Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

夏の北海道へ子連れ旅!星野リゾート トマムは子連れへのおもてなし満載

5歳&1歳連れの夏休み旅行は、北海道で決まり!トマムでのんびり、羽を伸ばしてきました。
リゾナーレは赤ちゃん、子ども連れに優しい人気ブランドで、ここトマムもうれしいサービスがたくさん!しかも、森の中でおしゃれピクニック、話題の雲海テラス、北海道らしさ満点のぶどう畑など、インスタ映え確実の観光スポットめぐりまで楽しめるんです。

子連れでも過ごしやすい夏の北海道へ、5歳&1歳を連れて旅してきました!今回の目的地は、新千歳空港からバスで1時間半ほどの星野リゾート トマム。トマムはスキーリゾートとして有名ですが、夏は緑豊かで子連れにうってつけ。しかもママ的にかなり重要な、インスタ映えスポットも満載です。実際に訪れてみてわかった、「いいね!」大量ゲット確実のおすすめエリアや観光スポットを大量レポートします!

子連れだからこそ、のんびりリッチに過ごせるホテルを選ぶのが正解

今回のトマム旅の拠点は、星野リゾート リゾナーレトマム。リゾナーレは赤ちゃん、子ども連れに優しい人気ブランドで、ここトマムもうれしいサービスがたくさんありました!

https://www.snowtomamu.jp/

到着したらまずは部屋にチェックイン。ここはなんと全室スイートで、広々リビングにジェットバスまでついています。今回宿泊したのは「デザインファイブルーム」という客室で、ベッドルーム2室に小上がりまでありました❤︎
日中は観光やアクティビティに出かけるとはいえ、1歳ベビーがいると夜は基本的にのんびり過ごすことが多いもの。ちょっぴりリッチな客室を選ぶのが、旅の満足度をアップさせるコツです。

ベビーフードやおむつはフロントで用意してあり、おやつや麦茶も販売されているので安心。おむつ用ゴミ箱やベッドガード、ベビーハンガー、おもちゃなどもリクエストすれば貸し出してくれるから、︎至れり尽くせりでびっくりです。赤ちゃん連れだとどうしても荷物が多くなってしまうので、これはかなり助かるサービス!

客室からの眺めもマイナスイオン全開!北海道らしい緑が広がっています。星野リゾート トマム ザ・タワー2棟も見える♪

白樺の森で、おしゃれすぎる豪華ピクニック♪

トマムで一番楽しみにしていたのは、「トマムピクニックリッチ」(最大6名、¥25,000)という森の中でのピクニックができるプラン。敷地内の静かな森の中までカートで連れて行ってもらい、プライベートな空間でピクニックランチを楽しむというもので、これがとにかくインスタ映え!ディスプレイや料理がどれもかわいくて、写真も撮りまくりです。

料理はハンバーガー、サラダ、スイーツなどが用意されていて、ドリンクもコーヒーにオレンジジュースなど数種類!すべてセッティング済みなので、到着した瞬間からテンションUPです。カートで送ってもらったら、あとはお迎えの時間までプライベートな空間♪ランチを楽しみつつ、周辺をお散歩したり、テントやハンモックで遊んだり……。昆虫好きの息子は、虫探しに夢中になっていました。

トマムピクニックリッチは1日1組限定だから、この大自然を独り占め♪
ホテル予約と同時に予約しておくことをおすすめします!

トマムの大自然を見渡せる雲海テラスへ!

トマムに来たら、やっぱりハズせないのは雲海テラスです。雲海が見られるという人気の展望台ですが、雲海が見られるチャンスがあるのは夜明け前から早朝。赤ちゃん連れにはちょっとハードルが高いので、日が完全に昇ってからの景色を楽しむために行きました。訪れた日はちょうど晴れていて、グリーンが鮮やか!すがすがしい気分です。

雲海が発生しているときは、こんな感じ!

ゴンドラを降りてすぐの「てんぼうかふぇ」では、雲海にちなんだドリンクがあったのでそれをオーダー。ママは雲海コーヒー、子どもは雲海ソーダを堪能しました!雲に見立てた綿あめが乗っていておもしろい♪雲海は見られませんでしたが、親子ともに十分満足できました。

ここは展望台以外にも展望スポットが色々と設置されていて、今回は「クラウドウォーク」と呼ばれる雲の形の展望スポットへ。眺めは抜群!雲海が出ているときは、雲の上を歩いているような感覚を味わえるそうです♪

ちょっと足を伸ばして、富良野のカンパーナ六花亭へ!

SNS映えスポットはトマム以外にもたっぷり❤︎今回はホテルに入る前に富良野の「カンパーナ六花亭」にも立ち寄りました。ここは北海道のお菓子メーカー・六花亭の店舗です。バターサンドをはじめ人気のおみやげを買うことができるのですが、広大なぶどう畑のど真ん中にあるので北海道らしい写真を撮ることができます!さらに十勝岳も一望できます。

そしてお楽しみはやっぱりスイーツです❤︎ここでしか食べられないオリジナルのぶどうソフトふらの餅をゲットし、イートインコーナーで実食。各地の名産品がネットなどで気軽に買えるようになった時代だからこそ、こうした店舗限定スイーツは絶対おさえておきたいですね!

5歳&1歳連れの北海道旅はまだまだ続きます!次回は大自然で動物とふれあった楽しい体験をお届け♪

<取材協力>
星野リゾート リゾナーレトマム
https://www.snowtomamu.jp/

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp