Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

旅で子どもは成長する!夏の北海道で初ラフティング&ナイトツアーに挑戦

初夏の北海道へ、5歳&1歳を連れて旅行してきました!自然を満喫するのがテーマですが、せっかくだから“はじめて”のことにもたくさんトライ。ラフティングや夜のサファリカートツアーなど北海道を楽しみ尽くす旅で、子どもの経験値もぐんとレベルアップ。詳しくレポートしていきます!

北海道といえば大自然。日常生活では味わえない、スケールの大きい自然のなかで過ごすことで、子どもは絶対成長するはずです。今回は空知川での初ラフティング、エゾシカを探すサファリカートツアーに参加した様子をお届け!ちょっと寒いときや雨の日でも楽しめる屋内プール施設、ミナミナビーチでもちょこっと水遊び。ホテルのキッズスペースでも楽しく遊び、帰るまで盛りだくさんの北海道旅です!

水のキレイな空知川でファミリーラフティング!

今回のステイ先は星野リゾート リゾナーレトマム。北海道のほぼ真ん中で、特に自然豊かな場所です。ファームを散策して“山”は存分に満喫したので、今回は“川”を楽しむことに。ホテルからラフティング体験を申し込みました!

ラフティングは3歳から参加OK。救命ベストとヘルメットをしっかり装着し、スタート前にはボートでの過ごし方、川に落ちてしまったときの対処法(今まで一度もないそうですが万が一のため!)を詳しくレクチャーしてくれます。今回は参加したのはキッズOKのファミリーラフティング(大人¥6,000、3〜12歳¥5,000)。スリリングな川下りというより、自然観察が目的のプログラムです。そこまで激しい急流は通らず、ゆっくり下っていきました。それでも川のちょっとした窪みを通ると子どもは大喜び!ガイドのお兄さんの指示に従い、前や後ろに漕ぐのも時々手伝いました。

虫や鳥が飛んでいるのを見つけたり、木の枝のトンネルをくぐったり……。「クマが出るかもね⁉︎」と言いながら、川から見るはじめての景色を楽しんでいたようです♪

途中の浅瀬では、ボートから降りて川魚探しタイム

このプログラムは、コースの半分ほど下ったところでボートから降り、魚を探す時間が設けられていました。ここではキレイな川にしか生息していないというフクドジョウ、ニジマスやイトウの子どもなどがよく見つかるそう!

そっと石をひっくり返して、魚をざるに誘い込むやり方。ガイドさんにも手伝ってもらいながら、一生懸命探します。水は本当に透き通っていて、川底までよく見えました♪何度も何度も繰り返すうちに、5歳の息子も捕獲成功!観察したら、また川に逃がしてあげました。

バシャバシャと川に入って魚を追いかける経験は、家の近所ではなかなかできません。「お魚さんが住める、キレイな川がずっとあるといいね」といった話もできて、ただ楽しいだけで終わらない貴重なラフティング体験になったと思います!

夜はエゾシカを探してファームエリアを探索!

星野リゾート トマム内のファームではサファリカートツアー(カート1台¥8,000)が行われているので、参加してみました。ゴルフ場などで使われているようなカートに乗り、ガイドの先導でファームを走っていきます。カート1台に5人まで乗車でき、赤ちゃんは抱っこひもがあれば参加OK!カートを運転するには普通自動車免許が必要なのですが、免許を持っていないならガイドのカートに同乗することもできるそう。

懐中電灯などを持って、いざ出発です。夏とはいえ夜は涼しく露で地面が濡れていることもあるので、ナイロンパーカなどの防寒対策はしっかりと!

野生動物なので、見られる動物はその日によってさまざま。この辺りにはエゾシカ、ユキウサギ、キタキツネが住んでいるそうです。参加した日はエゾシカを何頭か見ることができました♪

木にはクマの爪痕も発見。数年前に下りてきたそうで、生々しい痕が残っていました。1周して戻ってくると、ガイドさんがエゾシカのツノを見せてくれました!思っていたよりも大きく、そして重いことにびっくり。本物を体験する、ということも旅ならではの醍醐味です。

波のあるインドアプールは赤ちゃんにもやさしい♪

5歳のお兄ちゃんメインのアクティビティが続いたので、1歳の娘も楽しめるプール遊びも予定にイン。敷地内にあるミナミナビーチは日本最大級のインドアウェイブプールで、0歳から利用OK!全天候型の施設は、肌寒かったり雨が降ったりで外遊びできないときにも親としては重宝します。

ボールいっぱいのこどもプールは水深30cmなのでベビーも安心。メインのウェイブプールも、浅瀬部分はおすわりやはいはいで楽しそうに水遊びしていました!ミナミナビーチではアームヘルパーやライフジャケットの利用が推奨されていて、無料貸し出ししてくれます。ちなみにレンタル浮き輪は¥1,500で交換しほうだいなので、飽きっぽいキッズにはぴったり。ちなみに水着は館内でレンタルや販売もしているため、忘れてきても大丈夫です。

サイバーホイールというアクティビティにも参加してみました!大きなタイヤみたいな浮き輪の中に入り、水の上でくるくる回して遊ぶもの。5歳息子はキャアキャア大はしゃぎしながら回っていました!年齢制限は特にないそうで、おすわりができれば利用OK。その場合はゆらゆらと揺らすだけなど年齢や成長に合わせてスタッフさんが対応してくれるそうです。1歳の娘は少し怖がっていましたが、最後には笑顔に♪

出発まではホテルのファミリーラウンジでひと遊び♪

楽しかった旅もいよいよ終わり間近。バスでホテルを出発するまでは、リゾナーレトマムのロビー階にあるファミリーラウンジでゆっくり過ごしました。

靴を脱いで遊ぶキッズスペースになっていて、はいはいベビーにも安心。外の景色もよく見えます。太陽の光が差し込む日中はとても気持ちがいい♪絵本もあって、読み聞かせもできます。キッズスペースは別棟のトマム ザ・タワーにもあるそうです。

子どもには新しい体験を、ママには忙しさから解放されたのんびり時間を。子連れ旅行は移動や持ち物の大変さはありますが、得るものもとても大きい!と今回も実感❤︎

夏の北海道を楽しめるのはほんのわずかの期間です。夏休みの家族旅行、まだ何も決まっていない……というファミリーは北海道を候補に入れてみてください♪

<取材協力>
星野リゾート リゾナーレトマム
https://www.snowtomamu.jp/

佐藤望美

エディター・ライター・翻訳家・子ども食育健康管理コーディネーター。京都出身。子育て、旅、ファッション、食を中心に活動しています。時間ができると、鉄道好きの息子と国内外をあちこち旅行!
http://www.i-m.mx/nozomisato/nozomisato/home.html

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp