Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

6〜11カ月ベビーのママバッグは?【キラキラママたちのカバンの中身】

mamagirl本誌でも大人気のママバッグの中身公開企画がWEB版でも登場!月齢・年齢別に毎週1回火曜日に更新していきます。
今回は6〜11カ月のママのカバンの中身。この月齢になるとベビー用のおやつなども必要になってきますね。
そんなママたちのバッグの中身、実際どうなっているか解剖していきましょう!

【6カ月男のコのママ】長谷川真美さん(30歳)

モデル・タレントとしても活動中!6カ月の男のコのママ長谷川真美さん(30歳)。日々のコーディネートや息子ちゃんとのツーショットはインスタでチェック♡
【Instagram】@maami.hase

■キチンと感もぬかりなし。走り回れるパンツコーデ!

「トップスとボトムは『ヴェルウーア』、靴は『プラダ』、帽子はノーブランド。秋らしいグレンチェックのワイドパンツコーデに赤色のバッグをさし色にしました。ママになってからはカジュアルな服装が増えたぶん、帽子などの小物や色使いでオシャレを楽しんでいます」

■差し色にもなる『ピコン』のトート

・ブランドは? q bag paris picon(ピコン)
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 1個
・2way? YES
・畳める? NO

「¥16,000くらいで購入。とにかく大容量!ウエットスーツ素材だから簡単に洗えるところも気に入っています」

【バッグの中身一式】モノトーン×ストライプで見た目にも統一感♡

「左上から、小分け袋として100均で買った茶色と黒のクラフトバッグ。白い巾着ポーチはオムツ入れ。ピクニックシート。ストライプの巾着袋とジッパー袋には肌着やスタイを入れています。タオルハンカチは最低でも2枚は必要。サングラスは日差しがまぶしいとき用に。『べべポケット」の抱っこひもは食事のときなどに使います。手帳型ケースに入れたiPhoneと『キャノン』のミラーレスカメラ。ボーダーの母子手帳ケースはノベルティ。折りたたみの手さげバッグも持ち歩いています」

■中でも特に必需品はこれ

・オムツ入れ

「オムツはテープ派。パンパースのMサイズを使っていて、持ち歩く枚数は4〜5枚。紙オムツ用の処理袋とおしりふきもセットで『ゲラン』のノベルティポーチにIN」

・自分用の小物は茶色のクラフトバッグに

「よく使う物は100均のクラフトバッグにまとめています。茶色のバッグには充電器やコスメポーチなど自分用の小物を。紙とはいえ丈夫な素材なのでかさばる物も気にせずしまえます」

・ベビー用の小物は黒のクラフトバッグに

「オーガニックの虫除けスプレーと日焼け止め、除菌シートなどはちょっと小さめの黒いクラフトバッグにまとめています」

・ピクニックシート

「オムツがえのときや外で座らせるときなど、ピクニックシートがあると便利。これは100均で買いました」


ポケットの少ないトートバッグも小分け収納ならごちゃつかない。色の系統をそろえているせいか物が多くてもスッキリして見えますね!

【6カ月の男のコのママ】漢那 瀬里菜さん(32歳)

「物を増やしたくないのでトレンド物の服はファッションレンタルを活用している」という、6カ月の男のママ漢那瀬里菜さん(32歳)。持ち歩く荷物も断捨離派だそう!

■今しか着られない服はメチャカリを利用!

「妊娠中、大きいサイズの服を買いたくなくてファッションレンタルを利用し始めました。今日もトップス×スカートのセットアップは『メチャカリ』。月額¥5,800(税抜)で借り放題なので季節物やトレンドアイテムは買わずに借りて服を増やさないようにしています。サンダルは『GU』で¥600くらいです」

■バッグはコーデを選ばないシンプルデザイン

メインのママバッグ詳細
・ブランドは? ロンシャン
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 1個
・2way? NO
・畳める? YES

「服に合わせやすいように落ち着いたカラーとシンプルなデザインのバッグを選びました。バッグに仕切りがないので用途ごとにわけて収納。ナイロン素材なので軽いところと濡れても平気なところが使いやすいです」

■サブバッグは収まりのいいスクエアポシェット

「サブバッグとして『ケイト・スペード』のショルダーバッグを愛用。お財布、キーケース、スマホ、持ち歩き用のコスメやポケットティッシュなど、自分用の物はすべてこのバッグに入れています」

【バッグの中身一式】荷物は極力少なく&巾着ポーチで仕分け!

「左上から、マグカップ入れのポーチ、母子手帳ケース、オムツ、タオルハンカチ。日焼け止めは赤ちゃんにも使える『ラ ロッシュ ポゼ』を愛用。授乳ケースを入れているポーチ、アカチャンホンポのおしりふき、その他子ども用の雑貨はまとめてチェックのポーチに。バッグに仕切りがないので、持ち物は用途ごとにキッチリわけて収納。そのほうがしまいやすいので。かさばるのも好きではないのでかっちりしたポーチより布の巾着ポーチを愛用しています♡」

■中でも特に必需品はこれ

・オムツ入れ

「オムツはテープときどきパンツ派。無添加オーガニックコットンの『ナチュラルムーニー』Sサイズを愛用。元々オムツポーチを使っていましたがかさばるのが嫌で今はジッパーバッグを利用。オムツを替えるときに敷く大きめガーゼも入れています」

・おくるみ

「『エイデンアンドアネイ』のおくるみは、温度調節用だけでなく、座らせるときなどちょっとしたときの敷き物としても使っています」

・ストローマグ

「白湯を入れている『リッチェル』のストローマグ。飲み方練習中です♡」

”必要な物だけをでコンパクトに持ち歩く”を徹底している漢那さんのバッグ。テーマのはっきりしているママバッグもステキですね☆

【10カ月の男のコのママ】奥山絵里奈さん(33歳)

読者モデル、サロンモデルとしても活動中。10カ月の男のコのママ奥山絵里奈さん(33歳)。現在は育休中ですがライターとしてもお仕事をしているそうですよ。
【Instagram】@erinaokuyama

■「汚れてもいい」デニムパンツの安心感が好き

「トップスは『ミューズ リファインド クローズ』。子どもと一緒のときはオフショルや前開きなど授乳がしやすいトップスを選びます。ブーツとデニムのバギーパンツは『GU』。鍵、小銭、スマホなどは出しやすいようにポケットに入れておきたいので、ゆるっとしたデニムパンツの出番が多め。プチプラなデニムの汚れてもいい安心感が好きです」

■どんどん詰め込めるトートバッグが大活躍♡

ママバッグ詳細
・ブランドは? ロンハーマン
・仕切りはある? NO
・ポケットの数は? 2個
・2way? NO
・畳める? NO

「レジャーや長時間の外出では両手を開けておきたいのでリュックを使いますが、ちょっとしたお出かけのときはトートバッグ。間口が広くて大容量なので出先で買い物をしてもこのバッグひとつでどうにかなっています」

【バッグの中身一式】おむつさえサッと出せればあとは気にしない

「左上からオムツポーチ、着替えとスタイ、マグとミルク用のお湯や水。ライオンキングのポーチはおもちゃ入れ。携帯用のフォーク&スプーンとおやつ、授乳ケープ、デジカメ、皮膚科処方のカサカサ肌用軟膏、ガーゼハンカチ。”しまいやすさ”重視なので物はそのままバッグにIN(笑)」

■中でも特に必需品はこれ

・オムツ入れ

「オムツは『Genki!』のMサイズパンツ。持ち歩く枚数は3〜4枚くらいです。使用済みのオムツを入れる袋は不透明なビニール袋を愛用。ちなみにオムツポーチはメルカリで買いました」

・ミルクセット

「1回分の粉ミルク&哺乳ビン、お湯、水、この4点をセットで持ち歩いています。ペットボトルは元々は市販の水が入っていたもの。ちょうどいいミニサイズだったのでその後も愛用しています」

・授乳ケープ

「頂き物の授乳ケープ。首まわりにワイヤーが入っているタイプなので、様子を見ながら授乳ができて使いやすいです」

・おやつセット

「自分が外で食事をするときの場つなぎ用と、ぐずったときの気分転換用におやつが欠かせません。ジッパーバッグの中に小袋のお菓子や子ども用のスナックパンを入れています。スティックの粉ミルクは万が一用」

小分け収納などは特にせず、必需品をラフにIN。そんな大らかなママバッグもいいですよね!

■6〜11カ月のママバッグは物の”しまいやすさ”も大切

小分け袋に特徴のあるバッグから、荷物にテーマ性のあるバッグ、収納方法にはこだわらないバッグなど、ママの個性が際立った今回のママバッグたち。出しやすさだけでなく”しまいやすさ”を追求している点が共通点でしたよ。

ささきみどり

フリーの編集・ライター。二級建築士。女性誌、ライフスタイル誌を中心に読み物系の記事を書いています。趣味はいつか住みたい家の図面を引くこととぬい撮り。

【Instagram】midori6497
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp