Beauty

プロに聞く!運動会のラフな格好に合うママ向けヘア&メイクの極意

子どもの運動会がやってきます。コーデとともに悩むのはヘア&メイク問題。日焼けや化粧崩れを恐れるあまり、ファンデの厚塗りやバッチリアイメイクをしがちですが、格好がカジュアルなだけに不釣り合い。どうすればバランス良く仕上がるのでしょうか。ヘア&メイクアップアーティストの室橋佑紀さんに解説してもらいました。

【25~29歳のママ】赤リップとチークで血色感を演出!

20代の若いママなら、赤リップ&チークをポイントに使って素直に可愛いアレンジもお似合い。
その場合、唇にも頬にも使えるマルチタイプで色をそろえた方がなじみやすく自然な印象に。

メイクで華やかさを出したぶん、ヘアはさっぱりめが◎。おだんごの毛先は散らしてゆるさと抜け感を出して。


【30~34歳のママ】寒色系のカラーマスカラのトレンドメイクを!

最旬のカラーマスカラをワンポイントきかせて、流行りに敏感な真ん中世代のママらしく!
色は日差しにさわやかに映えるブルーやグリーンの寒色系がおすすめです。

ヘアは最初にきっちり編み込んでから、ところどころ毛束を出してゆるっとルーズな雰囲気に。
この方が時間がたっても崩れが目立たずこなれ感も出せます。


【35歳~のママ】肌作りがやっぱりマスト!透明感のある美肌に仕上げて

年長ママは素肌自体をきれいに見せる肌作りが大切。
メイク前のしっかり保湿×崩れにくい下地で、テカりにくい透明感のある肌に。
眉が細い人は老けてみえがちなので、眉下を足して太めに仕上げるのがコツ。

ヘアは毛先をねじるようにワックスをなじませて、ラフに仕上げて!

※mamagirl 2018年秋号


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!