貸切状態のこともしばしば…♡
「シェラトン・ワイキキ・ホテル」
ベビーに優しい温水プール!キッズ専用エリアがあるのでのびのび遊ばせてあげられます。

■年の違う子連れママ、春名亜美さん的おすすめスポット

2児のママでもある春名さんもハワイが大好き!年の違う子ども連れでのハワイ旅行のポイントを聞いてみましょう。

・子ども連れでのハワイ旅行を7回経験している春名さん


子ども連れでのハワイ旅行を7回もしている春名さん。ハワイでは基本的に上の子どもが楽しめる動物園やプールなどを中心にしているんだとか。ハワイのレストランはどこもベビーにフレンドリーだから過ごしやすいそうです。春名さんも大桑さんと同じように夜のフライトを利用。初日は無理のないスケジュールを組むのも、体調を崩さないコツだそうです。

・日本から持っていって役に立った3つの持ち物

左:哺乳瓶、右:リンサー(湯おけ)

〇哺乳瓶干し
ホテルには、哺乳瓶を乾かすスペースがないので、持って行くととても便利!
〇赤ちゃんハンガー
部屋干し用にお店でもらえる子ども用ハンガーを持参。荷物が多くなったら捨てて帰れるのもポイントです。
〇SKIP HOPのリンサー
頭につけて流すとお湯が目に入らない優れもの☆小さい子どもを洗い場に寝かさなくても、全身をすすぐことができるので便利でした。

・子連れにおすすめのステイ場所

キッチンつきのホテルはかなり便利!

〇「ザ・グランド・アイランダー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ」
キッチンと洗濯機完備でお世話が楽々です。
〇「プリンス・ワイキキ」
オーシャンビューが最高♡キッチンはついていませんが、目の前に広がるヨットハーバーが絶景で感動モノでした。

・子連れにおすすめのショッピングスポット

上:車のおもちゃ、下:洋服

ハワイのおもちゃや洋服はデザインがかわいいので大量購入必至。

〇日本未発売のおもちゃを大量ゲット
ハワイはプチプラおもちゃやベビー用品が豊富なので、上の子には車のおもちゃ、下の子にはプレイマットなどを大量に購入しちゃいました。
〇「メイシーズ」でブランド品をゲット
「メイシーズ」はブランド物がセール価格で購入できるので、長期滞在してしまうスポット☆ラルフローレンやカーターズなど人気ブランドが充実。

・子連れにもおすすめのごはん屋さん

左:「シグネチャー・プライム」のステーキ、右:「ナル・ヘルス」のアサイーボウル

ハワイならではのフードを食べるのも旅行の醍醐味♡

〇「シグネチャー・プライム」でディナー
定番だけど毎回食べたくなるものがハワイにはたくさんあります。ハッピーアワーを利用すれば、16時半~19時はステーキが半額に!早い時間に行けるので子連れには逆にうれしいサービスです。
〇「ナル・ヘルス」のアサイーボウル
ボリュームたっぷりだけどぺろりと食べられるおしゃれカフェのアサイーボウルはマスト!

■子ども連れでも楽しめるハワイの魅力にドはまり♡

小さい子どもがいると旅行なんて当分無理…。と諦めていた人は、3名のハワイ通さんからたくさんのアイデアを知ることができたでしょう。
ハワイ旅行のポイントは「無理をしない」「子どもも楽しめる」の二つ♡
自分たちが楽しむことと子どもが楽しめることを上手に両立してハワイ旅行を計画してみましょう。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

TODAY’S BOARD

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD

SPECIAL!